「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

3本ローラーで3回目のFTP測定 【この半年でどのくらいのパワーアップ?】

 今年の初頭に導入したクランク式のパワーメーター

201701 パワーメーター 4iiii 開封 

格安の「4iiii(フォーアイ)」、ですが精度は中々らしい

今年絶好調のサガンも使っているらしい!

  (⇒このパワーメーター購入の記事はこちら



しかしパワーメーターを導入したらやったほうが良い事がある

それがFTP測定


別にこれをやらなくても問題は無し

でもトレーニングにパワメを活かしたいならこれは必須


やる頻度は2月に一度くらい

私は購入して半年、先日3回目のFTP測定をしました

今回はエッジ520の「FTP測定」にて計りました


メニューはこんな感じ↓

・20分ウォームアップ
・5分回復走
・5分全力走(無酸素領域でのパワーを20分TTで使えないようにしておく)
・10分回復走
20分タイムトライアル(これが計測の本番です)
・10~15分クールダウン

ほぼホーガン式に準じたモノ


これを頑張った結果、20分TTの数字が241W  

この数字に0.95を掛けたモノがFTPなので今回は約229W 

前回が220wなので、この2か月で9W(4%)の上昇

この数字良いのか悪いのか私にはちっとも分からない?



ただ今年初めてFTPを測った時は212W、その2か月後が220W

そして今回は229W、ここ半年で17W(8%)ほど上がった

するとこのまま頑張れば今年の終わりには250Wいくか?

いや、そうは問屋がおろさないのがFTP値らしい(笑)


でも少しづつとはいえ、パワーが着実に上がっている↓

 201702 筑波もてぎ100キロ 走行中 パワーメーター 

次回の測定は8月の乗鞍ヒルクライム本番前

この時に240Wとはいわないまでも、235Wくらいになるようにしたい

体重60キロまで落とせれば、去年より確実に楽しめるはず


でも最近暑くて夏バテ気味

室内でローラーを回すのがとても辛いんです・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

自転車キャンプ用にリヤバックを購入 【ホムセンにあったモノで十分】

先日旅用MTBの改装をしました

201706 MTB 旅用 ベース車両

ハンドルをドロップからフラットバーへ戻し

それに伴いカゴや小さいリアバックを装着

  (⇒この旅MTBの変更記事はこちら



続いてはこのリヤのキャリアに載せるバック

これはホームセンターに丁度良さげなのがあった

201706 旅用MTB リヤバック1

SK11という、知る人ぞ知る工具メーカーの物

このメーカーはお値段の割りに丈夫なモノを作るので私は好き


今回のこのバックもかなりタフそう↓

201707 旅MTB リヤバック 候補 

収納重量は10キロまで、自転車キャンプなら十分

そして使わない時はコンパクトに折り畳み出来るのが良い


自転車に置いてみるとこんな感じ↓

201707 旅MTB リヤバック 横置き置き 

初めは縦置きに、でも後ろが出っ張りすぎてキャリーに乗らない

なので横に置いたらこれが丁度良い位(幅420mmなのでハンドルと一緒くらい)

中々良いじゃないですか~♪


以前のバックはこんな感じ↓

201407 モンベル ドライバック 幅2   
 
その幅70cm以上、狭い場所のすり抜けにかなり不便だった

うしろから大型車が来た時も結構ドキドキ

今回はその教訓をいかして横幅を抑えてます

   (⇒このキャリーバックを取り付けた記事はこちら



ではこれをどうやって固定するか?

キャンプの場合は頑丈に縛れば良いというモノでは無い

脱着簡単、それでいてしっかり固定されていなくてはならない


ならばまずはこんな風に固定↓

201707 旅MTB リヤバック バンド 固定 

市販のゴムバンド、X型になるモノを使用

これでキャリアに固定します


自転車を振ってみても、しっかりしている

201707 旅MTB リヤバック バンド 固定2 

でも縦方向はいいのですが、横に傾いた時にずり落ちそう

さすがにこのバンドだけで固定するのはちょっと無理があるか・・・



ならばこんなモノを使ってみる↓

201707 旅MTB リヤバック ベルクロ アドベンチャー用 固定  

これバイクのサイドケース上に荷物を固定するためのベルクロ

時速150キロで走っても荷物が落ちない優れモノです


これをキャリーバックの脇にある金具に固定↓

201707 旅MTB リヤバック ベルクロ アドベンチャー用 固定方法1 


もう一方をリヤキャリアーの下にある穴に固定↓

201707 旅MTB リヤバック ベルクロ アドベンチャー用 固定方法2  


これの上下を繋ぐと↓

201707 旅MTB リヤバック ベルクロ アドベンチャー用 固定方法3  

こんな感じでしっかりととまる

長さの調整はベルクロのバックル部分で簡単に調整可能です


さらにこれのよい所はこれ↓

201707 旅MTB リヤバック ベルクロ アドベンチャー用 固定方法4  

真ん中のバックルがあり、すぐに分離することが出来る

なのでキャリーから簡単に着脱可能♪


これにさっきのX型のゴムバンドで固定して完成↓

201707 旅MTB リヤバック バンド 固定 完成  

横にゆすっても全然平気、これで行けそうです♪

それにゴムバントとベルクロなので脱着に3分もかからない



さてリヤのバック、固定はどうにかなった

201707 旅MTB リヤバック 後方から 

あとはこの中に何を入れていくか?

