迷い猫アリ、保護すべきか? 前半 【保護するならば責任を持つべき】

先日の日曜日に「パズ」納車

201710 パズ納車ライド モデスト前 車と テープ

相模原の「モデスト」さんまで自転車で

その後茨城自宅へ、車をガレージに入れて一段落した時の事

      (⇒サンバー「パズ」納車の記事はこちら



なんか車庫の裏の方でミャーミャー―鳴く声がする

何だろうと思って覗いてみると子猫、それもかなり小さい

何処からか迷い込んで来たみたい


でも下手に抱いたりして懐かれても困る

とくによそ様の猫だとトラブルなんかもあるかもしれない

なので触らずに無視してガレージに戻ります

しかし振り返ると振り向くと私の後をトコトコ付いてくる


なんだこれ、カワイイ!


しかしここはグッと我慢、ガレージに入ってドアを閉める

そしてそのまま放置しておきました

しばらくガレージの前で鳴いてましたが、その後声が聞こえなくなる

多分自分の家に戻ったのかな~とか思い一安心

それが夕方4時過ぎくらいの事



そんな事をすっかり忘れたその夜の午後9時ころ

なんか昼間の子猫の鳴き声みたいなものが聞こえる、すぐに止む

気のせいかな?と思いつつもなんか気になります

なのでとりあえず自宅の周囲をぐるっと一巡り

けれども声もしないし、姿もみえないのでそのまま就寝する事に


しかし深夜2時過ぎ、何かの鳴く声で目が覚める

これ昼間の子ネコと同じ声?しかも近い?


もう寝ているどころじゃありません!



懐中電灯を片手に外へ、鳴き声のする方へ向かいます

するとやはりいました・・・




建物の陰から小さなモノがニャーニャー鳴きながら出てくる

その場所は昼間に見かけた場所から50mも離れていない

おそらく完全に迷って家に帰れずそこに隠れていたらしい

私が近づくと子猫もこちらによたよた走ってくる


こうなると見て見ぬ振りもできない、保護します

そして深夜の2時過ぎ、迷い猫と共にガレージで過ごします・・・



その保護した時の様子です↓

201710 迷い猫



まだ本当に小さくて両手の中に納まってしまうくらい

目は開いているモノの、あまりよく見えないらしい

動くものに反応してその後をテッテッテッと追っていく感じ


とりあえず何か食べさせた方がいいはず

なので温めたミルクと魚肉ソーセージを小さく刻んでだしてみる

しかし全く反応せず興味もなさそう


あれ、お腹が減ってるわけじゃないのか?

でも昨日の午後に見かけたネコ、すると半日以上は何もた食べていないはず

う~ん、どうすればいいんだろう?

次回に続きます  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する