「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

筑波山で朝日を拝もう! 【今季初の氷点下走行】

先週は仕事が結構忙しかった

なので土曜日の夜、有る決意を胸に就寝


「明日は筑波山の上から日の出を拝む!」





そして明けて日曜日、自宅を朝5:00に出発

201511 筑波十三塚アタック 朝 ナイトラン ライト   

この時期、この時間だとまだ真っ暗

なので久々に1200ルーメン中華製ライトを装備


ところで筑波山の日の出スポットまでは約45キロ

夜間走行、しかも最後は平均勾配7%の登りが7キロもある


そして日の出は今頃だと午前6:30前後

  
さすがに1時間半で45キロは無理がある・・・


なのでスタートした時点でもう「日の出」は諦めモード(笑)


でも久々のナイトラン、

201511 筑波十三塚アタック 朝 ナイトラン  

吐く息が白い、冬の朝のライドを楽しみつつ走行




出発して1時間、時間は午前6:00

既に明るくなった中、

201511 筑波十三塚アタック 鬼怒川 筑波山   

あの筑波山を目指してひた走ります


ところでこの日は今季一番の冷え込み

道路の温度表示を見ると↓

201511 筑波十三塚アタック 朝 気温1℃   

既に1℃まで下がってます

しかしまだ太陽が出るまで30分ある

なので今日は氷点下が期待できるかもしれませんね~




そしてそれから走る事30分

201511 筑波十三塚アタック 朝 気温 氷点下   

やはり来ました、マイナス1.8℃

今季初の氷点下ゲット~~~!!!



しかしもう時間は6:30過ぎ

筑波山を見ると↓

 201511 筑波十三塚アタック 筑波山 朝日 2 

山の向こうでは朝日が出ている模様・・・


なのでここからは予定変更

「日の出」ではなく、「朝の太陽」を拝む事にします(笑)




ところで気温、氷点下ですが走っていれば寒くない

逆に登りなんかでは汗をかかないようにペースダウン

この気温でのロング、汗をかくと逆に冷えるので注意が必要


途中写真とりながらユルユルと走ってきたので、

201511 筑波十三塚アタック 筑波山 山麓 2  

結局筑波山麓についたのは午前7:00

上曽峠から、目的地の「ハングライダー発着場」へ向かいます


ところで上曽峠、ここの登りはキツイので有名




平均8%以上の道を約4キロほど走ります

この上曽峠を登るのは久しぶりですが、やっぱりキツイ・・・


それでも何とか足を点かずに分岐点↓

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 林道入り口  

キノコ山への林道入口へ到着

しかしここからまだ3キロ、まだまだ8%以上の登りが続く道


朝から、なんでこんなヒルクライムしているんだろう・・・・?


いやいや、そんな事は考えちゃいけない!




そして予定より遅れる事1時間以上、午前7:50分

201511 筑波十三塚アタック キノコ山  到着   

やっとハングライダー発着場へ到着

もちろん朝日はすっかり上がってます(笑)


それでも朝のこの場所は素敵です

天空の大パノラマの景色を独り占め


ここからハングライダーが飛び立ちます↓

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 パラグライダー 発着場   

こんな場所から皆さん飛び立つのですね・・・

凄い・・・


せっかくなので、ここにビアンキを置いて記念撮影

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 パラグライダー 発着場 ビアンキ  

自転車が倒れて向こう側に落ちたら、絶対に回収不能

ドキドキで撮影しました(笑)




さて第一の目的を無事に達成?した私

一度下って、次の目的地に向かいます


次はここ↓

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 頂上   

激坂の証しであるコンクリート舗装、通称「十三塚」


特に最後のコンクリ区間が凶悪

距離は1キロ弱ですが平均勾配17%、そして最大勾配は27%近く


自転車で訪れるのは今回が2回目

しかし真剣にチャレンジするのは今回が初めてになります


さてどうなるか・・・?


その話は次回にさせてください・・・



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

筑波山で朝日を拝もう! 【これが激坂というやつか・・・】

筑波山にて朝日を拝もう、その2になります

前回は日の出は拝めなかったものの、

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 パラグライダー 発着場 ビアンキ  

キノコ山の発着場で朝日を拝み、記念撮影

そして念願の今シーズン初氷点下走行も出来ました!


