「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

ガーミンサイコンのイメチェン 【シリコンカバーでかなり感じが変わる】

今年はサイクルコンピューターを新調

今まで使っていたのはガーミンのEdge500」↓
  
201503 REC-MOUNT 装着 ガーミン  


それを最新機種?のEdge520へ↓

201703 一人ブルべ300 ガーミン エッジ520   

正直エッジ500でも全然問題なかった

私のは英語版でしたが、直観的に使えて簡単でした

それに比べてエッジ520は機能が多すぎて使いにくい・・・


しかし最新版のエッジ520は通信制度が充実している  

スマホとの連動は当たり前

さらにDi2のギアを表示が出来るのがいい↓

201704 ガーミンエッジ520  ワイヤレスキット フレーム内へ シートポスト下 作動  

最初はこんなギア表示は必要ないと思っていた

ギアなんてディレイラーを目視すれば確認できますから


でもこれ、想像以上に走行中役に立ちます!

特に疲れている時、ヒルクライム時には便利

あと何枚残っているとか、サイコンで直ぐに確認できるのが良い


Di2を装着したならサイコンとの連携は必須↓

201702 Di2 Wiggle配送 電化用パーツ

しかしまだまだお値段が高いDi2・・・

それに私も使いこなせていないので偉そうな事は言えない



ところでサイコン購入時にシリコンカバーも購入

ぶつけたり、落としてしまって傷が付くのを防ぐため


私が買ったのはこれ↓

201707 ガーミン シリコンカバー Xバスター 1  

Amazonにて純正品よりお安いモノを購入

デザイン等は全く考慮せず、ただそのお値段で決めたモノ


買った後に気づいたのですが↓

201707 ガーミン シリコンカバー Xバスター 3  

このカバーは画面以外をぐるっと保護出来る

でも覆う面積が多すぎて、ガーミンが玩具っぽくなってしまう


それに温度計(気圧計?)を計る穴がふさがれてします↓

201707 ガーミン シリコンカバー Xバスター 2  

なので温度や高度が正確に計れない?



なので私はこの部分に穴をあけて使用

その結果、使っているうちにここから破れてしまった


なのでもう一個新しいモノを購入↓

201707 ガーミン シリコンカバー monoii 1  

今度はカバーする面積が少ないモノを選択

なんとなく画面が広くて見やすい

それにガーミンのロゴがみえるのでちょっと高級感がある?


さらに背面↓

201707 ガーミン シリコンカバー monoii 2  

ちゃんと気圧センサー部分に穴があいていた

これならなんとなく精神衛生上良い


そして実際に装着した感じがこれ↓

201707ガーミン シリコンカバー 新タイプ   

201707ガーミン シリコンカバー 旧タイプ 

一枚目が新しいモノ、そしてニ枚目が以前のもの

かなり印象が違ってきます

私的には上の画像、画面が広く見える方が良い感じでした


ただちょっと問題もある

新しい方は上部のカバーが少ないので外れやすいんです↓

201707ガーミン シリコンカバー 

自転車に付けている分には平気ですが、持ち歩くと外れやすい

なので傷を全く付けたくないなら古いタイプの方が良いかも



ガーミンのシリコンケースは微妙に形が違う

本当に微妙ですが、けっこう印象は変わります


それに今は色々なカラーが選択可能↓

201707 ガーミン シリコンカバー monoii 色  

ただ私は冒険できずに今回も黒でした

黄色や水色も楽しそうですが、それはまた次回かな~?


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【ガーミンのシリコンケース】
  
よーく見ると微妙に形状が違います
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jimunitto1968.blog115.fc2.com/tb.php/3335-c7c7beed