「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

登山とレースで過ごす乗鞍の2日間 その2 【ヒルクライムレース前日に3000m級の山を登る】

登山とレースで過ごす乗鞍、その2になります

今年も「三本滝」からコースの下見を兼ねて登山

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 畳平 テープ

13キロの舗装路を4時間かけて、標高2700mの「畳平」に到着

今回はその上「剣が峰」を目指します

しかしなんかすっかり登山記事みたいになってます(笑)

         (⇒ここまでの記事はこちら



乗鞍「畳平」に到着したのは午後12:00ちょうど

ここから「剣が峰」までは往復すると普通は3時間ほどらしい

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍 バスターミナル2 

バスに4時に乗るとして、受付時間の午後5時にギリギリ間に合うかどうか

もし受付できないと笑うしかなくなる、いや笑えない

とりあえず1時間だけ登って、そこで先を考えることにします


ところで乗鞍岳は百名山の一座

私が登った百名山は「富士山」「筑波山」そしてマイナーな「両神山」↓

2011 11 両神山 山頂 1  

これで乗鞍「剣が峰」を登れば四座登頂

頑張りますよ~!



まずは鶴ヶ池の横を通る登山道からスタート

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰方面 

この道は細かい砂利敷き、普通のシューズでも気軽に歩ける

なのでラフな格好で上っている方もちらほら見かける


しかしその風景は半端じゃない↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍岳 風景2 

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍岳 風景1 

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 畳平 天気 

なんかヨーロッパのアルプスを彷彿させる雄大な景色

これがバスから降りるとすぐに見れるなんて凄い・・・

晴れの日の3000m級の山、登ってきてよかった♪



ほどなく富士見ヶ丘下に到着↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 14144さんから 写真3 加工
            (⇒この画像は14144さんのブログからお借りしました

天気が良ければはるか向こうに富士山が見えるらしい

しかし今回は時間が無いのでここはパス


まずは途中にある山小屋に向けて歩きます

この辺はまだ細かい砂利敷きの道、勾配もきつくない

なのでバスから降りたまま、軽装の方たちも沢山歩いている↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍岳 風景3 


そのすぐ下にはさっき我々が歩いてきたつづら坂が一望↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍岳 つづら折り 

明日は自転車でこの坂を登ってくるんですね

なんか山を登っていると全然そんな気がしない

本当にこんなんで明日のレースは大丈夫なんだろうか?(笑)



そんな事を思いつつ、30分ほど歩くと山小屋に到着

ここから先がいよいよ「剣が峰」の入口↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰入口 

時間は12:30過ぎ、帰るまでにはまだ30分近く時間がある

しかしここから先はゴロゴロした岩があるガレ場

午後1:00までに「剣が峰」に行くのはちょっと厳しいか?


とにかく先を目指して歩きましょう

登山慣れている14144さんはサクサク歩いていく

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰入口 14144さん 

普通のシューズでガレ場を結構なペースでこなす、流石です

それに対して私は空気が薄いせいか、なんか呼吸が苦しい・・・

そしてペースダウン、14144さんに付いていけない


しかしこんな時こそパワーブリーズの成果をみせないと↓

201608 パワーブリーズ 全体 

息をスッと入れてゆっくり吐き切る

それを繰り返すうちになんか呼吸が楽になってきた

それと共にペースアップ、14144さんに追いつきます


その後は順調に登山

なんとなく後ろを振り返るとこんな風景が目に入る↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 前日登山 鶴ヶ池 14144さん3

先ほどいた山小屋や稜線の道がはるか彼方に小さく見える

凄い、なんか本当に登山してる!



そして制限時間の午後1:00、帰る時間になりました

でも剣が峰はもうすぐそこ、多分15分くらい

なのでここで引き返す気は毛頭なく、14144さんと先を進む


そして見えました!

あの山頂が「剣が峰」のはず↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰 もうすぐ 

テンションもあがり、足にも力が入ります!

この時点でもう明日のレースの事は忘れてました(笑)


そして午後1:10過ぎ、乗鞍岳「剣が峰」に登頂

14144さんと二人で記念写真です↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 前日登山 山頂 剣が峰 

ここは標高3026m、三本滝から約18キロで1200m以上の標高差

なんか達成感がとてつもなく凄い・・・

確かに登山にハマる方の気持ちが分かります


しかしここでふと我に返り、明日のレースを思い出す

今日中に受付しなければ明日のレースに出れない!

