GS-Aのフォグ HIDの3000kで改造 カットライン入り

先日壊したR1200GS-AのLEDフォグ。 
          (⇒LEDフォグが壊れた記事はこちら

とりあえず今あるやつでまにあわせようと、
過去のフォグ
全部出してみました。        (⇒このフォグ達の詳しい記事はこちら

どれにしようかな~♪ 

色なら黄色、3000ケルビンいいですね~。
被視認性が良くて、霧や峠道でも安心です。

そして光源はHID
やはりキセノンの明るさは魅力。

しかもカットラインも付けて対向車にも配慮。
黄色って、かなり眩しい色ですから。


しかし、そんなものはこの中にはありません・・・

という事で、今あるものを改造して使う事にしました。



本体は①のハロゲン用を使用します。

これフォグ、カットラインの線が綺麗に出るんです。


これにカットラインが入っていない、②の3000kのHIDを組みます。

まずは①のハロゲン用のバルブを外します。
ハロゲン①9ハロゲン②
バルブの形はH3。

次に②を分解して、中のバーナーを外します。
キセノンフォグ 分解
中央にあるのがバーナー。

これを①のフォグに入れてみると・・・
バーナー挿入
やっぱり少しはみ出ます・・・

しようがないので、他のフォグについているカバーをつけて
フォグ改造 
とりあえずこんな感じで仕上げておきます。

上がハロゲン、下はキセノンを組んだ物です。

あとはこれを車体に付けて完成。
フォグ 黄色1
なんかシンプルでいいですね~。



点灯実験です。
フォグ 黄色 点灯  
カットラインが入っているので、上方に光がもれないので眩しくないです。

シャッターに向って投影
フォグ 壁に投影 
綺麗にラインがでます♪

ただ気になることが一つ。

フォグ本体がかなり熱くなります・・・

触ったらヤケドしそうなので、カバーでも付けておいたほうがいいのかな~?

とりあえず、このフォグでしばらく様子見ます。





↓押して貰えると、もう少し頑張れ気がします
にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

blogram投票ボタン

関連記事
Theme: 修理 | Genre: 車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する