「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

クラブライドにてDi2の真価が問われる 【意外な場所で力を発揮】

先日クラブライドが埼玉県飯能にてあり

201703 飯能クラブライド 東飯能駅 集合 

倶楽部のISAMさんの肝いりで、総勢11名(お一人様はお見送り)が参加

久々のクラブライド、大賑わいでしたよ~


私は折角なので茨城から自走、往復で距離200キロ

そしてこれが久々の全て公道走行

201703 飯能クラブライド 踏切 春日部 開かず  

しかも埼玉の煩雑な市街地を抜けて走る道200キロ

いや~、遠かった・・・


でも今回は山、そして市街地でDi2をお試し出来た

そして意外なところでDi2が活躍することが判明



まずは山で使うDi2は最高!

といってもヒルクライム中はあまり恩恵はない

201703 飯能クラブライド ヒルクライム中1 

だって私が山を登っているときは一番下かせいぜい二番目のギア

なのでDi2の活躍の場は無い・・・


それよりもダウンヒル、これが最高でした!

Di2用のシフトレバー、シフトチェンジはスイッチ↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ シフター 

なのでレバーが動くのはブレーキ方向のみ

これがダウンヒルの時にはとてもしっかり引けていい


さらにワイヤー式だと、ブレーキとシフトが一緒に動いてしまう事がある

平坦路なら問題ないんですが、下りではちょっと怖い

なので下りの場合はブレーキを確実にかけて、シフトチェンジは後回し

その結果ペダルを踏んだ時に重いギアだったり、軽くて脚が空回りしたりする


しかしDi2ならそんな事が全くない

シフトチェンジはボタン一つなので、いつでも変更可能

 201702 Di2取付 STI シフター

極端な話、ブレーキかけながらでもチェンジ出来る

これ下っているときにはとても安心、そしていつも適正なギアを保てる

とにかくブレーキングに集中できるのが良い

Di2はダウンヒルをより安全に楽しくしてくれる道具♪(私の場合)



さらにDi2の真価はこんな所でも発揮された

それは市街地↓

201703 飯能クラブライド 踏切 春日部 開かず  

信号や踏切といったストップ&ゴーが多い道

この時にDi2の恩恵がとても大きい事が判明


私の場合止まるときはギヤを一番軽いギア近くまで落とす

そしてスタートして徐々にシフトアップ

市街地だとこれを何回も何回も繰り返す

そして今回Di2で走ってみて、ワイヤー式の大変さを痛感


シフトダウン時は力が要らないのであまり変わらない

でもスタート時のシフトアップ、それはワイヤーを曳く行為

201702 カーボンビアンキDi2 リアディレイラー 

これ一回や二回じゃ分からないけど、市街地で繰り返すと結構大変

女性や力の無い方だとかなりの負担になるはず

しかしDi2はスイッチ一つで動いてくれるので楽ちんです♪


何回も信号で止まると、その度にギヤを変えるのが本当に面倒

しかしDi2になるとシフトチェンジがそんなに苦痛じゃなくなる

それどころかチェンジが楽しくなったりもする(笑)


Di2は街乗りも楽しくしてくれる道具かもしれない



ところで今回のクラブライド、

201702  カーボンビアンキDi2 バーテープ巻き 完成 

私はDi2のお披露目もかねて参加

なので皆様の注目を集めるはずと、意気揚々と出かけた


しかし現地に到着してみるとクラブ員のお一人が、

201703 飯能クラブライド デュラエース Di2 

なんと、「デュラエース」のDi2を装着した自転車で参加

しかもまだ100キロほどしか走っていない新車・・・

おかげで私の「アルテグラ」Di2が霞んでしまった(笑)

あとでこのクラブライドの詳細もご報告します!



【追記というか訂正】

これを書き終わった後、ワイヤー式の自転車でローラー

するとワイヤーを曳くのは減速する時だと気付く

なので記事中の「シフトアップ時にワイヤーを曳く」は大間違い

止まる直前の減速時のギヤチェンジが一番力を使います

失礼しました m(_ _)m


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事