なので早々に下山の用意をします


でもその前に山頂の「乗鞍本宮」にて安全&快晴祈願↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰 神社 本宮 

自分の分、そしてTREKさんの分も一緒にお祈り

ここでTREKさんの「雨男」を払拭しておきましょう

14144さんも横でニ礼二拍手一礼、多分これで明日も晴れるはず♪


あとはお守りも購入しました↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 剣が峰 神社 お守り 

娘と奥サマに「金」と「銀」の鈴守

しかしこれ良く見ると安全祈願じゃなくて開運祈願

まぁいいか(笑)



ここからは下山、それも素晴らしい景色の中下ります↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 帰り道1 

登りと違って遠くの山々を見ながら下る

14144さんと言葉もなく、ただただ景色を見て歩いていく

いや~「剣が峰」、来てよかった!


晴れている乗鞍岳は本当に素晴らしかった

本当にここ日本?って感じの風景↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 帰り道3 

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 帰り道2 

ヨーロッパに行ってきましたといっても信じてくれそう

ただちょっと風が強くて寒い場所もあったけど、全然問題なし



帰りは45分ほど、「畳平」のバスターミナル到着

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍 バスターミナル 

下山するのがとっても惜しくなってきた

しかし受付しないと明日のレースが・・・(笑)


この時すでに午後2時過ぎ、次のバスの時間をチェック↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍 バスターミナル 時刻表  

すると次のバスは丸々1時間後の3:05分

バスの運行は1時間に1本と思っていたら、なんと2時間に1本の運行

これならもっとゆっくり降りてくれば良かった・・・


仕方がないので休憩がてらバスを待ちます

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍 バスターミナル バス 

日陰で待っていたせいかちょっと寒かった

お隣に温度計を持っている方がいたのでお尋ねしたら11℃との事

風があるので体感はもっと低く感じるかも


午後3:00過ぎにバスに乗車、三本滝まで40分ほどで到着

この時LINEを頂いたのですが、実はこの後続バスに知り合いが乗っていた

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍  バス ドラゴンローディさん 

今日の宿でご一緒するドラゴンローディさん達

バスが何台かあったので全然気づかなかった!

後で会場でお会いしましょう



さて私と14144さんは三本滝から車にのって受付会場へ

午後4時過ぎに会場へ到着

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 受付 雰囲気 

まだまだ沢山の方がいて盛り上がってました

そして無事に受付完了、良かった・・・


これで長々を続いた登山編はおしまい

次回からはレース編になります↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース レース中 大雪渓 テープ

山頂でお祈りしたおかげか、雲一つない快晴の中のレース

私もこんな天気の中走るのは初めてです♪

次回に続きます  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とレースで過ごす乗鞍の2日間 その3 【レース前日は宴会、そしていよいよスタート】

 登山とレースで過ごす乗鞍、その3になります

レース前日に乗鞍岳「剣が峰」に登頂↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 前日登山 山頂 剣が峰 テープ

18キロ、1200mを登る登山は無事終了

しかしこの後に受付をしないと翌日のレースに出れない

なので急いで下山、午後4:00過ぎには会場入り

                    (⇒ここまでの記事はこちら



レースの受付は午後5:00までなので余裕でした

それにこの時間でも会場にはまだまだ沢山の人↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 受付 雰囲気 

我々も受付を済ませ、色々なブースを覗きます

今年も色々なモノが出店されていて見るだけも楽しい


まず目立ったのがマビックのサポートカー↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 会場 マビックカー 

スバルの「アウトバック」、黄色の車体に黒で「MAVIC」のロゴ

かっちょええ!


このマビックのロゴ、触ってみるとペイントではなくシールなんですね

ならば私の次の車「サンバー」にもこのロゴを貼るか?

