「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

我が家にも電動化の波がやってきた! その4 【BBが抜けないフレームへ配線】

ビアンキのDi2化の記事、その4になります

前回はハンドル周りの配線まで終了↓

201702 Di2取付 ジャンクションA 装着 

ここまでは全く問題なく簡単に出来る作業でした

今回は配線の本番、フレーム内を通します!

         (⇒前回の記事はこちら



とろこでフレーム内に配線する場合の大前提

BB(ボトムブラケット)を抜いてここから配線を出す↓

201702 Di2取付 BBから配線 イメージ  
           (シマノのディーラーズマニュアルより抜粋)

そしてこのケーブルを「ジャンクションB」に接続して再び収納

ディーラーズマニュアルにもそのように記載されている


しかしこのビアンキはDi2に対応したフレームですが↓

201702 Di2取付 ビアンキ フレームのみ 

肝心のBBが圧着式で簡単には抜けない・・・

やるとしたら素人にはかなりハードルが高い作業になりそう


ではその配線、どこに出すか?

それはここ↓

201702 Di2取付 配線 ダウンチューブ 穴  

サドルの下にあるダウンチューブの穴からケーブルを出します

これはとても面倒な作業になりそう・・・

しかしやらねばならない!



まずはジャンクションAとジャンクションBを繋ぐケーブル 
       
この黄色のラインに配線を通します↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ 

これが一番距離が長い配線、なので一番困難な作業になるはず


普通にケーブルだけを通すのは無理

なので要らなくなったシフターワイヤーを用意する

それをDi2配線用の穴に入れます↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ ワイヤー挿入 

ビアンキの場合はフレームのサイドにあります


そのワイヤーの先端を一旦フレームの下へ誘導する

フレーム下にシフタワイヤー用の穴があるのでそこから出します↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ ワイヤー下へ 

ここまではフレームをまっすぐに通すだけ、なので簡単

しかしここからダウンチューブの上に出すためにはカーブさせねばならない


なのでワイヤの先端を再びフレームへ

ライトでワイヤー位置を確認しつつ、目指す穴へ誘導していく↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ ワイヤー出現  

ちょっと苦労しつつもワイヤーが無事出てきた!



しかしこれは前段階、ここからが本番

今度はこのワイヤーの先にDi2の配線コードを取り付ける↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ 配線コードとワイヤー  

それを逆側からゆっくり引っ張って配線をフレームの中へ入れていく

この作業がかなり面倒でした・・・


実はDi2のケーブル、こんな感じになっている↓

201702 Di2取付 配線コード ワイヤーホルダー  

ケーブルの周りにプラ製の「ワイヤーホルダー」が付いている

これ、フレーム内でケーブルを固定するためためのモノらしい

しかしこのために、ケーブルが中々入ってくれない・・・


強く引くとケーブルが断線するかもしれないので慎重に作業

そしてなんとか出口の穴からケーブルが見えた!


しかし問題が発生・・・


ケーブルとワイヤーの繋ぎ目が出口の穴を通らない

この「つなぎ目」、途中で外れないようにとテープでグルグル巻きに↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ 配線コードとワイヤー 拡大  

しかしそれが太すぎて穴から出てこない・・・


それでも何とか引き出そうと試みる

しかし強く引きすぎたせいか、テープが外れてワイヤーだけが出てしまった

ライトでフレーム内を見ても、ケーブルがどこにあるのか分からない



これではどうしようもない

なので一旦ケーブルをフレームから全部引き抜いてやり直しを決意


面倒と思いつつもケーブルを引き抜こうとする

しかし今度は先ほどの「ワイヤーホルダー」が邪魔して↓

201702 Di2取付 配線コード ワイヤーホルダー  

ケーブルを引っ張っても出てこない!

無理に引っ張って断線すると高いモノにつきそう


前にも後ろに進めなくなりました・・・


ここでネットの先人の言葉が頭に浮かぶ

「フロントフォークを外せば何とかなるんじゃないか?」

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ フロントフォーク  

確かそんな事を考えた方がいたはず・・・


なので私も急きょフロントフォークを外します!

そして恐る恐る中を見ると↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ フロントフォーク 穴2 

おおっ、ケーブルの先端が見える・・・

神さま、そしてネットの先人達よ、ありがとう!


このコードを引っ張って穴から出し、再びフロントフォークを装着

そしてこのコードをジャンクションAに繋ぐ↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ 配線完了 

たった一本のケーブルを通しただけ、なのにすっげー達成感(笑)

ちなみに1時間くらいこの作業やってました・・・

     (⇒このヒントを頂いたブログはこちら



でもこれがケーブルが配線の山場でした

あとは距離が短いので比較的楽な作業


フロントディレイラーはこんな感じで↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションBからフロントディレイラー    


リヤのディレイラーはこんな感じ↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションBからリヤディレイラー  

やり方はさっきと一緒でワイヤーを通してケーブルを引っ張る

ただしその繋ぎ目を極力小さくして穴から出しやすいように工夫


こちらがフロントディレイラーの配線ケーブル↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションBからフロントディレイラー ケーブル 


そしてこっちがリヤディレイラーの配線↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションBからリヤディレイラー ケーブル 

ワイヤーとケーブルの繋ぎ目を小さくしたおかげでかなり楽

先ほどの苦労が嘘のようにサクサクと作業が進みます♪



そしてその配線ケーブルは全部ここに集結↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションB ケーブル集結 

ダウンチューブの上から3本のケーブルが出現

2本は前後のディレイラー、そしてもう1本はジャンクションAから

何のケーブルか分かるように各々テープに名称貼り付け


この3本を「ジャンクションB」へ接続

201702 Di2 配線図 ジャンクションB ケーブル接続 

これで面倒な配線は無事終了

お疲れ様でした~~~!



