「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

足りない獲得標高【月間8000m!】

先週末は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」開催

201508 乗鞍ヒルクライム スタート場所2  

いわゆる乗鞍ヒルクライムレースに参加


21キロ、1400mを登るコースでしたが悪天候のため変更

7キロで350mほどを登るコースに短縮


非常に残念・・・




しかしこのコース短縮で残念な事がもう一つ


先月は月間8000mを登る事が目標

なので8月は筑波山を登ったり降りたりを繰り返し、

201508 筑波山 ヒルクライム つつじヶ丘 記念写真 ガマ  


さらには伊豆、家族旅行ついでに走ったりして、

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠    

この乗鞍ヒルクライムまでに6500mほどゲット

そして乗鞍ヒルクライムでちょうど8000m!と、意気込んでました


しかし当日にコース短縮

201508 乗鞍ヒルクライム 雨の様子 雨宿り 

そのため前日の試走いれても登ったのは750m


なので先月は全部で7000mを少し超えただけの獲得標高

う~ん、残念・・・




ならば今月か!とも思ったのですが

そろそろマラソンにも力をいれたい


だって11月には地元にて↓

 201411 将門マラソン デビルマン スーパーマリオ 忍者   

こんな人たちが参加するマラソン大会あり

こちらを頑張らねば!


なので月間8000m、これは来年になりそう・・・



↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 


関連記事

家族旅行は自転車で!【伊豆の素晴らしさを再確認】

乗鞍ヒルクライム前の週、

伊豆にて家族旅行&ヒルクライムの第3回になります


前回は念願の天城越え達成!

201508 伊豆 ヒルクライム 天城トンネル 記念写真1   

さらに旧トンネルを自転車で走り抜けていきます

ここ、何か「出る」と噂が絶えない場所


そんな事も知らずに↓

201508 伊豆 ヒルクライム 天城トンネル 記念写真3  

トンネル内で撮影もしてしまった私

多分何も写っていないはず・・・


とにかく無事通過、次なる目的を目指します

     (⇒ここまでの記事はこちら




さて次の目的はここ↓

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 看板    

「仁科峠」、標高は897m

天城から一度降りて標高170mの地点からスタート


峠までの14キロはひたすら登り

でも最初の10キロは勾配は4~5%程度なので割と楽

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 川沿い  

しかも川沿いを走るので中々に気持ち良く走れます


でも10キロを過ぎたあたりから徐々に勾配がキツくなる

特に最後の1キロは10%を超えが続く道

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 斜度11 

ゼーハー言いながら、峠の上を目指します


 

しかしその辛さもこれを見れば吹っ飛びます!

目の前に広がる大パノラマ!

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 パノラマ2  

素晴らしい!

この峠はバイクで何回も来ている場所

でもやはり自分の脚、自転車で登った峠は格別です!


そして峠に到着

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 到着  

ここまで14キロ標高差720m、休まず登れました

やった~~~、やっと休憩できる・・・


休憩がてら峠の標識も撮影↓

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠  

「仁科峠」制覇!




さてここから西伊豆方面へ下るルートは二つ


一つは宇久寿川沿いに降りて「黄金崎」へ、そこから海岸線を走って松崎へ

もう一つは仁科川沿いに降りて、直接松崎へ行くルート


ここまで来たら下りなので、どっちでもいいや~と思い前者を選択

そしたらこっちは凄まじい勾配のルート

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 海への道  

この先に見える海岸線までの9キロを一気に下りる道

平均勾配は10%近く
 
この道下っている最中、ずーっとブレーキかけっぱなし・・・


海岸まで下り、ホッと一息

あとは海沿いの平坦な道を想像していた私


しかしこの先5キロはアップダウンの連続

201508 伊豆 ヒルクライム 黄金崎 海  

海岸沿いでもちっとも休めない道・・・

選択を誤った




そんな事を思いつつ走っていると、後ろでクラクション

狭い道だったので、追い越し出来ない車が鳴らしているのか?