そのキノコ山を一度降りて、次の目的に向かいます

           (⇒ここまでの記事はこちら




その下りの時の山の様子

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 落ち葉  

木々の葉もすっかり落ちて、冬の気配

これで今年の筑波山、この方面は走り納めでしょう


遠くに見える八郷の街↓

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 落ち葉 八郷方面   

いまからあの場所まで下ります


一気に山を下って山麓のフルーツラインへ突入

気温も氷点下からグングン上がって8℃ほど

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 八郷方面から  

あの山の上をさっきまで延々と走っていました


それにしても今日は良い天気、しかもほぼ無風

太陽の下走っていると、汗ばむくらいで良い気持ち♪


こんな里山にて田んぼの風景を見ながら↓

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 八郷方面 田んぼ   

次の目的地へ向けてひた走り

時間はまだ午前9:00




コンビニで補給&休憩をはさみ、走る事1時間ほど


いよいよやって来ました、今日の第二の目的地↓

 201511 筑波十三塚アタック 十三塚 様子4   

通称「十三塚」と言われる激坂

ここ平均勾配10%以上、そんな登りが3.5キロほど続く道


特に凶悪なのが、最後の1キロ弱の区間

平均勾配17%、そして最大斜度25%を超える登り


ここに来るのは2年ぶり、前回は途中で断念
 

さて今回はどうなるか・・・?


しかしこの道、下から登って行くと妙な錯覚に襲われます

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 様子5    

写真では分かりにくいんのですが、塀が水平に見えない

そのまま道路にめり込んでいく感じがする


じっと見ているとフラフラしてきます・・・


そんな道を登って行くと、やがて民家も無くなる

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 パノラマ  

振り向けばこんな風景、しかしもうヘロヘロでよく見えない

それでもエッチラオッチラ登ります




そして今回最大の修行場所に到着↓

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 激坂区間 コンクリ舗装  

そう、これが激坂の証し「コンクリート舗装!」

ここまでだって平均10%近い登りで辛かった

しかしこれ以後は別世界・・・


そしてここからは足付き無しで登る事を決意!

なので写真はありません


まず走り出しから既に勾配15%を超えている
      
でもこの位ならその辺にある坂と一緒、まだまだいける


しかしここからさらに勾配が増すんです・・・



途中でガーミンの勾配計を見ると20%超えてる

まだ登るだけならギリギリ行ける斜度

でも腕に力を入れてハンドルを引き付けた瞬間、フロントタイヤが浮く

それを抑えるために立ち漕ぎ、それでもフロントが浮いてバランスを崩す


落車しそうで怖い・・・




さらにこの道、かなり狭いのに割とクルマが通る

この時も私の後ろかから1台来ました

でも私の様子を見て、抜くに抜けず後ろにピタッと付いてくる


それがまたプレッシャー・・・




なんとか勾配のユルイ所(それでも18%とか)で手で合図

先に行って貰います   


そして再び勾配は20%超え、でもガーミンの斜度計なんて見る余裕なし

もう脚はプルプル、手はガクガク

少しでも気を抜くと、フロント浮いて落車しそうになる


何だこの辛さは・・・



これは以前にバイクで行った時に撮ったモノ↓

2011 12 十三塚 頂上手前 雪 4

バイクでさえ登るのにしんどい道

自転車を放り投げて、もう止めたいくらいにツラい坂


しかしそこは漢(オトコ)!


あの先のカーブまで、あの曲がり角までと決めて少しずつ距離を伸ばします

でもこの時の事、なんか曖昧で記憶が飛んでいる・・・




そしてフラフラしつつも「十三塚」の頂上へ!

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 頂上   

やった~~~~!!!

いや感無量、というか何も考えら無いくらいにボロボロに


しかし、なんだろうこの達成感・・・


距離1キロ弱、たった8分ほどの時間なのに、

乗鞍のレースで20キロ登ったと同じくらいの達成感があります(笑)


ところでこの頂上はよく通る「風返し峠」に通じる道↓

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 制覇 風返し峠  

しかし「十三塚」を制覇した後ではまた違って見えます

いや、頑張ったな私!


そしてこの最後の距離測定地点にて↓

201511 筑波十三塚アタック 十三塚 制覇 影絵  

嬉しさを「万歳影絵」で表現してみました

しかし十三塚って下からでも3.5キロも無いのか・・・




その後は山頂「つつじが丘」に登る気力は無し

吊りそうな脚をかかえて50キロの家路につきます

そして午後12:00前に帰宅


これが今回の概要です↓

201511 筑波十三塚アタック 概要 

距離120キロ、獲得標高1500m弱とこれだけ見れば普通


でも今シーズン初の氷点下走行をゲット!

