6キロを背負い標高1500m、140キロを走る 【自転車】

先週土曜日、自転車にてチーム錬

と言っても、ドラゴンローディさんと二人だけですが(笑)


今回はバックパックを背負って走行↓

201503 エルゴン バックパック 1  

エルゴンの30リットルバックパック

今年のGWは、バックパックを背負ってしまなみ海道に行く予定

その距離850キロ、今から慣れておかないと 

   (⇒自転車「しまなみ街道」計画の記事はこちら




せっかくなので中身も充実させました!

本番をイメージして合羽、夏シュラフとシュラフカバー&インナー、そしてマット

201503 エルゴン バックパック 中身 1 

さらに重量を増やすため、水2リットルを入れたペットボトルも追加(笑)

これにスマホにお財布、カメラに非常食で約6キロ


背負うとこんな感じ↓

201503 チームライド バック 背負い 6 

自転車なので腰で支えるように低めに背負います


いや~6キロ、背負うとずっしりとした重さ

なにせ軽量のロードバイクを一台かついで行くようなモノ(笑)

私の体重が63キロほどなので、今回は体重1割増しの走行になります


さてどうなる事か・・・?




自宅を7:00過ぎにスタート

12キロほど走ってドラゴンローディさん宅へ


バックの件を告げ、今日は短めにしてほしいと嘆願

そしたらこんなルートを考えてくれました



距離は140キロ

うん、いつもは160キロは走らされるからちょっと短い(笑)


でもね・・・

獲得標高1350mって何ですか?!


今回6キロ背負ってるんですよ!6キロ!

体重が一割増しですよ!

ロードバイクを1台、背中に担いで走っているようなものですよ!


それをこの春先、1500m近く登らせる貴方って・・・・♥

有無を言わさずスタートします




まずは自宅から35キロ地点、筑波山へ

201503 チームライド 筑波山 ドラゴンローディ 6 

走り出しは風も無く穏やかな陽気


そして、いつもの「不動峠」にアタックします!

この峠は4キロ、平均7%の登り坂で中々にキツイ道


しかし自転車をカーボンにしたお陰か?

しかし6キロのバックパックを背負っているとはいえ、

201503 チームライド 筑波山 不動峠 6 

けっこう快調に登れました♪

最後の15%近い勾配も何とかクリアー




次は進路を北へ、「笠間」方面へ向います

自宅から60キロの距離にある「吾妻山」にチャレンジ


ここは距離が2キロと短いのですが、斜度が凶悪

平均8.5%、一番キツイ所でなんと23%!


片手にデジカメ持って、斜度を撮影↓

201503 チームライド 吾妻山 斜度 6 

ここで斜度16%地点、この後はさすがに片手は無理・・・

さらにこの時点で、バックパック投げ捨てようかも思案中でした(笑)


それでも何とか頂上へ

201503 チームライド 吾妻山 風景 6  

いつ来てもここからのパノラマは最高!

でもバックパックの重み、じわじわと体に効いてきてます・・・




最後は再び筑波山に戻ります

湯袋峠を通過して、山頂駅の「つつじが丘」までの登り

201503 チームライド 筑波山 湯袋峠 6 

ここ斜度は6%と程々ですが、距離が8キロ近くと長い登り!


これはひたすら修行の旅でした・・・


横を軽快に抜けていくローディーの方々、

それを横目に6キロのバックを背負い、ヒーヒーー言いながら登る私


「いったい私は何をしているんだろう・・・?」


それでもなんとか筑波山「つつじが丘」へ

201503 チームライド 筑波山 つつじヶ丘 ガマ 6 

半年ぶりにガマと一緒に撮影

その後とりあえずバックパックを置いて休憩

さすがに肩が重い・・・




その後は筑波山を降りて自宅へ帰ります

201503 チームライド 筑波山 下り 6 

下りは脚は楽ですが、バックを背負っていると腕に荷重がかかる

なので何気に下りも辛い


そして平地へ、一安心と思いきや向かい風・・・

今日は穏やかで無風のはずですが、なにゆえ向かい風?


カミサマ、そこまで私に試練を与えて下さるのですね

感謝します・・・


そして午後3:00前、無事に帰宅

やっとバックを降ろせました・・・


この日の概要です↓

201503 チームライド バック 背負い 概要 6 

距離140キロ、実際の獲得標高は1600m近くを記録!

疲れるはずです・・・




さて今回6キロのバックを背負って、ロードバイク6時間

最初は全然平気ですが、やはり時間が経つとじわじわ効いてくる


それでもさすが自転車専用設計のバック↓

201503 チームライド バック 6 

腰で背負えるので、普通の山バックより全然楽でした

  (写真はドラゴンローディーさんのブログからは拝借


さてGWまでは時間があります

しかし本当に自転車で「しまなみ海道」までいけるのか?


大きな地図で見る

さらに重さをふやして、トレーニングしないとダメそうな感じ

しかし私はいったい何をしているのだろう・・・?(笑)


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 

関連記事

コメント

タイトル

前傾のロードでバックパック、肩にも腰にもすごい負担ですね。
私は絶対に嫌でブロ+リクセンカウルに逃げましたが
鉄人には苦行も快楽なのですねー

寝具以外、hubbaもペンタも幕が見当たりませんが。。
まさか本番は露天?!
もし必要ならトレックライズ0お貸ししますので…

2015/03/04 (Wed) 21:01 | mikkie #jzoRvsuU | URL | 編集
Re: タイトル

mikkieさんへ

せっかく購入した軽量カーボン
これに荷物を多々つけるのは忍びなく、バック一つでの旅を決意!

でもロードバイクにてバックパック走行、
15L位なら経験ありますが、さすがに30Lはでかい・・・

なので今回お試ししてみましたが、意外にいける♪
ただテントは持って行け無さそうなので、野宿&ビジホになりそうです

あとは現地の「見近島」でどうやって泊まるかですね・・・?
トレックライズ0、良いですね~(笑)


> 前傾のロードでバックパック、肩にも腰にもすごい負担ですね。
> 私は絶対に嫌でブロ+リクセンカウルに逃げましたが
> 鉄人には苦行も快楽なのですねー
>
> 寝具以外、hubbaもペンタも幕が見当たりませんが。。
> まさか本番は露天?!
> もし必要ならトレックライズ0お貸ししますので…

2015/03/06 (Fri) 05:16 | ていじん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する