「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

登山とヒルクラムですごす乗鞍 【その2 ヒルクライム前日、雨の乗鞍を歩く】

「登山とヒルクラムで過ごす乗鞍」、その2になります

前回は松本で14144さんを車でピックアップ

そして「登山しない?」と誘ったところ、簡単に「OK」と言われてしまった

201608 乗鞍1日目 三本滝 合羽 二人 テープ
なので1日目は雨の乗鞍登山でスタート!

その辺からのお話になります    (⇒ここまでの記事はこちら



しかしこの日は雨、しかも時々強く降る

私は前もって登山靴を用意、しかし14144さんは普通のシューズ

なので今回は山道では無く、舗装路を歩くトレッキングに変更


要するに明日のレースコースを歩いて下見する感じ

雨の中を13キロ登り、帰りはバスで降りてくる予定


しかし「超」のつく晴れ男、14144さんがいるのに雨↓

201608 乗鞍1日目 登山 14144さん 雨模様2 

これはおかしいのではないか?

そう思った方も多いはず


私も不思議に思い、それを14144さんにお尋ねすると

 「今日はまだ本番前、まだその力が発動しない」

とかなんとか、嘘くさい占い師みたいな事言ってました(笑)

でも雨は降っても風は無し、なので意外と楽しく登っていける


三本滝から1キロほど歩いた場所に土嚢が積んである↓

201608 乗鞍1日目 登山 三本滝上 滝 

多分ここが去年のレースの短縮になった原因

ここから多量の水が出て道路が川状態、それで自転車が通行不可能

この日も凄い勢いで水が土嚢にぶつかっていた



そしてテクテクと歩くこと1時間、自転車が我々の脇を通過

しかもリヤにバックを積んだ旅自転車で乗鞍登坂

201608 乗鞍1日目 登山 自転車 旅仕様1 

この雨の中頑張るな~と思って見たらなんと女性!

しかもかなりいいペースで上がっている、凄い・・・


少し先でこの女性が休憩していたのでご挨拶

お話しさせて頂くと、この日は乗鞍を抜け平湯方面に向かうとの事

201608 乗鞍1日目 登山 自転車 旅仕様 女性  

ただ乗鞍スカイライン方面が悪天候で自転車通行禁止

なのでバスで降りなければならないとは言ってました

頑張ってください、そしてお気をつけて・・・



そんな女性をみて元気になった我々、再びテクテクと登り始めます

時々坂道の勾配を見て、明日のレースを考える事もある↓

201608 乗鞍1日目 登山 坂道 勾配 

しかしほぼ明日の事なんか忘れてトレッキングを楽しんでました♪

雨でも舗装路の歩行なので、ペースを守れば全然平気


そして午前10:00、標高2350mの「位ヶ原山荘」に到着

201608 乗鞍1日目 登山 位ヶ原山荘 準備 

ここまで距離8キロを2時間、舗装路とはいえ中々に良いペース


ところでこの山荘では明日のレースの準備中

看板立てたり簡易トイレを設置したりと、スタッフは大忙し

こんな風に準備をしていただけるから、我々が気持ちよく走れる

心の中で感謝しつつ、その横を通過



さらに歩くこと30分、いよいよ森林限界近くへ突入

ここら辺から急に呼吸が苦しくなってくる

201608 乗鞍1日目 登山 森林限界近く 

これは確実に酸素が薄くなってきている証

標高はすでに2500m近く、酸素濃度は地上の75%ほどらしい


これ、明日の「高地順応トレーニング」になっているかも!


でもよくよく考えればレースは明日の早朝

201608 乗鞍1日目 登山 大雪渓 バス停 

なのでその効果は疑問

それより登山による脚へのダメージの方が大きいはず

そんな訳で、「高地順応」のメリットは全く無しとの結論に至る・・・



そしてスタート地点「三本滝」より歩くこと3時間半、

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 記念撮影  

長野と岐阜の県境、「畳平」に到着

舗装路とはいえ13キロ、標高差1000m近くは登りがいがありました

トレッキングはこれで終了、お疲れ様でした~!