なにより「十三塚」のコンクリ舗装路を制覇できたのが嬉しい


この坂は埼玉の「子の権現」に匹敵すると言われる激坂らしい



これが最後のコンクリ区間のルート

平均勾配18%、最大斜度は27%近く、そして距離はたった700m(笑)

興味のある方はどうぞ


私はあの坂、しばらく見たくもないです・・・

それに次に行くときは乙女ギアを装着します(笑)


以上氷点下&激坂ライドでした

長文お付き合いくださり感謝です!



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ
      

関連記事

今年はストーブが高騰中 【スノーピークのせいか・・・】

今年も既に12月、ガレージも冬支度

20151126 石油トーブ アラジン 2大  

アラジンを2台用して寒さに備えます


しかし厳冬期にはアラジンは心もとない

寒くなったらこれが一番↓

201504 ストーブ ニッセン SW-6 比較  

日本船燈(ニッセン)のラッキョウストーブ

これ普通のストーブの2倍の熱量を誇る、暖かいストーブです 

               (⇒このストーブの記事はこちら



 
ところで石油ストーブ、去年は買い込みました↓

201504  灯油ストーブ 7台 メンテ 点火 SW-3 

一時は全部で9台を超えるまでに

しかしさすがに置き場所が無く、泣く泣く嫁に出して現在は6台

少しスペースが空いたので、新たなストーブを購入しようかな~なんて(笑)


ならばヤフオクか!

201509 ヤフオク ロゴ  

でもねちょっとみたら、なんか高い・・・

今までなら1000円位のモノが、今年は5000円出しても落札出来ない




そんな中でも特に高くなったのがこれ↓

201312 トヨトミ レインボー  

トヨトミの「レインボータイプ」のストーブ

これが昨年の倍以上の価格で落札されている・・・


これはきっとこのストーブのせい↓

201509 石油ストーブ スノーピーク レインボー イメージ  

スノーピークで出したレインボーストーブ

このおかげでレインボーストーブの知名度がアップ

なので価格が急騰しているのでしょう


恐るべし、スノーピーク効果・・・


「今年はレインボー1台買おうかな~」と思っていた私

しかしこの値段では手が出ない




ところでこのレインボータイプは対流型と言われるもの

幕内は暖かくなりますが、直接の暖かさはあまり感じられないストーブ


なのでソロ~2人位なら

 201410 灯油ストーブトヨクニ レオペット 空焚き  

こんな感じの反射式のほうが圧倒的にお勧めです

持ち運びもコンパクトですし、正面に座ればかなり暖かい

こちらも若干上がってますが、レインボーほどでもありませんしね


 しかし今年はストーブが熱い


でも私の場合、お安いのをメンテして使うのが楽しいんです・・・



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

タイヤよりチューブ交換の方が大変・・・ 【ラテックスチューブ】

10月に購入したマビックのホイール

201509 ホイール マビック ハブ フロント  

キシリウム125


その走行距離が1000キロほどになりました

なのでマビック規定、1000キロごとのハブのメンテナンスを実行 




しかしどうせホイールを外すなら、タイヤも入れ替えましょう!


自転車、特にロードのタイヤはリヤの方が減り方が断然速い

201512 ロードバイク タイヤ スリップサイン フロント  201512 ロードバイク タイヤ スリップサイン リア  

左がフロント、そして右がリア

フロントは真ん中のヒゲが残っているのに、リアは結構ツルツルに

前後の入れ替えをマメにしておけば、持ちがかなり長くなる


ちなみにタイヤはコンチネンタルの「GP4000S2」

201512 ロードバイク タイヤ コンチネンタル 25C  

ロードタイヤとしては定番商品


しかし乗り味が硬い・・・


その改善のため、「SOYO」ラテックスチューブを装着

しかしこのチューブ交換がかなり気を遣う作業

201505 ラテックスチューブ SOYO 重量   

このチューブ、タイヤ交換時にリムに噛んだら一発でダメになる


そしてお値段が一本2700円

なのでやっちまったら、懐へのダメージがでかい・・・




ところでこのチューブ交換時はこの専用のパウダーを使います↓

201505 ラテックスチューブ 色と粉 4 

白い粉を手に付けて、チューブを撫でるようにつけていく


この作業がまたかなり面倒くさい


しかし最近楽な方法を発見!