その時はワンダーボーイさん、よろしくお願いします(笑)


色々なブースがあるので楽しく会場を回れます

するとこんな方たちがいた↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 会場 チャリダー 

NHKのチャリダーでおなじみの猪野さん、そして「山神」の森本さん

よ~く見ると後ろのブースに中に筧さんもいらっしゃる

多分撮影用なんでしょう、放映が楽しみです♪


そうそう、こんなブースもありました↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 会場 パワーブリーズ 

パワーブリーズのお試しコーナー、私の持っている「赤」もある

先日もTREKさんが「美ヶ原ヒルクライム」で見かけたといっていた

パワーブリーズ、本格的にスポーツ業界へ進出しているのかも

私もこれで1年間修業、確実にその成果はあります!



さて色々なブースを回った後は宿へ

今回はTREKさんに予約して頂いたペンションで宿泊

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 宿 チャーリーブラウン 

ご一緒するのはTREKさんご家族と14144さん

さらにドラゴンローディさんご夫妻に桜餅さん、そして私

中々に個性的で楽しそうなメンバー♪


お風呂、そして夕飯&宴会が終わった後は部屋でゆっくりくつろぐ

するとジャージを貸して欲しいといわれたので持っていくと、

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 宿 ジャージ 

こんな風に並べて写真撮影してました(笑)

最近はオリジナルジャージが作れるので、色々あって楽しい

今回私は「レモン牛乳ジャージ」で走ります!


この後、午後9時過ぎに私は就寝zzz



翌朝は3:30過ぎに起床

いつものペースで目覚めますが、さすがにまだ周囲は暗い

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 風景  

それでも自転車を用意するため4:00過ぎには駐車場へ

外は肌寒いけど空には満点の星、これは良い天気が期待されそう♪

薄暗い中、自転車を組んで再び宿へ


少し明るくなってから再び自転車のチェック

すると桜餅さんも自転車の用意をしてました↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 桜餅さん 

「スカイベリー」のいちごジャージが良くお似合いです


この後は持参した3本ローラーで少しアップ

朝から少しでも回しておけば本番でちょっとは違うはず



午前5:30から朝食、そしてレース会場へ

201708 乗鞍ヒルクライムレース 当日 朝 集合写真 

その前に今回宿がご一緒だった5人で記念撮影

天気は今までにない位に晴れている、これは楽しみです♪


会場へ行くまでは1キロ程の登り

アップを兼ねてくるくる回しながら走行

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 移動 

周囲にも今日レースに参加される方が沢山走っている

なんかとても盛り上がってきましたよ~

なにより遠くに見える乗鞍、雲一つないのが素敵です♪


ただ一つだけ問題があった

立ちこぎ、いわゆる「ダンシング」すると太ももが痛い・・・

前日の登山のせいで筋肉痛になったみたい↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 1日目 登山 乗鞍岳 14144さん拝借 

こんなガレ場を登ってましたからね画像は14144さんから拝借

幸い痛いのは前だけなので座って漕いでいる分には問題なし

なので今回のレース、ダンシングは封印!



6:00過ぎにスタート会場に到着

既に沢山の人でごった返してます↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 会場 雰囲気 

とりあえず頂上に行くバスに防寒着が入ったバックを預けます

ヒルクライムは軽装が基本、しかしゴール地点は例年10℃前後

なので汗をかいた体が冷えまくり、なのでこの荷物預けは重要


荷物を預けると、しばらく時間が空きます

チャンピオンクラスは午前7:00スタート、それから順々に走る

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 スタート表  

私の出走は7:40分過ぎ、まだ1時間以上あります

いつもはこの待ち時間が寒いのですが、今日はポカポカの良い天気

なのでゆっくり自分のスタートを待ちます


その会場にて、ヨッシーさんとも合流

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 ヨシさん 

今回は自転車をかなり軽量化、6キロ代にしてきたとの事

その軽さ、もう完全にヒルクライムマシンですね!



そうこうしている内に、まずはTREKさん↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 TREKさん 桜餅さん スタート 

そして桜餅さんやドラゴンローディさんがスタート位置へ移動

今日の乗鞍は今までに見たことがない位の快晴

頑張ってください!


その後順調にレースが進み、いよいよ私達もスタート位置へ

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 朝 スタート前 

今回は14144さん、そしてヨッシーさんと一緒に走ります


我々のクラスは300人くらい、かなり長蛇の列

ただ今回はネットタイム方式、なのでスタート地点を過ぎて計測が始まる

我々はあまり前にいかず、後方に並んでゆっくりスタートします


そして午前7:43分、いよいよ我々の組がスタート!

