猛暑日、筑波山にてヒルクライム 【不動峠は30℃、平地では41℃に!】

海の日3連休の初日は筑波山へ

201807 筑波山回峰行 パンク タイヤ 2

しかし自転車のタイヤがパンクしているため交換

その交換したチューブもパンク品、なので諦めて帰宅・・・

              (⇒このパンク記事はこちら


そのリベンジではないですが最後の日に再び筑波山へ

でもこの日は猛暑日、35℃を超える予報あり

201807 回峰行61~68 朝 気温  

朝の7:00で既に外気温は30℃

ちょっと今までにない位の暑い日になりそうです


筑波山に到着して自転車を用意する

今回は鉄下駄じゃなくて、久々にキシリウム125を装着

201807 回峰行61~68 ホイール キシリウム125 

乗鞍まであと1ヶ月半、そろそろ軽量ホイールに慣れておかないと


さらに猛暑という事でボトルも2本体制

一本は補給用のクエン酸入りドリンク、もう一本は水のみ

水だけの方は熱中症予防に体にかけながら走ります


午前7:30に回峰行スタート

今日も不動峠~裏不動を延々と繰り返します


まずは不動峠まで一本↓

201807 回峰行61~68 不動峠にて

この暑い中でヒルクライムはどうかな?と思っていた

でも不動峠では朝8:00で25℃くらい、


この峠は道の上が大きな木で覆われている

特に裏不動は鬱蒼とした樹木の中を走る

201807 回峰行61~68 不動峠 樹木 

なので太陽の下のサイクリングロードを走るよりよっぽど涼しい

特に下りではクールダウン出来て中々に快適です


とりあえず3往復、6本で1500mほど登って休憩

駐車場に戻ってドリンク類を補給しつつ休みます


この日は猛暑のせいか人も車もすくない↓

201807 回峰行61~68 駐車場 閑散 

休みの日にはいつも一杯になる駐車場がガラガラ

やはりこんな暑いに日にヒルクライムやる人は少ないのかも(笑)


そして休憩中、車の中で休んでいるのも暑い!

ただエンジンをかけてエアコンを付けっぱなしにするのも気がひける

なので今日はこれを持参↓

201807 回峰行61~68 休憩中 扇風機 

最近購入したマキタの充電式扇風機

これ大きさの割に風量がかなりある扇風機

現場やキャンプで大活躍なんですが、こんな時にも使えるとは(笑)


さて休憩後して再びスタート、時間は午前10:30

ふとガーミンの温度計を見ると↓

201807 回峰行61~68 休憩中 気温 

41℃と表示されている・・・

休憩中は日ざしの中に放置しておいた自転車

やはり今日の太陽は本当にヤバいらしい


再び回峰行をスタート、しかし昼近くなので流石に暑くなってきた

不動峠の上でも30℃近く、もうヒルクライムする温度じゃない

なので2往復予定を1本で切り上げて終了


この日の概要です↓

201807 回峰行61~68 概要1 201807 回峰行61~68 概要2 

距離57キロで獲得標高は1900mほど

猛暑とはいえ、木陰の多い不動峠ならこの位はいける

ちなみにこれで回峰行は68回、まだ50回も残ってる(笑)


しかし本当に暑い日でした

帰る時に温度計を見ると社外では37℃

201807 回峰行61~68 昼 気温  

日陰でこの温度ですから太陽の下はいかほどなのか?


しかしその時間に来て自転車を用意している

さらにそのまま不動峠に向かっていく猛者がいた↓

201807 回峰行61~68 昼 スタート 

この気温の中でヒルクライムチャレンジ!

熱中症にはくれぐれもお気をつけください


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する