GSアドベンチャーに自転車積載その1 キャリアー仮付け編

昔の物を整理していたらこんな物が出ていました。
ジムニー用 自転車キャリアー3
以前ジムニーに付けていた自転車キャリアー

スペアタイヤにつけるタイプの物です。
自転車キャリアー 取り付け例
取り付けるとこんな感じ。(ネットで画像拾いました)



ココで、ふとある思いが頭をよぎりました。

「これってR1200GS‐Aに付くんじゃないの??


海外ではバイク用の自転車キャリアーが出ています。
バイク用キャリアー ドカティ
これもその中の一つ。            (⇒この記事はこちら

しかし日本の道交法では確実にダメでしょうね(笑)


日本の道交法では

第三章 車両及び路面電車の交通方法

(自動車の乗車又は積載の制限)

第二十二条 (抜粋)

ニ 積載物の重量は、乗車装置又は積載装置を備えるものにあっては六十キログラムを超えないこと。

三 積載物の長さ、幅又は高さは、それぞれ次に掲げる長さ、幅又は高さを超えないこと。
 イ 長さ 乗車装置又は積載装置の長さに0.三メートルを加えたもの
 ロ  幅  乗車装置又は積載装置の幅に0.三メートルを加えたもの
 ハ 高さ 二メートルからその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの

とあります。


要するに

 ●重量は荷物を含めて60キロ以下
 ●長さはバイク本体から前後合わせて30cm以下
 ●幅はバイク本体から左右合わせて30cm以下
 ●積載物の高さは道路から2m以下

という事です。


ここで先日頂いた、funaさんのコメントを思い出しました。

「自分も自動車のトランクに横向きに積むキャリアをバイクに付けられないかと
思ったことは有ります。 結局実行はしませんでしたが、
K100RSで同様のことをやっている人が居るそうです。
パニア付けた状態なら+左右0.15m以下という道交法もクリアできるかも?」



K100RSでできるなら、アドベンチャーでも出来そうです。

ちなみに、パニアつけるとアドベンチャーの幅は1mになります。
            (車検証の記載ではハンドル幅で99cm)

左右15cmOKならば、1m30cmまでは大丈夫という事ですね。

後方も30cmならばOK。


とりあえず仮付けしてみました。
自転車キャリアーかりづけ1
こんな感じ。

アドベンチャーのトップケース外して、ケースホルダーに仮付けです。
自転車キャリアー 仮付け2  自転車キャリアー 仮付け3
仮付けなので、ビニール紐で固定。

パニア用のステーを利用すると、紐だけでもかなりしっかり固定できます。


ただこのキャリアー、後方への突き出しが道交法に触れそうです。

自転車2台用なので、余れば30cm以内で切ってしまいます。

あとで自転車を乗せて実際に測定してみます。

        (⇒記事「GSアドベンチャー自転車積載計画② 道交法は?編」はこちら




↓押していただけると、自転車積載計画がさらに進むかもしれません(笑)
にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する