ところでこのジャンクションBにポートは4つある

ではもう一つは何に繋ぐのか?


それはこれ、内臓式のリチウムイオンバッテリー↓

201702 Di2 配線図 リチウムバッテリー   

これに接続してサドル下のシートポスト内に収納します

それでDi2の配線は完了となります


しかし今回のやり方ではバッテリーを普通に収めるのが難しい

何故かというと、ジャンクションBは普通この位置に来る↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションB 収納位置 

しかし私のやり方ではバッテリーとジャンクションBが同じ位置

その結果、ダウンチューブ内で二つが干渉して綺麗に収まらない・・・


なのでちょっと工夫してみました!

それはまた次回で  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【今回Di2化に使ったパーツ】
  
配線位置を変えてもケーブルは既定のモノでいけました♪
関連記事

Comment

しげ says... ""
こんにちは
Di2化お疲れ様です。
ケーブルが通っちゃえばもう一息ですね。
シフトワイヤーの取り回しとか気にしないで良いのはメリットかも知れませんね。
しかし。。内装出来るフレーム。スッキリしててカッコいいですが、最初に通すのが骨ですね。

2017.02.21 16:52 | URL | #- [edit]
ShimaQ says... ""
こんにちは。
大変な作業ですね。無事、山場を乗り越え、おめでとうございます。

> そして恐る恐る中を見ると↓
> おおっ、ケーブルの先端が見える・・・
私も、フロントフォーク抜いた所にケーブル見えてる写真で、「おお〜」と声が出てしまいました。www

それにしても、世の中には、色んな隠し技持ってる人がいて、それをネットで知ることが出来るって、便利な世の中になりましたね。ヽ(^。^)丿
2017.02.22 12:19 | URL | #0tYsyQzw [edit]
NIS says... ""
ていじんさん
予想以上に大変ですね。。。
改めて作業工程をみると、よくシートチューブに通せましたねぇ...と感心してしまいます。

内臓って、見た目はスッキリですが、作業は複雑。僕も内臓ブレーキに頭を悩ませています。
2017.02.22 15:55 | URL | #- [edit]
ていじん says... "Re: タイトルなし"
しげさんへ

これでDi2配線の山場は終わりました
想像以上に面倒でしたが、その分達成感はあり(笑)

特に私のビアンキはフレーム内蔵対応なのでかなりスッキリします
でも外装式の方が配線は楽そうです


> こんにちは
> Di2化お疲れ様です。
> ケーブルが通っちゃえばもう一息ですね。
> シフトワイヤーの取り回しとか気にしないで良いのはメリットかも知れませんね。
> しかし。。内装出来るフレーム。スッキリしててカッコいいですが、最初に通すのが骨ですね。
2017.02.24 16:27 | URL | #- [edit]
ていじん says... "Re: タイトルなし"
ShimaQさんへ

実はこの自転車、ワイヤー交換が結構面倒な自転車
ケーブルがフレーム内を通るので大変なんです・・・
でもそれをやっていたお陰で、今回も何とか通せました
しかしフロントフォークを外すとは思わなかった(笑)

とにかく今回無事配線できたのはネットの情報、そしてNISさんのお陰です!


> こんにちは。
> 大変な作業ですね。無事、山場を乗り越え、おめでとうございます。
>
> > そして恐る恐る中を見ると↓
> > おおっ、ケーブルの先端が見える・・・
> 私も、フロントフォーク抜いた所にケーブル見えてる写真で、「おお〜」と声が出てしまいました。www
>
> それにしても、世の中には、色んな隠し技持ってる人がいて、それをネットで知ることが出来るって、便利な世の中になりましたね。ヽ(^。^)丿
2017.02.24 16:30 | URL | #- [edit]
ていじん says... "Re: タイトルなし"
NISさんへ

いやこの配線はかなり面倒でした
でも逆に職人魂が触発されて頑張ってしました(笑)

とにかくおかげさまで何とかなりました
本当にNISさんいてよかった♪


> ていじんさん
> 予想以上に大変ですね。。。
> 改めて作業工程をみると、よくシートチューブに通せましたねぇ...と感心してしまいます。
>
> 内臓って、見た目はスッキリですが、作業は複雑。僕も内臓ブレーキに頭を悩ませています。
2017.02.24 16:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jimunitto1968.blog115.fc2.com/tb.php/3177-587f7898