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース スタート 

まずは7キロ先の「三本滝」を目指します

今回体調ははかなり良い感じ、しかし筋肉痛のためダンシングは不可

はてしてどんなレースになるのか?

続きます


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とレースで過ごす乗鞍の2日間 その4 【ダンシングは封印、でも絶好調?】

登山とレースで過ごす乗鞍、その4になります

今回は近年まれにみるほど快晴の乗鞍

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース スタート テープ 

いよいよ我々の組もスタートになります

しかし筋肉痛でダンシングが出来ない私、はたしてどうなるか?

          (⇒ここまでの記事はこちら



乗鞍のレースはこんなコースデザイン↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース コース図 

まずはスタートして7キロ先のCP1「三本滝」を目ざす

勾配は比較的おだやか、まずここでペースを作っておきます

  (地図の標高1450mは間違いで本当は1800m)


そして中間点の10キロあたりから緩急が激しいつづら坂に入る

これはCP2の「位ヶ原山荘」を過ぎてもしばらく続きます

ここではひたすら我慢、頑張りすぎると後半持たなくなる

出来れば内側の急こう配は避けて、大外を走ると疲労は少ない


最後の5キロからゴール地点の畳平は標高2500m以上

ここは空気が薄くて、体が重くなってペースが上がらない

でもここが頑張りどころになります



私もセオリー通り、落ち着いてスタート

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース スタート直後 

たまたま前を走る方が私と同じくらい速さ

なのでその方の後ろを走るようにしてまずはペースを作ります


後ろをみると既にグループが出来ている

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース スタート直後 後方 

やはり考えることは皆さん同じ

とりあえずこのグループでCP1の「三本滝」を目指しましょう


ところで今回は太ももが筋肉痛でダンシングは出来ない

でもなぜか脚は良く回るし呼吸も楽

これは前日の登山で高度順応したおかげか?(笑)


そんなわけでまずは3本滝を順調に通過

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース 三本滝手前 

空を見ると雲一つない快晴!

こんな快晴の乗鞍を走るのは2012年、最初に走った時以来

いや~、気持ち良い♪



しかしここからが乗鞍ヒルクライムレースの本番

10キロの中間地点あたりから急こう配の坂が連続する

201708 乗鞍ヒルクライムレース レース中 激坂

私はダンシングは出来きないので常に大外を回ります

内側の急傾斜なんか走ったら足をが攣ってしまいそう


後ろを見ると先ほどのグループの方もバラバラに

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース 中間地点 後ろ  

やはりこの辺から厳しくなってくる

私も置いていかれないように必死に足を回します


それでもなんとかCP2「位ヶ原山荘」に到着

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース 位ヶ原山荘前 

地元の方が水やスポーツ飲料を配ってくれます

毎年の事ですがこの応援は本当にありがたい、感謝です!



ここまでくればあと5キロほど、ここからが本当に長い

でも周りに見える乗鞍の絶景が元気づけてくれる!


徐々に見える乗鞍岳↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース 乗鞍岳 


横を見ると雄大なアルプスの山々↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース アルプスの山々 


そして再び視線を前に向けるとその先には「大雪渓」!

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース 乗鞍岳 大雪渓 

これを見ると一気にテンションが上がります!


しかし空気が薄いので、そのテンションにいつもは体が付いていかない

でも今回はなんか違う・・・

やはり前日の3000m登山が効いているのか呼吸が比較的楽

それに足もまだまだ回ります!



ところでここまでは全くタイムを気にせず走行

ただただ足が回るまま、肺が許すままにヒルクライム


しかしちょっと気になってタイムを見るとなんかメチャメチャ良い!

去年が1時間30分、なのに今年は1時間20分を切れそうなタイム

もしかしてガーミンを押し待ちがえたか?

でもこれがもし本当ならば・・・


ここからは写真撮影無し!ガチで走りました!


