雨の長距離ツーリング 700キロ走行(後編)

R1200GS‐アドベンチャーで走る雨天走行後編です。

茂庭関林道宮城~福島をまたぐ林道です。距離は11キロ程。

最初はわりと硬く締まったダートです
茂庭関ダート
雨でもマッドなところを避けて走れば、危なげ無く通行できます。

宮城をぬけて、福島側に来るとマッドなところが多くなります。

タイヤをとられてドキドキするのも何回かありました
ドライブシャフトどろどろ
ドライブシャフトとエンジン下のマッドガードに泥が詰まってドロドロ。

ここでふと気づくと、なんとグローブに雨水浸入。
オフ走行での立ち乗りのため、カッパを伝わって腕のところから浸入したみたいです。

さらに視界確保の為にヘルメットのシールド上げて走行。
この為、内部の曇り止め効果が薄れてきました。

無事ダートを超えた時には左手若干、右手はグチョグチョ。
シールド内は曇りで見にくい。

ここからは不快さとの戦いです。

ダートを抜けた後は国道399を利用して一路福島いわき市に向かいます。
まだ結構距離はあるんですよね。

幸いグリップヒーターのおかげで寒さは大丈夫ですが、とても快適走行とはいえません。

さらに首のネックウオーマーを伝わってきた雨で、首筋が少ししっとり。
やはり雨のロングランにジェットヘルは不向きでした。

お勧めルートである国道399もこうなっては単なる消化する道路。
ここからは観光気分は捨て、無事帰ることに専念します。

ツーリングマップルで4ページ程南に下ってやっといわき市に到着。
いわき中央から常磐道にはいります。

ここまでの走行距離は約480キロ程。

気温は10度を少しきってます。
電熱パンツとグリップヒーターのおかげで寒さは大丈夫なのが救いです。

常磐道、中郷で休憩、ココアを飲んでホット一息。
車は結構混んでいるのにバイクはパーキングに一台だけ。

この土砂降りじゃ当たり前といえば当たり前

常磐道をひたすら南下、谷原インターで降りて家路に付きました。

ただ谷原インターを下りるときに、割引料金1200円で表示された気がします。
ここだと一律千円は適応外か??

雨天ラン 走行距離
帰宅は午後5時46分、走行距離693キロ

まだまだ雨装備は考えないといけませんね。

あと、土砂降りのダート走行以後は控えます(笑)

                   ⇒(記事「雨ツーリングの装備 改良点」はこちら



―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する