「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

日光金精峠越え、12時間延々と・・ その2

Tomo氏といった、自転車で登る「金精峠
2011 6 金精峠 標高しるし8 

今回一緒に走ったTomo氏、自転車購入1ヶ月

それで日本の国道で3番目に高い「金精峠」にチャレンジ!

しかも2つの山を越えるので獲得標高は3000mを超えます


その続きのお話になりますが、ここからが本当に辛いんです・・・

        (⇒ここまでの走行の記事はこちら



片品の町を抜け、いよいよ「金精峠」への本当の登りになります

この区間のルートはこんな感じ↓

20129 金精峠 ルート 4

距離は30キロ近く、そして標高差1000m以上

その区間を延々と登ります・・・


さてTomo氏

最初の10キロ位は結構良い感じ
20129 金精峠 トモさん 走行中1  

辛いながらも、笑顔もあり

しかし時間が経つにつれ疲労が蓄積・・・


もうここまで40キロ以上走ってます

しかも結構な登りもありました

しかしそんな事はお構いなしに、斜度は徐々にきつくなっていきます・・・



時折声をかけるも、返答は小さめ
20129 金精峠 トモさん 走行中2 

「ツライ~ ツライ~」と口の中で呟きつつ、それでも走ります

凄いな~、Tomo氏!


しかしスタートから既に5時間以上走行

しだいに休憩の間隔が短くなります・・・


最初は1時間に一回休憩のペース、それが15分に一回くらいに・・・

20129 金精峠 トモさん 丸沼高原 5 

なんとかゴール手前10キロ、「丸沼高原スキー場のレストハウス」に到着

もうかなりヘロヘロ

しかしそれでもやめようと言わない(言えない?)の山男の意地か(笑)



そして自転車をこぐこと、実に7時間半!
20129 金精峠 トモさん 茶屋 5 

金精峠のすぐ下、峠の茶屋に到着

お疲れ様でした~~~!!!

ここから金精峠は10分ほど、なのでここまでくればもう大丈夫ですね!


そして登り切ったご褒美は
20129 金精峠 トモさん 茶屋 すいとん  5

ここの名物「すいとん」

これが疲れた体に沁み渡るほどの美味さです・・・


それにしてもここまで登ると気温も低いですね~

標高は1800m、気温は聞くと15℃位との事


なので体が冷える前に出発



そして10分ほど登って・・・・
20129 金精峠 トモさん 完走 5

金精峠にとうちゃ~く!!!

時間は既に夕方、午後の4:10

走行距離は70キロ、スタートから実に8時間以上が経過


頑張りましたね~


ここからはほぼ下りの道

体力的にはかなり楽になります


ですがここからまだ70キロ以上走らないと駐車場に戻れません・・・

しかし山の日暮れは早く、そろそろ暗くなってきています・・・


さて、どうする我々・・・


次回に続かせてください


↓押して貰えるともう少し頑張れる気がします!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村  

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jimunitto1968.blog115.fc2.com/tb.php/1374-f559fb26