そして畳平のレストハウスで休憩&お食事

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 食事 

私はカレー、そして14144さんはおそばをチョイス

病み上がりの14144さんはまだモノがゆっくりしか食べれないらしい

しかしそんな状態で明日は乗鞍レース、その前日に登山


やはりあなたはちょっとおかしい・・・


そんなことを思いながらする食事、最高でした♪



その食事の後、レストランの窓から窓の外を見る↓

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 青空出現 

すると雲の間からなんか青空が見えてきている!

うそ~~~、マジッすか?


それを14144さんに聞くと、

 「そろそろ能力発動の時間です・・」

あいかわらずインチキ占い師みたいなこと言ってる・・・

でも本当に雨がやんで青空も見えてきたのも事実


食事の後はレストハウス横で乗鞍岳を撮影

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 乗鞍岳看板 

いや本当に先ほどの雨はどこに行ったのか?

雲もきれて、乗鞍岳が綺麗に見える・・・

マジでこの人の「晴れ男」能力は凄いのかもしれない


その後も、

 「この雨なら、明日の天気は大丈夫のような気がします・・・」

とか嘘くさい事言ってる14144さん


でも実際に雨は上がり時折青空も見える、そしてその言葉を信じかけてる私

こうやって新しい宗教が生まれていくのかもしれない(笑)



時間は午後12:30少し前

後はバスで下り、レースの受付をして今日は終了のはず


でもせっかく晴れてきた乗鞍だし、受付終了まで時間はたっぷりある

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 下山 

なのでバスで降りるのは中止

また13キロをテクテク歩いて下る事にしました


しかしこの決定が後々の後悔の種に・・・

次回に続きます  

   (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とヒルクラムですごす乗鞍 【その3 登山では下る方がはるかに辛い】

「登山とヒルクラムで過ごす乗鞍」、その3になります


前回は無事乗鞍の「畳平」に到着

201608 乗鞍1日目 登山 畳平 乗鞍岳看板 

それと共に天候も回復して、青空まで見えてきた!

なのでバスで下る予定を変更して自力で下ることにしました


なぜかヒルクライムレースの記事なのにすっかり山登りになってます・・・・

             (⇒ここまでの記事はこちら



14144さんの「晴れ男」っぷりで、すっかり雨の上がった山頂付近

201608 乗鞍1日目 下山 つづら坂 

まだガスはあるモノの、眼下に続くつづら坂が綺麗に見える

なので意気揚々と下山します


ガスが無くなるとm遠くに大雪渓が見える↓

201608 乗鞍1日目 下山 大雪渓 

よ~く見るとこの時期、しかもこの天気でもスキーをやっている方がいる

「どんだけスキーがスキなんだよ・・」と心の中で呟くオヤジ・・・


道路わきににもこんな看板が既に設置済み↓

201608 乗鞍1日目 下山 残り2キロ 看板 

明日のレースの準備もほぼ完了したみたい

こんなモノがあると否が応でも、ヒルクライムレース気分が盛り上がります



最初は楽しく歩いていた下山路

しかし5キロほど降りた頃、脚がかなり張っているのに気づく・・・

 
山登りは上がる時に辛いのは呼吸、そして下る時は筋肉と関節

201608 乗鞍1日目 下山 ime-ji  

頭では分かってはいましたが、ここまでとは思わなかった

これは明日絶対に筋肉痛になる脚の張り方

14144さんにそれを話すと、同じ状況だった事が判明・・・


ヒルクライムレースの前日、自転車以外で筋肉痛になる

笑えない、いや笑うしかない!


ただ途中にバス停が幾つかあるのでいつでも乗車可能態↓

201608 乗鞍1日目 下山休憩所 冷泉 

しかしここまで来たからには、ブログネタ的にそれはあり得ない

なので自力で下山決定~~~!



でもダメージがある脚での下り、本当になんかの修行みたい

行きの道では全然辛そうに見えなかった坂道が↓

201608 乗鞍1日目 下山 急こう配  

なんかとてつもなく凄い坂に見える

登ってきたときの倍くらいの勾配に感じてしまいます

人間、心が折れると見える風景も変わってくるらしい・・・


それでもなんとか出発地点、「三本滝」に到着

201608 乗鞍1日目 下山 三本滝到着  

時間は午後3:00すぎ、下山にかかったのは3時間ほど

26キロの道を休憩入れて7時半、中々に良いペースで歩けました

そして明日は確実に筋肉痛になるダメージを残して終了(笑)


その駐車場にて係りのおじさんに言われました

 「どこ降りてきたの、舗装路?それで正解。だって山道はクマが出てるからね~」


えっ、クマがでるの??

