古いストーブは色々面倒 【でもそれが楽しい♪】

製造から30年以上が経つ古いストーブ↓

201504 ストーブ ニッセン SW-6 比較  

日本船燈(ニッセン)の「SW-3」、そして「SS-6」

ラッキョウ型の白いホヤがかわいいストーブ
  

しかしこれの熱量は凄いんです!

 201412 ニッセン SS-6  発熱量  

ストーブ2台分、5000kcalを誇ります

私のすきま風が抜けるガレージでも暖めてくれます


しかしこのニッセンのストーブ、ちょっとクセが有るのも事実




まずは最初の点火時


古いストーブなので自動点火装置など無し

こんな感じでホヤを倒して芯に点火します↓

201412 ニッセン SS-6  磨き完了 折れ   

この辺はアラジンのブルーフレームと同じ仕組み

芯に火が点いたらすぐにホヤを戻して固定


しかしこの作業、手早くやらないと黒煙が出ます
 
さらに芯の調整がマズイと、ストーブが煤まみれ・・・


なのでホヤや傘の掃除↓

201504 ストーブ ニッセン SW-3 ホヤ 掃除 

私は月一ペースでやってます




あとはこれが沢山出る↓

201512 石油トーブ ニッセン ss6 燃えカス 下皿  ()

これ芯の燃えカスが下の受け皿に落ちたもの

熱量が凄いせいか、このカーボンがみたいなものがかなり出る


芯のこの部分↓

201512 石油トーブ ニッセン ss6 燃えカス 芯   

これがポロポロと落ちて、下の受け皿に溜まっていきます

なのでこの受け皿が無いと、ストーブの下が煤だらけ

ガレージならいいのですが、部屋で使う場合は下に何か置かないと真っ黒に




古いストーブだけに、色々手間はかかります

201412 ニッセン ss-6 芯交換 点火   

でもその辺を理解して使うととても味わい深いストーブ

メンテもそれほど難しくないので、慣れれば簡単


これからも末永くお付き合いしていきます



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ
関連記事

コメント

タイトル

やばいです。ストーブ地獄にハマりそうな今日このごろ…^^;
明日はちょっと近辺のリサイクルショップ巡りに偵察に行ってきます。^^;

2016/01/09 (Sat) 22:20 | 蒼海 #rYn6T.U6 | URL | 編集
Re: タイトル

蒼海さんへ

パーラーの小さいストーブをゲットしたとの事
是非ストーブ沼にハマって下さい(笑)

ちなみに蒼海さんの記事見た後、
私も小さいパーラーを探しまくってます

でも今年はストーブが高騰中
なので良いものは高いですね・・・


> やばいです。ストーブ地獄にハマりそうな今日このごろ…^^;
> 明日はちょっと近辺のリサイクルショップ巡りに偵察に行ってきます。^^;

2016/01/12 (Tue) 05:14 | ていじん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する