パニアケース トップとサイドの三点セット

今度一泊二日でキャンプツーリングに行きます。
パニアケースを三点セットを初めて使います。

その前に色々試して見ました。

まずは、こんな感じで収納。

キャンプ パニア三点 初
パニア三点セット以外に、道具箱、コット、イスを別に持っていきます。

三点付けて物満載にすると、さすがにセンスタがけが重い!


ただ、走り出したらその重さは全く気になりません。

逆に重心が低くなり、安定感と乗り心地が増した感じがします
ESAがノーマルモードでも、コンフォートのよう?

後ろからの三点セット
パニア 後ろから 3個
ボリューム感はたっぷりです。


サイドパニアのみで収納
パニア サイドケースのみ
スタイル的にはこれが一番好きです。
すっきりしていて、なおかつアドベンチャーらしいですしね。

乗った感じも安定感があり◎。

ただ、普段使いではすり抜けがしにくい。
キャンプツーリングでは、収納性が低い。

と中途半端な感じ。
一人で日帰りの長距離ツーリングにはこれにしようかと思ってます。

後ろから
パニア 後ろから 2個
トップが無くてすっきりです。
ただ幅はそのままなので、すり抜けが困難です。
 

ハンドルとパニアの出方
パニア ハンドルとパニア幅
パニアケースの方が若干出ているように見えます

車検証を見てみるとハンドル幅は99cmパニアは実寸で100cmでした。

ほとんどハンドル幅と同じと言えば同じ。
ハンドルが余裕で通る所なら、すり抜けも可ですが・・・

実物を見ると、ちょっとすり抜けはどーかなーとも思ってしまします。

かなり余裕のあるスペースで、真っ直ぐに抜けられるところ限定
ですね。
 
キャンプツーリングは三点セットでフル積載に決定。

楽しみですね~!

                  (⇒記事「三点セットでキャンプツーリング その1」はこちら
                 
 (⇒パニアの鍵を壊した記事はこちら


―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
            にほんブログ村  にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する