しかも親子熊らしい

それって出会ったらかなりヤバいんじゃないの・・・?


後で登山路を見ると確かにクマ注意の看板があった

201608 乗鞍1日目 登山 クマ注意  

いや、舗装路を歩いて良かった・・・



さてこの後はダメージを抱えた足を庇いつつ着替え

そして車で下りて受付会場へ

201608 乗鞍1日目 下山 受付会場 

時間は午後4:00すぎ、すでに人も少なく結構ガラガラな会場

ここの天気、雲は多めですが雨もほとんど降ってない

これは明日のレース、久々の21キロのフルコース開催になるかも!


受付終了後は今日の宿へ↓

201608 乗鞍1日目 ホテル こまくさ  

迎えてくれたのはTREKさんファミリーに今回初出場のkachiさん

そしてドラゴンローディさんご夫妻もすでに到着済み


遅れた我々もお風呂に入り夕飯、

201608 乗鞍1日目 ホテル 乾杯 

そして再会を祝して乾杯~~~~!

今日の登山や14144さんの晴れ男っぷりを披露して盛り上がる


そして明日はヒルクライムレース本番、早めに就寝

と思いきや、部屋でも宴会して明日のレースの英気を養います

そして明日の天気を気にしつつ、午後9:30過ぎに就寝zzz


山登り編はこれで終了、次回からやっとヒルクライムレース本番!

引っ張ってしまってスミマセン・・・  

    (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とヒルクラムですごす乗鞍 【その4 フルコース開催!そして晴れ男伝説誕生】

「登山とヒルクラムで過ごす乗鞍」、その4になります

ヒルクライム前日、雨の山登りをした14144さんと私

201608 乗鞍1日目 三本滝 合羽 二人 テープ

往復で26キロ、想定以上のダメージを足に負いつつ下山

そして、いよいよ乗鞍ヒルクライム当日になります!

        (⇒ここまでの記事はこちら



朝、午前3:30に起床

そして起きた瞬間に気づきました

  「足が筋肉痛になってる・・・」

想定していたとはいえ、レース当日に筋肉痛

でもモノは考えよう、これでタイムが悪くても言いわけが出来る(笑)


そんな後ろ向きな考えを持ちつつ、朝風呂へ

しかしこれは脚の筋肉痛をほぐすためではありません


実は飲み過ぎた前日のお酒を少しでも抜くため↓

201608 乗鞍1日目 ホテル 乾杯 

朝起きたら頭がボーッとしていて、なんか身体もダルい

レース本番の日、朝からもうダメダメ・・・


それでも風呂に30分も入ればお酒も抜け、足も軽くなってくる

多分そんな気になっているだけ、でもまずは気持ちが大事!


それに嬉しいことがある↓

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース前 朝 天気 

なんと夜から雨が一粒も降っていない!

路面が全く濡れておらず、うっすらと青空まで見えている


ちなみにこれが前日の予報↓

201608 乗鞍HC 天気予報3 雨 

日曜日の昼間はほぼ完全な雨

まさに14144さんのお陰、「晴れ男」伝説の始まりなのか・・・?



そして天気が良ければ、これだけはしておいた方が良い

201608 乗鞍 14144さんのブログより 朝のアップ2 

アップがてら2キロほど坂を上ってきます

これで心拍を170近くまで上げておく、すると本番時がかなり楽

ちなみにこの写真は14144さんのブログから拝借してます


そうそう、朝にはこんな方も到着しましたよ~↓

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース前 yoshiさん到着 

「チーム遊ライド」のメンバー、ヨッシーiさん

茨城から直行して早朝に到着、殆ど寝てないとの話

でもせっかく来た乗鞍、今日は楽しみましょう♪


そして朝食後、準備をしてスタート会場へ

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース前 4台2 

ご一緒した皆さんも雨が降っていないので嬉しそう

それもそのはず、フルコースで走れるのは実に4年ぶりなんです!