自転車キャンプはその道具の選択が難しい、でもそれがまた楽しい

それはまた次回で (⇒持っていく道具の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【困ったときはSK11で探してみる】
 
工具界の「キャプテンスタッグ(鹿番長)」(笑)

関連記事

自転車キャンプは持っていく物を考えるのが楽しい 【制限があるゆえに不便を楽しむ】

キャンプ用MTBに新たに購入したリヤバック↓

201707 旅MTB リヤバック バンド 固定 完成 

ホムセンで見つけたお安いものですが中々

それに自転車への脱着も簡単で収まりも良い

今回はこの中身、そしてキャンプに持ってい行くものを考えます

  (⇒このリヤバックを取り付けた記事はこちら



まず自転車キャンプ旅行、最低限必要なモノは3つ

テントにシュラフ、それにマット

201707 旅MTB テント シュラフ マット 

マットは無くても良いという方います

でも私はゴツゴツした地面に寝るのはイヤなので常に携行


テントはこれ↓

201406 hubbahubba ハバハバ  完成  
 
MSRの「HUBAU HUBAU(ハバハバ)」

重量は2キロ弱、そして収納寸法が45cmほど

幕とフレームを分ければこのリヤバックにも入る


シュラフは夏用の薄手のもの↓

ナンガのシュラフ 

ナンガのダウンシュラフ

仕舞い寸法は25×15cmくらいで結構小さい


そしてマットはロゴスのウレタン製のモノ↓

201403 ロゴス マット   

かさばるけど重さが圧倒的に軽い(300gくらい?)