ただなぜか途中でガーミンが止まって再起動する事に

やっぱりガーミンが不調でタイムが縮まったのかも(笑)


それでも最後は心拍とケイデンスを目一杯上げてゴール

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース ゴール前 

すぐにガーミンの数字をみると1時間19分49秒

いやこのタイムは絶対に無いな・・・

だって1時間20分切るとチャンピオンクラスにエントリー可能

ヒルクライムがあまり好きじゃない私にそれはあり得ない


多分押し間違えと再起動で時間が短縮

自分的には1時間25分くらいといったところ

とにかく完走証にタイムが記載されてるのでそれまでお楽しみ



ゴール後は休憩地点までゆっくり漕いでいく

登ってきた沢山の自転車が乗鞍岳を埋め尽くしていく↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 ゴール後 風景 

そして空には雲一つない青空

壮観のひと言に尽きます・・・


横を見ると鶴ヶ池↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 ゴール後 風景 鶴ヶ池

昨日の登山の時よりさらに綺麗な青色

今日の乗鞍岳、本当に最高の天気


休憩所に行き、朝に預けた荷物を受け取る

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 ゴール後 風景2 

いつもはゴールすると震えてしまうくらい寒い

しかしこの日は快晴で無風、気温は15℃くらい

全く防寒着がいらず、ウィンドブレーカーさえなくても平気かも

こんな乗鞍は初めてです



それでもさすがに20キロ以上のダウンヒル

汗冷えしないように着替えて下ります

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 桜餅さんと 

偶然お会いできた桜餅さんとご一緒します

そして乗鞍はこの下りが「ご褒美」なんです


特に今年は快晴、ご褒美のランクがドーンと上がっている

こんな風景の中、写真を撮りながらユルユル下ります

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 大雪渓前 

本当に下ってしまうのが持ったいないくらい・・・

次回が最終回になります


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


関連記事

登山とレースで過ごす乗鞍の2日間 最終回 【またくるぞ乗鞍!】

登山とレースで過ごす乗鞍、最終回になります

今回は絶好調で登れてしまった乗鞍

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース ゴール前 テープ

おそらく天気が良くて、前日の登山も楽しかったせいかも

とにかくレースも終了、いよいよ下山になります

     (⇒ここまでの記事はこちら



さて快晴の乗鞍、レース後の下りが本当の「ご褒美」

素敵な景色の中を気持ちよく走れます↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 風景3 

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 風景4 

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 風景1 

何処を撮っても絵になる乗鞍

参加した皆さんも思い思いに自転車を停めて撮影会


下りで一緒になった桜餅さん、

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 下り 桜餅さんと 撮影 

そして私も満面の笑顔で写真撮りながら下ります


ただし乗鞍は下りも20キロあってかなり長い

それにレースで疲れているので時たま落車する方もいたりする

ここまで来て落車もイヤ、なのでスピードは控えめに下山



そしてスタート会場に戻ったのが午前10:30過ぎ

参加証を頂きタイムを確認します↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース レース終了 リザルト  

1時間20分は切れなかったものの、それでも20分台

ガーミン、押し間違えてなかったみたいです

それにしても去年が1時間30分、なので10分も短縮してしまった!


思えば去年は5月の終わりに落車あり↓

201606 自転車 落車時 14144さん撮影2    

肩を打撲してホイールがガタガタに

その後一か月はまともに自転車に乗れず、乗鞍レースに参加

色々と課題が残るレースになってしまった


その後は色々トレーニングメニューを追加

パワーブリーズやったり↓

 201608 パワーブリーズ はこ入り  


3本ローラーに負荷装置もつけた↓

201611 3本ローラー 負荷装置 リヤ 完成1 


さらにはパワーメーター導入してメディオトレーング↓

291612 大晦日ライド パワーメーター クランク 

この努力が実を結んだのかもしれない

でも実は楽しくやっていたので辛さは殆ど無かった

でも結果が出るのはやはり嬉しい♪


あとは会場で配っていたアミノバイタル3点セット↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース レース前 アミノバイタル  


さらには前日の登山で高地順応トレーニング?

201708 乗鞍ヒルクライムレース 前日登山 山頂 剣が峰 

この辺も良かったのかもしれない

いや、登山はやらなければ1時間20分を切れたか?