そのフルコースがこれ↓

20125 乗鞍コース  

距離20.5キロ、高低差1260m、長野と岐阜の県境「畳平」がゴール

ちなみに前回フルコースだった私の5年前のタイムは1時間34分


その時はクロモリのロードバイクで参加

しかし今回はカーボン、しかもホイールも軽いモノに変更してある

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース前 カーボンビアンキ 

これでタイムが下がったら、前日山登りしていても言い訳が出来ない・・・

なので今回の目標はとりあえず1時間30分を切る事

そんなユルイ決意を胸にレースに臨みます



まず午前7:00、チャンピオンクラスがスタート

号砲ともに全員ダッシュ、あっという間に見えなくなりました

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース チャンピオンクラス 

チャンピオンクラス、速い方は1時間を切ってゴールする

すると平均速度は20キロ以上

勾配6%以上の山道、それの平均が20キロ以上って一体・・・?


それを見送ると次は一般女子

その中にいましたよ~、チャリダー女子部!

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース前 チャリダー女子部2 

ドラゴンローディさんが話しかけると素敵な笑顔で対応してくれました

でもこの方たち、マジ速いんです・・・


そんなことをしつつレース前の時間を過ごしていきます

参加人数が多いのでスタートするのに時間が掛かるんですよ~

ちなみに私はチャンピオンクラスから50分近く後、午前7:54分スタート



そしていよいよ私たちのクラスのスタート

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース1分前2 

レースクイーンのお姉さんが一分前のボードを持って回る

やはりドキドキしてきた


そして号砲一発!

2016年、私の乗鞍ヒルクライムレースが始まります!


いや久々のフルコースは辛い・・・

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース中 

でも楽しかった♪

次回に続きます  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とヒルクラムですごす乗鞍 【その5 5年ぶりのフルコースはキツイ!】

「登山とヒルクラムで過ごす乗鞍」、その5になります

今年は5年ぶりにフルコース開催になった乗鞍

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース1分前2 

いよいよ私たちのクラスのスタートです!

    (⇒ここまでの記事はこちら



号砲と共に一斉にスタート

前の方はダッシュで走っていきますが、私はまずはユルユルと

だって昨日の登山のために足が筋肉痛なんです・・・


それに最初の7キロ「三本滝」までは様子を見た方が良い

ここで飛ばし過ぎると、後半の急坂でエライ目をみます


周りを見るとちょうど同じくらいで走っている方がいる

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース中 

なので後ろに付かせて頂き、最初のペースを作ります

いやこれがとてもありがたかった!


これを何度か繰り返して三本滝を無事に通過

幸い筋肉痛も大したことは無さそう


そしてスタートして30分ほど?で、14144さん発見!

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース 14144さん 通過

14144さんは病み上がり、さらに前日に登山をご一緒している

その割にはかなり快調な感じでペダルを回している

今日の「晴れ」に感謝しつつ、その横を通過



そしてこの先からボチボチ急坂が現れ、それが連続

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース後半 急坂開始 

それと共にペースも愕然と落ちて、息も上がってくる

ここからが乗鞍のフルコースの本領が発揮されます


そして2500mを超え森林限界へ侵入

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース後半 森林限界  

周囲の視界が一気に広がりテンションはアップ

しかし酸素が薄いので呼吸は辛いし、足もそろそろヤバい

でもあと3キロほど、頑張らねば!



ここから先は写真など取る余裕は無し

最後の2キロ地点でタイムを確認、手元の時計では1時間22分ほど

するとあと8分で走らないと、目標の1時間30分は切れない


この急坂2キロを8分で登るのか・・・


もうここからはダッシュ!

してるつもりなんですが勾配はキツいし、なにより酸素が足りない

脚が回らず、全然ペースが上がらない・・・


それでもなんとかゴール~~~!!!


