ワカサギテント 耐水圧とシーム処理

先日購入したワカサギテント
ワカサギテントスペック
キャプテンスタッグの「ワンタッチテント210」

安かった割りに、製品自体は気に入りました。
            (⇒ワカサギテントのインプレはこちら

ただ耐水圧が800mmしかないんです。

ちなみに耐水圧とは、

生地にしみこもうとする、雨水の力を抑える性能数値。
単位はmmでJIS規格に基づく試験によって算出される
 


だそうです。

そしてその目安が、

1,500mm ⇒ 強い雨に耐えられる
1,000mm ⇒ 並の雨に耐えられる
500mm   ⇒ 小雨に耐えられる

という事は、このワカサギテント
普通の雨には耐えられないという事になります(笑)



新品なので布地の撥水性は今のところ大丈夫そうです。

しかしテントの縫い目にシーム処理が全くされていないので、
その処理をしておきます。


シーム処理の仕方は2つ。

1.シームテープをテントの裏側縫い目の上に貼る
2.シーム剤をテントの縫い目の上に塗布する

シームテープは、アイロンを使って止めていきます
シームテープ
縫い目の上の光っている部分が、シームテープ処理をされた部分。

この作業、アイロンを当てながらするので結構面倒です。


なので今回は外側からシーム剤を塗布していきます

使うのはこれ↓
シームグリップ
シームグリップ

これを、テントの縫い目に塗っていきます。

本当は縫い目全部に塗るのがいいのでしょうが、とりあえずはここに。
ワカサギ シーム前
横方向の縫い目

ここが雨が溜まり易く、雨漏りがしやすそうなのでここから始めます。

塗布後。
ワカサギ シーム処理後1
初めは粘々していますが、乾くとゴムのように柔軟になります。

これを雨漏りしそうな所に全部塗布しました。

あ、換気のいいい所でやってくださいね~
シンナーが入ってますから。

そして24時間くらい放置して完成。

よし!

こんど雨の日に雨漏りテストしてみます。

どうかな~?



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

コメント

結果は如何に!?

シーリングの効果が出ると良いですね。
けど、これからの時期は雨降ると寒くてテントよりも気持ちの方が折れちゃいそうです。(-_-;
それより、雨だと思って出かけても雪だったりして?^^;

高くて良い物を買うのは楽だし気分も良いけど、安い物に手を入れて使うのは楽しいし愛着がわきますよね。(^_^)v

2010/12/09 (Thu) 07:11 | 蒼海 #- | URL | 編集
Re: 結果は如何に!?

蒼海さんへ

> 高くて良い物を買うのは楽だし気分も良いけど、安い物に手を入れて使うのは楽しいし愛着がわきますよね。(^_^)v

キャンプに行く前から、色々楽しんでます♪
そういう意味では、「当り」かもしれません(笑)

ブログネタも提供してくれますしね。

このテント、新しいうちに撥水材も塗ってしまおうと思ってます。
また楽しめますね~。

2010/12/10 (Fri) 04:54 | ていじん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する