とにかく終わりよければ全て良し(笑)



完走証を受け取った後は宿へ戻ってひとっ風呂

上がった後に桜餅さんとコーラで乾杯↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース後 コーラー乾杯  

お疲れ様でした!

来年は乗鞍「剣が峰」登山、ご一緒しましょう


その後ドラゴンローディさん、そしてTREKさん、14144さんも帰ってくる

ドラゴンローディさんは一足先に次の宿泊地の温泉に向かうとの事

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース後 挨拶  

お疲れ様でした、また来年ご一緒しましょう

その後はTREKさんご家族、そして桜餅さんとお別れ


私は14144さんと一緒に車で下山

松本の手前にて、輪行で帰る14144さんを下します↓

201708 乗鞍ヒルクライムレース 2日目 レース後 14144さん 駅にて 

今回は登山&ヒルクライムレース、ずーっとご一緒

いや~楽しかった

「登山&ヒルクライム」、来年から恒例行事にしましょう

そんな事を話してお別れします


家に帰ったのは午後6:00過ぎ

さすがに疲れましたが、充実感たっぷりで一人宴会して就寝です



今回の乗鞍の順位とタイムです

201708 乗鞍ヒルクライムレース リザルト 順位 111位(645人中)2 

公式タイムは1時間20分43秒、643人中111位とゾロ目確保(笑)

自分的には上位2割に入っているので大満足

ただもうこれ以上のタイムは望めそうにないと思う

なので来年からはまた楽しむ姿勢で参加します


最後にレースのReliveアップしておきます

201708 乗鞍ヒルクライムレース Relive 

3000m級の山でのヒルクライムレース

最後は雲(雪?)の中を走ってます!


さてこれでマウンテンサイクリングin乗鞍のご報告は終了

長々とお付き合いくださり感謝です

   (⇒乗鞍ヒルクライムレース、最初の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

バイクで出かける久しぶりのBBQ 【最近また乗り出した空冷R1200GS-A】

私のエンジン付きのバイク「R1200GS-A」↓

 201701 利根川オフ アドベンチャーと私

2008年型の空冷モデルになります

ただ最近は自転車三昧、1年くらい放置したままでした



しかしバッテリーとオイルを交換すると気持ちよく走ってくれる

ちゃんと今年の4月に車検も通しました↓

201704  バイク 車検 レーン前 

なので最近は機会があればちょこちょこ乗るようにしてます


先月は久々にツーリング

とちぎのいちごさん、agephaさんとご一緒

201708 喜多方ツーリング とぎちのいちごさんと バイク3台2

喜多方にてラーメンツーリングを敢行、楽しかったです

ただ久々だったせいか、帰ると足がパンパンというなさけなさ

          (⇒このツーリング記事はこちら



そして先週の土曜日にBBQ大会あり↓

201709 Wonderboy邸 BBQ大会 乾杯 

同じく茨城にすむWonderboy邸にて恒例の行事

せっかくなのでこの時もR1200GSーA にて向かいました


集まったのはタイガーマスクとブラックタイガー↓

 201511 将門マラソン コスプレ タイガーマスク  

相変わらず楽しい人たちです

そうそう、ブラックタイガーは娘さんをバイクで同乗して登場

聞くと我が娘と同じ年、来年はうちの娘も同伴させよう



ところでこの4人、全員がGS乗り

ブラックタイガーはR1100GS↓

201709 ハイパーアドべさん 友人 R1100GS 


タイガーはR1150GS↓

201211 タイガーマスク 2人 バイクと2  


私が空冷のR1200GSーA 

さらにWonderboyさんは最新の水冷R1200GSーA 

201709 Wonderboy邸 アドベンチャー 赤合
            画像はWonderboyさんのブログからお借りしました

期せずして4つのGSが集合 

これだけ年代が違うGSが4台集まるのも珍しい


しかし集合写真を撮るのを忘れた↓

201709 Wonderboy邸 GS集合

こんなバラバラの写真しかない・・・

なんか久々のバイクなので、そんなことすっかり忘れていた

ブロガー失格!(笑)


しかし楽しいBBQでした

201709 Wonderboy邸 BBQ大会

Wonderboyさんの奥サマそしてお嬢様、色々御馳走さまでした

そして楽しい時間をありがとうございました <(_ _)>


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ

関連記事