手元の時計では微妙に1時間30分を切れたかな?といった所

帰りにタイム付きの完走証が貰えるのでそれを楽しみにします


さてその頂上、快晴というわけにはいかないモノの、

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム ゴール後 表情  

風も無く、中々の良い天気

ゴールした人も私を含めてそれぞれ満足そうな顔♪


そんな中チャリダー部隊を発見

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース後 チャリダー   

ゴール後の撮影をしていましたがこれはTVの放映を楽しみにしましょう


頂上の気温は10℃ほど、朝預けておいたジャージを着て下山

そしてこの下り道がご褒美なんです

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 大雪渓 下り中 テープ

こんな景色を拝みつつ、20キロ以上下る

登りの達成感と共にまさに至福の時間


次回、最終回です  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

登山とヒルクラムですごす乗鞍 【最終回 またここに戻ると誓って散会する】

登山とヒルクライムで過ごす乗鞍、その最終回です

今年2016年の乗鞍はフルコース開催、それを何とか完走

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム ゴール後 表情 テープ 

ただ目標のタイムは切れたかどうか微妙なところ

なにはともあれ、ご褒美の下山タイムを満喫します

         (⇒ここまでの記事はこちら



ヒルクライム、実は私はあまり好きじゃありません

しかし登った達成感、それに下山のご褒美があるので止められない


それが乗鞍、3000mクラスの山ならなおさら

だってこんな景色を見ながら1時間近くも下れる

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 下山風景3  

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 下山風景4  

日本中を走ったって、こんな景色は中々ない

何処を見ても絵になる風景、なので写真を撮りつつゆっくり下ります


大雪渓も綺麗に見える

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 大雪渓 下り中 

昨日の雨予報が本当にウソみたいな天気

14144さんに感謝!


ただし登った後の下りは注意力が落ちて落車もしやすい

スピードにはかなり注意して下山します


ビアンキを道路脇に置いて撮影↓

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム レース後 ビアンキ  

この自転車では初めて乗鞍フルコース完走

お疲れ様でした!



そして下山、午前11:00前にはスタート会場へ到着

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 会場 混雑  

完走証を貰おうと思ったのですが、その前は人と自転車で一杯

なのでいったんホテルに戻って自転車を片付け、ひとっ風呂浴びる

ああ、至福の時間・・・


そして自分の健闘を称えコーラで乾杯!

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 コーラ乾杯 

昨日の登山そして今日のヒルクライム、頑張ったな私!

でも昨日の登山は別に要らないかも(笑)


ほどなく他の皆さんも続々到着

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 ホテル前 

そしてお互いの健闘を称えあいます

本当にお疲れ様でした~~~~!!!



そのあとは再びスタート会場へ

完走証、そして気になるゴールタイムを頂きに参ります

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 完走証 タイム 

結果は1時間30分2秒、目標の30分切りにわずか2秒足りなかった


ああっ、あと2秒


昨日登山しなければ・・・

レース中に写真撮らなければ・・・

あの坂でもう少し頑張れれば・・・


そんなことが頭に浮かんでは消えます

しかし色々楽しんだからこそ、このタイムが出たのかも

楽しかった、それが一番♪


帰りは会場を回りお買い物↓

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 会場 お買い物 

Tシャツやタオルなんかをお買いあげ

去年の型落ちモノのセールもやっていて、結構お買い得感もある


そして空を見上げるといい天気

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 会場 青空  

やはり青空の乗鞍ヒルクライムは気持ち良い

そんな事を思いつつ、来年走る事を誓って皆さんとお別れします



私は車で14144さんを駅までお送りします

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 14144さん 送迎 

今回はこの方のお陰でフルコースが開催されたようなモノ

失礼があったら罰が当たるので、車で丁重にお送りします(笑)

またご一緒することを約束してお別れします


そして茨城へ向けて私も帰還

しかし14144さんと別れて1時間ほど走ると、

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 帰り 雨  

黒い雲が広がり、雨が降り出した

マジッすか・・・?

まさに14144マジック!



さて今回の乗鞍は本当に楽しかった

4年ぶりにフルコース開催され、天気も上々のレース↓

201608 乗鞍2日目 ヒルクライム 終了 乗鞍とビアンキ テープ

やはり乗鞍は天気が良いと最高ですね♪


ご一緒したTREKさん、Kachiさん、14144さん

そしてドラゴンローディさんにヨッシーさん、本当にありがとうございました


これで乗鞍記事は終了

ここまでお付き合いいただき感謝です!m(_ _)m

  (⇒2016年の乗鞍ヒルクライム、最初の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事