もてぎ100キロサイクルマラソンの走り方 【来年のために】

先週参加した「もてぎ100キロサイクルマラソン」

201801 もてぎ100キロサイクルマラソン ついんりんくもてぎ スタート前 

気温も予想以上に高く楽しめた大会でした

なのでレース終了したあとも4時間目いっぱい走ってきました♪

    (⇒もてぎサイクルマラソンの記事はこちら



ところでコースはこんな感じ↓

 201801 ツインリンクもてぎ コース図 説明付き22 

そして自分なりにレースの前に対策を検討してみました

他の方の参考にはならないと思いますが、備忘録がてら残しておきます

①スタート(メインストレート)
 逆時計周りにスタート、沢山の自転車がいるので焦らずゆっくり
 ビンディングペダルを着けそこない落車する方もいるので注意

②ビクトリーコーナー
 かなり勾配のある下りで50キロ近く出るコーナー
 しかし無理せず、次の登りに備えつつ下るのがよいかも
 アンダーブリッジ通過時は一瞬視界が暗くなるので注意

③90℃コーナー
 ここから急坂、距離は700mほどで勾配は5~6%ほど
 無理せずギアを下げて足に負担が無いように登る
 最初は楽だけど、ここを21回上るので頑張りすぎない

④ダウンヒルストレート
 ここは登りだけど割と平坦、 補給するならここか

⑤ヘアピンコーナー
 ここからかなりの距離の下りが始まります
 この地点でトレインに入れると後半スピードに乗って走れる

⑥S字コーナー
 ここはかなりのスピードが出る高速コ―ナー
 ただカーブも多いので前方の動きに集中、接触や落車に要注意

⑦第5コーナー
 下りの勢いを活かして走行
 この先が微妙に登り、なのでトレインから離れないようにする

⑧第3.4コーナー
 ここから微妙に登り、しかも冬は向かい風が吹いていることが多い
 なのでトレインに乗りつつスピードを乗せて通過したい
 そしてスタート地点に戻る

これを21回やります(笑)



基本はトレイン走行↓

201705 俱楽部センチュリーライド 江戸川 トレイン   

これで体力を残しつつ100キロ頑張る


あとは③の登りで頑張りすぎない

ここ最初はそれほどでも、しかし後半は激坂になります(笑)


前半は力を残しつつ、自分に合った列車に乗る

そして後半余裕があれば速い列車に乗り換えて頑張ってみる

今回はこんな方向で頑張ってみました


その結果がこれ↓

201801 もてぎ100キロサイクルマラソン ラップ 

ツインリンクもてぎを21週101キロ、タイムは2時間50分

4年前の2014年に参加した時は2時間56分、タイムは6分以上短縮

しかしその時はクロモリロード、今回はカーボンビアンキ

自転車が良くなった分タイムは伸びているのかも?(笑)


最後に「しげさん」に撮ってもらった動画のご紹介↓

201801 もてぎ100キロサイクルマラソン 動画用  

試走ですが、初めて自分の走りを後ろから動画でみました

ちょっとサドルが高すぎるのか腰が振られて変なフォーム・・・

これ参考にして、もう少しサドルを下げるか検討中です


色々な意味で楽しめた今回の「もてぎ100キロサイクルマラソン」

来年も時間があえば参加したいレースです♪

   (⇒しげさんのもてぎ100キロレポート記事はこちら


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する