スーパーのビニール袋にパウダーを入れて、

201512 ロードバイク チューブ SOYO 粉 袋1  

その中にチューブをぶち込む


あとは10回ほどシェイク!



すると綺麗に粉にまぶされた↓

201512 ロードバイク チューブ SOYO 粉 袋2  

チューブが出現します

ちなみにこの袋はそのまま保管、次回のタイヤ交換時に使います




この粉をまぶしたチューブをホイルに装着

201512 ロードバイク タイヤ交換 チューブ soyo 粉まみれ1  

この時はチューブとリムが噛まないように注意

何回かに分けて少しずつ空気を入れて、入念にチェックします


なにせ一本2700円のチューブ、ここでダメにしたら痛い・・・


そして空気を入れて前後のタイヤを入れ替えが完了!

201512 ロードバイク タイヤ交換 完了  

のはずなんですが・・・

実はこの装着時にホイールが粉まみれになるんです


せっかくのエクザリットのブラックリムが真っ白↓

201512 ロードバイク タイヤ交換 ホイル 粉まみれ2  

しかもこのパウダー、小麦粉みたいに細かい粉

なので水で洗ったくらいじゃ落ちない・・・



なのでこれを綺麗にするのがまた面倒な作業・・・




ホイールを磨いたら、いよいよハブのメンテ

201512 ロードバイク マビック ハブ メンテ   

今回で2回目の作業になります

でもそれは次回で



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事

本当に1000キロ毎のメンテは必要か?【マビックのホイール】

前回はタイヤ交換&チューブ交換

201512 ロードバイク タイヤ交換 完了  

お高いチューブ、ラテックスも無事に装着完了

そしていよいよマビックホイール、ハブのメンテナンスします

   (⇒ラテックスチューブ交換の記事はこちら




 ちなみに私のは記念ホイール「キシリウム125」

201509 ホイール マビック ビアンキ ホイール装着 色2

購入時にハブメンテは一回やっているので、勝手は分かってます

それにマビックのこのホイールはメンテが本当に簡単


ただ専用レンチは有ったほうがいい

201509 ホイール マビック ハブ フロント レンチ  

これとヘキサレンチがあれば簡単に分解出来ます

それにオイルだけは純正品を使った方が安心という話です

       (⇒以前のホイールメンテナンス記事はこちら




ハブを分解する過程は以前も書いているので省略

気になる1000キロ走行後のハブの様子を観察


果たしてその汚れ、どうなっているか?


フロントの軸↓

201512 ロードバイク マビック ハブ メンテ フロント 軸  

ちょっと黒いけどまだまだ綺麗


リヤのフリーと軸の部分↓

201512 ロードバイク マビック ハブ メンテ リヤ 軸  

こっちの方が若干汚れている感じ


これで実走500キロ、ローラー500キロほど

雨での走行は全く無し

なので実走のみなら1000キロに一回はやったほうが良さそうです


それにメンテを行うとラチェット音がとても静かになります





その後外したスプロケットも掃除、洗浄

201512 ロードバイク マビック ハブ メンテ スプロケ  

灯油に付けて、その後ディクリーザーで洗浄います


ピカピカなスプロケ、見ているだけでで気持ちいいですね~♪

これを取り付けて完了


それにしてもマビックのホイールのメンテ性の素晴らしい

201512 ロードバイク タイヤ交換 完了  
 
1000キロだと私の場合1ヶ月半~2ヶ月くらい

でもこのくらいのメンテなら全然余裕です


ところでこのホイールはエクザリットブレーキ仕様

噂では消しゴムをヤスリに掛けるように減るというシロモノ・・・


そのシューの減り具合がこれ↓

201512 ロードバイク マビック ブレーキ シュー フロント   201512 ロードバイク マビック ブレーキ シュー リヤ2    

左がフロント側、そして右がリヤ側の様子

世間で言われているほど激減りはしていない様子


そしてアタリですが、実走が500キロにしてやっと出てきた感じ


でもまだまだ止まる瞬間は女子の悲鳴、

もしくは壊れたママチャリのブレーキみたいな凄い音がします・・・




さてこれでホイール&タイヤのメンテ終了

またこの自転車、ビアンキ「INFINITO CV」で↓

201511 筑波十三塚アタック キノコ山 落ち葉  

また楽しく遊べます♪


なので今日も走りに行って来ま~す!



 
―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

関連記事