自転車のホイール 漕ぎ出しの軽さ

前回はフレームについて調べてみました   (⇒前回のフレームの記事はこちら

今回はホイールについて



自転車、フレームでも値段は大きく変わるのは常識


しかし、ホイールでも値段は大きく変わります

ホイール ボントレガー

このホイール、大体3つのパーツで出来ています

  ●ハブ(真ん中の軸になる部分)

  ●スポーク(細い棒みたいなもの、これが無いタイプもあります)

  ●リム(外側の丸い部分)

これにタイヤが付きます


後輪では他にカセットスプロケット、いわゆるギヤがつきます

ホイール カセットスプロケット
普通は何も考えずに、自転車に付いているホイールをつかいます


しかし好きな方は、

この3つを組み合わせて自分に最適なホイールを作るそうです



その基本はやはり重さ、それにプラス耐久性

軽くて丈夫なものほどもちろんお値段は上がっていきます



私のビアンキクラスのバイクについているホイールは安くて重いもの

値段はせいぜい前後セットでで3万円すればいいところ


しかし、

私の知人に20数万円のホイールを購入
した方がいます・・・


「漕ぎ出しの軽さが全然ちがうよ~」と言っていました

そりゃそうでしょう、それだけの値段して同じなら怒ります(笑)


ちなみに私のレース用のMTB、かなり軽いホイールを使ってます

乗っている時は分からないのですが、タイムを計ってみると全然違います

                      (⇒レース用の自転車の記事はこちら


やはり軽いホイールは良いのですが、それに比例して値段も行くのは宿命


次はコンポーネントを調べてみたいと思います

コンポーネントとはブレーキとかギアとかそんなものの総称です


これもかなり奥の深いモノで、

自転車に興味の無い人は「何でそんな値段??」という話だと思います(笑)



―押してもらえると頑張れる気がします↓
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

タイトル

こんにちは そんな日ってありますよね 自分はそこからポンプの部品脱落ってオチの経験も^^; Co2ボンベも携帯することにしましたw 

2012/03/20 (Tue) 12:09 | おかもと #- | URL | 編集
Re: タイトル

おかもとさんへ

ご訪問並びにコメントありがとうございます

いや~、一日2回のパンクには参りました
でも1回目のパンクで、もしかしたらってのが頭をよぎったんです

なんか予感みたいなのはあったんですよね~


> 自分はそこからポンプの部品脱落ってオチの経験も^^; Co2ボンベも携帯することにしましたw

そんなこともあるんですね~(笑)

私は新しいインフレターの購入を検討してます!
 

2012/03/21 (Wed) 04:29 | ていじん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する