カーボローディングとは?

来週の日曜日はヨロンマラソン

今週はそのマラソンにむけてカーボローディングをします。


カーボローディングとは?

私もはじめてやるのでよく知りません(笑)

そこで調べてみました。


以下抜粋です(⇒こちらから抜粋させていただきました


マラソンを走る際の主なエネルギー源はグリコーゲンです。
カーボローディングとは、グリコーゲンの素となる炭水化物を、レース前、体内になるべく多く蓄積
させるための食事法です。

以前はレースの1週間くらい前から食事の献立から炭水化物の量(割合)を減らし、3日くらい前から
逆に炭水化物の量を増やしてグリコーゲンの体内蓄積を助長する方法が主流でした。

しかし、最近はカーボローディングに1週間もかけることは少なくなり、1週間前はトレーニング量を
減らすだけで通常の食事をとり、3日くらい前から食事の内容を炭水化物中心にするという方法を
とることが多くなっています。
その理由は、トレーニング量を減らすだけでも体内にグリコーゲンは蓄積されるからです。

 初心者向きのカーボローディングの方法ですが、一流ランナーはマラソンを2時間余りで走りますが、
初心者はゴールするまでに長時間を要します。
また、エネルギーを効率よく使える体質になっている一流ランナーに比べ、初心者は効率がよくない
ばかりか、長時間に渡って運動し続けるため、エネルギーを多く必要とします。

したがって、グリコーゲンの素となる炭水化物のほか、1g当たりのエネルギー量が多い脂肪も重要な
エネルギー源となります。
レース数日前から炭水化物を多く含む、ごはん、めん類、パンなどに加えて、脂肪も多少は摂って、
エネルギー源として利用します。

  
というのがカーボローディングだそうです。

簡単にいえばレース数日前から、体に炭水化物を溜め込んで置けという事ですね。

了解です。
来週は、食事の質と量に気をつけて摂取します。

はじめてのカーボローディング。

さて、その効果はいかに?





↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 
 
 
関連記事
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する