ジムニーを嫁に出す前に記録簿を作っておきます 【その1 外装】

10月に軽バンの「パズ」が納車↓

201711 日光 家族にて カラマツ拾い 光徳牧場 パズ 撮影2 

農道のポルシェといわれるサンバーがベース車両

5MTにスーパーチャージャ―付き、楽しく乗れる車です


そしてジムニーの嫁ぎ先も決まった↓



ただ長年付き添って身としてはそのまま渡すことは出来ない

一度全てチェックして車検を通る状態にしたい

せっかくなので過去の軌跡をたどりながら記録も残します

今回は外装、エクステリアをチェック



まずは大物の幌から

最初は純正のモノを使用してました↓

201603 ジムニー 幌 交換前  

生地はしっかりして20年使っても大丈夫

脱着も意外と簡単で慣れれば10分もあれば可能

ただこのクリアー面が弱かった・・・

冬の寒い時期に幌を上げ下げするとパリパリとヒビが入ってしまう


こちらはその純正の幌を外して使うモノ

2011 4 ジムニー サントップ1

ジープ風の見てくれになる「サントップ」、夏用に購入

涼しいかと思ったら、最近の猛暑ではひたすら暑くてダメ(笑)


ちなみにこの幌はロールバーで使用するのが前提↓
 
 20128 ジムニー ロールバー 4 

このロールバーも後付け、社外品のモノを自分で取り付けてます

ただ車検には非対応、さらに重いので最近は付けてなかった


そして今装着しているのは「ランページ」の幌



これアメリカよりの輸入品、クリア部分がスモークになっています


それに各パートが分離できるのが特徴

サイドとリヤを外してサファリジープ風にもなります↓



さらに雨が降って来てもすぐに装着可能

見てくれはとてもいい、でもアメリカらしく結構適当なつくり(笑)



次はホイール

これは15年ほど前に購入した「OZレーシング クロノ」



当時はかなりの軽量アルミホイールで白がポイント

これにジープサービスのタイヤを履いてました

これ全然スピードでなったけど、かっちょええ組み合わせでした


タイヤといえばロールバーに予備タイヤを設置出来るようにもした↓
 
 

これ足場パイプを組んでDIYで付けたモノ

色もちゃんと黒の艶消しで塗装しましたよ~♪



前後のバンパーも交換↓





前後とも社外品の丸パイプタイプで統一

それに伴いライト類も移植しましたがそれはまた後でご紹介


リアといえばこんなボックスも付けました

201606 ジムニー リヤボックス 反射プレート  

車中泊の時に小物をいれるのに重宝したもの

今回嫁に出すにあたり、これは撤去してます


車体の下、サスペンション(板バネ)とショックも交換



これにより4インチ(10cm)ほどリフトアップしてます

構造変更届もだしてあるので、このままで車検は通ります

真ん中にあるのタンクガード、確かアルミ製だったはず



外装的にはこの程度、ジムニーにしたら大人しめのカスタム

しかし考えてみれば初年度登録が昭和54年

201606 ジムニー 復活 壁画 WEB22 

製造されて40年近くになる車、私でも30年近く乗ってます

それを考えれば綺麗に乗っていると自画自賛しておきます


次は電装系というかライト類のカスタム

201607 ジムニー LEDライト エンジェルリング 点灯2

構造が簡単なジムニー、特にライト類は何度交換したことか

中でもこの「エンジェルリング」は秀逸でした・・・

    (⇒ライト類のカスタム備忘録はこちら


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する