それにパタパタと折重ねるだけなので撤収も簡単


まずはテントとシュラフを入れてみる↓

201707 旅MTB リヤバック テント シュラフ 

余裕で入って、これで容量の3分の1弱といったところ

まだまだほかの物が沢山入りそう


ちなみにマットはここに入りません↓

201707 旅MTB リヤバック ロゴス マット 

なので別の場所での携行を考えます



余った場所に他のキャンプ道具も入れていきます

ただしこのバックは防水ではない

なのでまずはこの工具箱に道具をいれる↓

201707 旅MTB 工具箱 キャンプ道具  

ガス2本、SOTOのバーナー

それに細々したキャンプ道具を収納


この工具箱をそのまま入れる↓

201707 旅MTB リヤバック 工具箱 

これでバックの半分ちょっとといった所

まだまだ余裕の収納力


ならばこのクッカーセット↓

201707 旅MTB クッカーセット 


さらに自転車キャンプでは結構ぜいたく品となる椅子↓

201707 旅MTB 椅子


こいつらも入れてしまいます↓

201707 旅MTB リヤバック 椅子 

すっげ~、まだ余裕がある

ならば空いている場所には着替えやタオル等入れていきます

それでほぼ満載、でもこのバック本当に沢山入りますね~



あとはリヤのサイドバックにもこれを収納↓

201707 旅MTB リヤサイドバック 合羽 

右側にはレインウェアを入れます

モンベルのコンパクトな合羽上下を収納


そして左側にはキャンプ場で履く靴↓

201707 旅MTB リヤサイドバック レインカバー シューズ 

あとはバック用のレインカバーを収納

ここなら雨が降ってもすぐに出し入れできる



今度はフロントの積載

まずはかごの中にクーラーボックスとカメラ用のソフトボックス

201707 旅MTB フロント カメラバック 

クーラーボックスは美味しいビールを飲むため

ソフトボックスには地図や細々としたものを入れる予定


その上に先ほど入らなかったマット↓

201707 旅MTB フロント マット 

これをゴムバンドで固定して終了

本当に軽いので邪魔になる事もなく、走行に支障なし



さてこれでほぼ準備は揃いました

201407 自転車 初キャンプツーリング テント ハバハバ 自転車  

あとは一度、近場でお試しキャンプをしてみたい

でもまだ梅雨空が続きそう、なのでもう少し先になりそうですね


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【自転車キャンプで持っていく物】
  
小さくて軽量、あとはお安ければ最高♪

関連記事

タイヤの前後ローテーションはしちゃダメ? 【コンチネンタルGP4000Sの交換】

先日ロードバイクのタイヤの前後入れ替え、

いわゆるローテーションやりました

201707 タイヤ交換 コンチネンタル GP4000S 

タイヤはコンチネンタルの「GSP4000S2」の25C

サイドカットしなければ5000キロ近く走れるタイヤ

ライフがとても長いのでお気に入り です♪



今回は1000キロ(実走700キロ位)で前後入れ替え

ちなみにタイヤの状態はこんな感じ↓

201707 タイヤ交換 コンチネンタル GP4000S  前後比較 

上がリヤ側、下がフロントのタイヤ

やはり後ろ側、リヤタイヤの方が減りが早い

でも1000キロ走ってこの状態、さすがコンチネンタルGP4000 !


パンクは沢山しているので、タイヤ交換は慣れてます

ただチューブがSOYOのラテックス↓

201707 タイヤ交換 コンチネンタル GP4000S ラテックスチューブ 

このチューブの交換は相変わらず気を使います

でも今では100%パンク無しで交換可能♪

  (⇒ラテックスチューブを確実に交換する方法はこちら



ところでタイヤのローテーションですが、

201509 ホイール マビック タイヤ コンチネンタル 25C  

私は前後の減り方を同じ様にするため1000キロ毎くらいに行う

でもこのローテーション、実は賛否両論あるんです


【賛成意見】

後ろだけが極端に減ると危ないので入れ替える

すると前後同じように減っていくので安心感がある


【反対意見】


ブレーキかけてフロント滑ったらアウト!

なのですり減ったリヤをフロントと交換するなんで危険すぎる


この反対意見、たしかに仰る通りだと思う

たしかに減ったタイヤをフロントに入れるのは危ないかも



じゃ、リヤが減ったら前後タイヤはすぐに交換?

それじゃかなり勿体ない気がする


いやいや、その場合新しいタイヤを一本だけ購入

そして新しいモノをフロントへ、フロントのタイヤはリヤへ移す

201705 タイヤ交換 コンチネンタルGP4000 装着  

そしてすり減ったリヤタイヤだけをそのまま廃棄する

たしかにこれなら無駄なく、そして安全かも


しかしさすがのGP4000Sでもこれだと5千キロは使えなさそう

いいとこ3千キロ、私だと3ヶ月に一本の割合・・・


タイヤは消耗品ですが、ロードバイクの物はけっこうお高い

201705 タイヤ交換 コンチネンタルGP4000 SOYO ラテックス 

でも安全は大事

悩むところです・・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【コンチネンタルとラテックスは相性が良い】
 
それに長持ちするので意外とコスパも良いんです♪

関連記事

ローラーの時でもジャージを着ますか? 【黄色で気分が上がります】

先週の土曜日は「赤城日光チャレンジ4000m」↓



240キロ走破して4300m登ってきました(ルートラボより)

いや~、なんか久々に吐きそうなくらい楽しいライドでした(笑)

        (⇒このライドの記事はこちら



しかし今週は雨がち、実走もままならない

でも私には雨の日の強い味方、3本ローラーがある↓



これで結構楽しんでます

ただこう雨が続いて毎日だとちょっと飽きるのも事実

なので色々趣向を凝らしてやっています


人によっては動画をみたり、音楽を聴いたりする

ただ私は動画見ながらとか音楽聞きながらのローラーは苦手


なのでもっぱらこれを使って楽しんでます↓

201706 三本ローラー メトロノーム  

メトロノーム、これで色々速さを変えてやってます

これが結構刺激になって楽しい



ところで私はローラーする時は基本上下ウェアを着用

普段はこのDECOJAの富士山ジャージ↓

201605 サイクルジャージ テコジャ 桜富士   

これを来て朝5:00からローラー


しかしなんとなく体がダルくて、シャキッとしない時がある

そんな時は着るジャージを変えてみます


最近の気分上げ用のジャージはこれ↓

201706 レモンジャージ Newビブショーツ  

レモン牛乳ジャージに、最近仕入れたスポーツフルのビブショーツ

さらにリンタマンを履いて完成

上から下まで黄色が効いていて、朝向き?の恰好


そしてこの姿で朝からおっさんが汗だくでローラーを回す

201611 三本ローラー 100キロ3時間走 リンタマン ローラーと 

想像するだけで楽しいでしょ?(笑)


ちなにみ「風水」でも黄色は楽しくポジティブになれる色らしい

ならば朝、この姿はベストチョイスか?


ところでローラー後はこのジャージも汗だく

その洗濯はどうするか?

もちろん自分でやって干して仕事に行きます!


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事