「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

自転車でキャンプへ!その2 どんな物を持って行く?

自転車で旅に出よう!その2になります

前回はタイヤ、そしてライト等を装着

201407 自転車 MTB タイヤ ミッシュラン  

万が一の夜間走行のために付けました

そして今回は持って行くモノを考えます!

         (⇒前回タイヤやライトを点けた記事はこちら




さて今回は自転車旅、なのでもちろん人力

持ち物はなるべく少な目にするのが賢い選択


まずキャンプの三大神器、テント、シュラフ、そしてマット

テントはこれ↓

201406 hubbahubba ハバハバ  自転車と3  

MSRの「Hubba Hubba」

収納は51㎝と長めですが、重さは2キロ弱と軽量


シュラフ↓

ナンガのシュラフ

夏なのでナンガの250のダウンにします

パッキングサイズは長さ24センチ直径14センチと小さい

そして一応エントラント製のシュラフカバーも持って行きます


さらに寝心地を考えてマット↓

201403 ロゴス マット   

今回は嵩張るけど軽い、ロゴスのクッションマット

重さは300g以下


この3つでこんな感じ↓

201407 テント シュラフ マット  

大きさと重さはなんとか許容範囲内でしょう




あとは雨対策も必要

レインウェアも必須アイテムですね 

201402 モンベル  レインウェア 大きさ     

こちらはモンベル製品で上下セット

ゴアではないのでちょっと蒸れそうですが、中々良い合羽


そして予備のタイヤのチューブや

201407 MTB 予備チューブ 

簡単な工具も絶対必要

パンクで旅が終わりというも寂しい・・・


そして、もしもの時の

201407 モンベル コンパクト輪行バック  

輪行バック

これがあれば電車で帰れます


こんな感じで自転車を運びます↓

201402 輪行袋 モンベル 6 

最近は輪行のルールも厳しくなっているので、持って行くと安心

以上は必要最低限持って行くモノ
 


そしてこれからは、あったら楽しいキャンプ道具

夜を楽しくキャンプ場で過ごすために

201407 MTB キャンプツーリング ランタン 

ランタン各種と電池やバッテリー

今回はLEDのヘッドランタンを2つ(一個は自転車装着)のみ


でもモンベルの「クラッシャブルランタンシェード」もあるので

201407 モンベル クラッシャブルランタンカバー 装着  

テーブルランタン代わりになるはず

予備の電池も一応持って行きます




あとはお湯を沸かすストーブ とガス缶

201407 MTB キャンプツーリング ストーブ コッヘル  

それにコッヘル

これがあるとやはりキャンプ!って感じがします♪


あと夏キャンではこれは持って行かないと↓

201407 MTB キャンプツーリング 虫除け  

虫対策用品色々

蚊もイヤだけど、ブヨなんかに刺されたら最悪ですからね~


 

そして嵩張るけど、あると快適なのが椅子

今回は500円で手に入れた、キャプスタのこれ↓

201407 キャプテンスタッグ アルミ椅子  

アルミの軽量椅子を持って行きます 


椅子と言えばテーブルもあるといいかも

今回はこの工具箱↓

201407 工具箱 ベルクロ 固定  

これをテーブル代わりに使えば一石二鳥♪




今回はスタンプラリーもします!

なのでこれを忘れては一大事↓

201405 千葉スタンプラリー 台帳  

スタンプラリーの台帳(2013年版)と、ツーリングマップㇽ

しかしこれが意外と嵩張るし、重い・・・


さらにはナビやGPSの電源用に

201308 茨城~新潟200キロ サイコンとナビ 

大容量のモバイルバッテリーも持って行きます

スマホも充電も出来きますしね
 


他にも着替えやその他の細々したも入れると結構な量

一応並べてみました

201407 MTB キャンプツーリング 道具一覧  

いや、沢山あるな~

コンパクトパッキングなんて、恥ずかしくて言えない量(笑)


ちなみに蒼海さんから頂いた「焚き火台」も写真に写ってますが、

今回は断腸の思いで断念しました・・・

さすがに自転車旅で「焚き火台」は贅沢か・・・?

 
ちなみにヘルメット、

201407 初自転車キャンプツーリング 服装 

そしてグローブはもちろん着用します!

ジャージはお気に入りの和柄(笑)


ペダルはMTB用に使っていた古いモノで↓

201407 MTB キャンプツーリング ペダル 靴  

SPDという、靴が固定できるペダルを使用

靴は昔使っていた古いものを引っ張りだしてきました


そして全てパッキング↓

201407 MTB キャンプツーリング 後方 

重さ36キロの旅自転車の完成

次回はいよいよこれで旅に出ます
 

しかし36キロはマジで重い・・・    (⇒続きはこちら


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
↑押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします

関連記事

Comment

蒼海 says... "タイトル"
荷物の量が増えてくると「あとこれも入れても大して変わらんか~」とちょっとずつ増えて行って最終的に「なんじゃこりゃ~!」ってことになっちゃいますよね。^^;

と言う事で…焚き火台が入っていてもそれほど変わりないので、せっかくなので持って行って下さい。^^;
2014.07.17 09:11 | URL | #- [edit]
TREK says... "タイトル"
そんなに無駄なものは無いと思いますが
やっぱりこれくらいの重量になるんですね
普段何も付いていないロードからだと重いでしょうね~
この記事を見て自転車でキャンプはあきらめましたwww
2014.07.17 22:50 | URL | #- [edit]
ていじん says... "Re: タイトル"
蒼海さんへ

今回は初めての自転車旅
なので勝手がわからず、荷物を減らす方向で行きました

でも「焚き火台」は最後まで諦めきれなかった・・・

自転車キャンプで焚き火台、なかなかいないハズ
次回は持っていく事にします(笑)


> 荷物の量が増えてくると「あとこれも入れても大して変わらんか~」とちょっとずつ増えて行って最終的に「なんじゃこりゃ~!」ってことになっちゃいますよね。^^;
>
> と言う事で…焚き火台が入っていてもそれほど変わりないので、せっかくなので持って行って下さい。^^;
2014.07.18 07:27 | URL | #- [edit]
ていじん says... "Re: タイトル"
TREKさんへ

これでも随分荷物をへらしたんですが、この大きさ
さらに着替え等々ありますから、やっぱり荷物は大きくなります

そして今回思った事

一泊ならテントより宿の方がいいかもしれません(笑)


> そんなに無駄なものは無いと思いますが
> やっぱりこれくらいの重量になるんですね
> 普段何も付いていないロードからだと重いでしょうね~
> この記事を見て自転車でキャンプはあきらめましたwww
2014.07.18 07:28 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jimunitto1968.blog115.fc2.com/tb.php/2126-15228013