ロード自転車の値段 車重とフレームに比例

ロード自転車。
5万円位から100万円以上する物まで値段はピンキリです。

なぜそんなに違うのか?
私も最近購入したので色々調べてみました。    (⇒最近購入したロードバイクの記事はこちら

ビアンキ ビンチトーレ
まず自転車は大きく3つのパーツに分けられそうです。


 ●フレーム(フロントフォーク含む、これがないと乗れません)
 ●ホイール(タイヤを含む、これが無いと走りません)
 ●コンポーネント(ディレイラーとかブレーキ類、この値段がすごい)

他にもサドルやハンドル等色々ありますがこの3つに分けてみます。



<自転車全体としてみると>

基本的には重量が軽いほど値段は上がります
噂では100gあたり1万円するとかしないとか。

最高級の牛肉みたいな値段です(笑)

車重がが1キロ軽いと10万円違う計算ですね。
確かにそんな値段設定のような気がします。



<フレーム>

これはまずその材質で値段が全然違います。
一番お高いのはカーボン。続いてアルミ、クロモリ(鉄)などがあります。


カーボン
すごく良いらしいです。

フレームの単体重量がなんと1キロ前後

その上強度もあるし、振動も吸収してくれます。
今のところ最強の素材でしょう。

その分お値段は高め。扱いもデリケート。
倒して傷など付けたら夜も眠れません。


アルミ
鉄に比べて軽いが、カーボンよりかなり重い。
振動吸収性は余り無いが、逆に言えば反応性が良い。

その弱点を補う為にフロントフォークだけカーボンにとかのモデル有り。

フレームの重量は1.5キロ前後。

お値段はカーボンに比べ格段に安いし、少々の傷でもアルミなら心配無し。
耐久性と反応性を求めるならこれかな。


クロモリ(鉄)
私の購入したバイクのフレーム

重いんですが、粘りがあり強いフレームです。
振動吸収性はアルミよりは良く、細身のパイプで作れるのでしなやかさがあります。

ルックスが細身になるので私は好きです

車体自体は重いですけど、乗り味は決して重くないです。

ツーリング向けにお勧めかな。

フレーム重量は1.7キロ~です。


フレームの素材だけでも色々ありますね。
さらにアルミ、クロモリは型番があって、その強度が変化するみたいです。

まだロード初心者なので多少の間違いはごめんなさい(笑)

次はホイルとコンポーネントを調べてみます。             
           (⇒記事「自転車のホイール 漕ぎ出しの軽さ」はこちら



―押してもらえると頑張れる気がします↓
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

カーボン高いですよねぇ・・・ほんとに。
MAOは結局のところ見た目だけで全てを判断して高い買い物になってしまいそうです。。

クロモリもなんかかっこいい感じがしますよね。永く愛用しているクロモリバイクなんかを見るとほんとそう思います。

しっかし・・・自転車は高いですねw

2009/11/28 (Sat) 22:21 | MAO #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

MAOさん、どうもです。

> MAOは結局のところ見た目だけで全てを判断して高い買い物になってしまいそうです。。

分かります。でも見た目が重要ですよ、自転車は。
気にいった自転車なら十年乗れますから、多少高くてもOKかな~とか自分的には考えてます。

> しっかし・・・自転車は高いですねw

でもずーっと大事に乗っていけるなら多少は高くてもいいのではないかと。
安くてすぐに不満が出るより、ずっと乗っていけそうな自転車を買ったほうが後々節約になったりもしますよ。

一度買えば自転車は案外コストがかかりませんから。
少し後押しになりますか(笑)


2009/11/29 (Sun) 19:29 | ていじん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する