トレーラーは・・・、離れて抜いてよ

今日も自転車トレーニング。
距離は21キロ。

基本的には車道の左側を走っているので、車に追い抜かれる時は気をつかいます。

自転車をあまり知らない方は「歩道を走れといいますが」これは誤り。

  ●道路交通法で自転車の報道走行は禁止されてます(通行可の標識があれば別)
  ●トレーニング(時速30キロ前後)のスピードで歩道を走ると非常に危険。

ですから、自転車が車道を走るのは法律上もマナー上も正しいのですが・・・。


中には悪質ドライバーもいて、抜く時に幅寄せしながら抜く輩がいます。
ほんとにすぐ横、30cmくらい脇を抜いていきます。


このとき負圧で自転車が車側に引っ張られるので非常に危険

特に大型車でこれをやられると巻き込まれそうになります。

たしか、車が稼動物を背中から抜く時は1.5m以上離れて抜くと教わったいう記憶があります。


だから今日のトレーラー、いい加減にしろ!
真後ろからきて、横30cmくらいを抜いてくな!
対向車も全くいなかったんだから、もっと離れられるだろうに!


プンプン、結構怒ってます。

クレームしてやろうと思い必死に走りました。
自転車 幅寄せ トラック
この前を走っているトラック。
画像はピンボケですが、会社名と運転手の名前は確認済。

〇〇運送の〇山さん、プロなんだからちゃんと運転してよ

今度同じ事されたら、会社に電話しますよ。


いやー、一生懸命走りました。
あとでチェックしたら、ほぼ最大心拍数の183です
自転車 幅寄せ 最大心拍数超え
ある意味限界を超えさせて貰って感謝ですか(笑)

                          (⇒記事「心拍計の効果 ハートレイトモニター」はこちら

トラックに限らず、車のドライバーの方々にお願いします。

車道を自転車が走っているのは邪魔くさいでしょうが、抜く時は優しくお願いします

抜かれる方は本当に怖い思いしてますから。



―押してもらえると頑張れる気がします↓
 にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する