昨今のキャンプツーリング  15年前と比べて

久々に連泊キャンプツーリングをして思いました。

15年ほど前に比べてなんと快適なキャンプツーリングなんだろうと!

その主な違いを列挙すると

  1.バイクが全く違う
  2.テントが違う
  3.寝具が違う
  4.灯火類が違う 
  5.泊る場所が違う
  6.高速料金が違う
  7.情報量が違う
  8.が違う

とこんな感じになりました。

以下、こまごまと思い出しつつ違いを検討してみます。


1.バイクが全く違う

20代前半に行った北海道~日本全国2ヶ月バイクツーリングの時はヤマハRZ250R

数年前に言った北海道2週間はホンダ1300SF

今回はBMWR1200GS-ADV


今思うとCB1300はともかく、RZ250であれだけ走れたのは自分でもすごいと思う。

いまでは絶対に出来ません。
いや、やろうとも思いません。

年取ったな~(笑)



2.テントが違う

ちょっと前までは15年程前に購入したマジックマウンテンの山用テント

いまは参天テントと予備の安いやつ(笑)

マジックマウンテンのテントは当時40,000円くらいで購入。
これはこれで収納、撤収が早くてよかったですが、全室などないテント。

今の宴会を楽しむスタイルにはイマイチ寂しいテントです。

当時はタープ持参など思ってもみませんでしたし。



3.寝具が違う

RZの頃はシュラフだけ、マットもグランドシートさえ持っていきませんでした

CBになってインフレーターマット購入。これだけでも感動。

現在コット使用中。マット生活には戻れません。



4.火器、灯火類が違う

RZ時代は火器類は手持ちの電灯だったような気がします。
ラジオなんかも一緒についているでかい奴(笑)

CBの頃にやっとランタン購入

夜の暗さから開放された時は嬉しかった!

その頃のランタンを今でも使ってます。
さらにLEDのランタンも併用です。



5.泊る場所が違う

RZの頃はほとんど野宿状態。
公園、空き地、川原、無人駅と、ほとんどキャンプ場には泊ってません。

計画性無く走るのと、暗くなるまで走るせいです。
あとキャンプ場代が惜しいせいもありましたね。

夜に一人、しかも明かりも無く寂しかった事もしばしば。
夜中に目覚めた時は最悪でした(笑)

今ではキャンプ場にしか泊りません。
悪天候の場合はビジネスホテルもありですから、楽になりました。

15年前の私がこれを聞いたら、軟弱者と言われそうですが(笑)



6.高速料金が違う

ETCで、料金が最高1000円になって高速道路は各段に使い易くなりました。

しかし、それ以前は高くて余りつかえませんでした。

特にRZの頃は高速料金が惜しくて、ほとんど下道です。

最近のツーリングには高速道は必ず絡みますから、いい時代になりました。



7、情報量が違う

ネット普及により、情報の収集が楽になりました。
15年前だとネットはおろか、携帯でさえ持っている人は少なかったと思います。

情報は本がメイン。
ツーリングなら地図と現地のガイドブック。

あとは現地に行ってみないと分からない。

あれはあれで楽しかったけれど、アタリハズレが大きかったですね。

当った時の感動も大きさは並じゃなかったですが。



8.年が違う

もう、これはこのまま(笑)
キャンプツーリングに求めるものが違っています。

昼間は走ってツーリングを楽しむのは同じですが、夜の扱いが違います。

 ●RZの頃  夜は飲んで寝るだけ。走れるだけ走る
 ●今      夜も宴会で楽しむ。 疲れを残さず次の日も楽しむ

朝から晩まで走っていたのがRZの頃。
早めに切り上げて、キャンプを楽しむのが現在。

どちらがいいのかは好みの問題。


今思えばRZの頃は一日中走ってました。

撤収が恐ろしく早い(20分強位)ので、朝の5時にはツーリングスタート
それで夜の6時くらいまで走りきりですから、若さですね~。

現在はキャンプを楽しむスタイルが気に入ってます。



こうやって検討してみると、考え方も含めて色々変わりましたね~。

また10年後くらいに考えてみるとどうなっているか興味深いですね。



―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する