さらに路肩に寄って走っていると、再びクラクション


「なに~~~!、この広さで横を抜けない???」

と思いつつ横を見ると、なんか見たことある方がいる↓

201508 伊豆 ヒルクライム 黄金崎 オーシさん  

なんとチームメイトのオーシさん!

家族旅行で伊豆来訪中(笑)


車で走っていたオーシさん、たまたまチームジャージを着ている私を発見

Uターンして追いかけて下さったみたい


ありがとうございます!

海沿いのアップダウンで萎えきった気持ち、これで復活しました!


しかしチーム錬でも中々会えないオーシさん
 
2010408 チーム錬 不動峠  

まさかこんな所で会えるとは!(笑)

涼しくなったらまた練習御一緒しましょうね~


お陰で気分もリフレッシュ

なので景色の良い場所で海を背景にビアンキ撮影

201508 伊豆 ヒルクライム 黄金崎 記念写真2  

台風が来ているとの話ですが、西伊豆はまだ影響無し




松崎からは再び山間部へ

そこにて再びヒルクライム

201508 伊豆 ヒルクライム 婆娑羅トンネル   

250m程の小さい峠超え、その名も「婆娑羅(バサラ)トンネル」

ですが脚が売り切れ寸前の私、もう限界に近い・・・


それでも何とか登り切って再び下田の町へ

201508 伊豆 ヒルクライム 下田 浸入 

ここからホテルまでは本当に下りのみ

ああ、やっと登りが終わった・・・


そしてホテル前に到着したのが

201508 伊豆 ヒルクライム 下田 ホテル前  

午後の3:30過ぎ

伊豆のヒルクライム、これにて終了~~~!


じゃないんですよ・・・・

ホテル前の道、ここが凄い斜面

201508 伊豆 ヒルクライム 下田 ホテル前 斜度  

これホテル前を自転車で登っている時のガーミンの画像

なんと14%表示、しかもさらにここから18%まで上昇


実はこれが今日の最高斜度

まさかホテル前300mが今日のメインとは思わなかった・・・


でもこれで本当に伊豆ヒルクライム終了~~~!




この日のデータです↓

201508 伊豆 ヒルクライム 概要 

距離113キロ、そして獲得標高は2038m

中々に頑張りました


今回の伊豆、バイクでは何回も来ている場所

しかしロードバイクでは初めて

そして感じたのは海と山、そして川の宝庫ですね~

201508 伊豆 ヒルクライム 仁科峠 イメージ  

それだけに舐めてるとかなり大変なことになりそう・・・

心して掛からないと痛い目に合う、そんな場所ですね


そしてこの次の週、乗鞍ヒルクライムに参加

その乗鞍はご存じの通り雨、そして短縮コース

201508 乗鞍ヒルクライム レースクイーン スタート前  

こちらも後日ご報告します・・・

   (⇒この記事のルート、そして最初の記事はこちら


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 

関連記事

新たなランタン入手 【これが欲しかった・・・】

もう1月以上前の話ですが、7月海の日にキャンプ

おなじみの陣馬形山↓

201507 陣馬形山 1日目 宴会 人  

2泊3日、楽しい時間を過ごせました

御一緒なされた皆様、ありがとうございます

  (⇒この陣馬形山キャンプの記事はこちら




ところでそのキャンプの時、

mikkieさんから渡されたものが有ります

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス  

ヴェイパラックスケロシンランタン

格安でお譲りして頂きました~!


いや~、以前から欲しかったヴェイパラックス

こんな形で手に入るとは思いませんでした


マントルも一緒に頂いてます

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス マントル  

ヴェイパラックス、このキャプスタのマントルが合うそうです

点灯が楽しみ♪


と思っていたのですが、

今年は梅雨明けから異常な暑さ

201507 陣馬形山 2日目 ヒルクライム 太陽  

なのでケロシンランタンを点灯させる気力無し・・・




しかしここに来て涼しい日が続き、やっと気力復活

ケロシンランタン、点灯させます!


まずタンクに8分ほど灯油を入れ、

そして新たなマントルを装着↓

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス  トップフード   

この上部の蓋、トップフードの下に装着します

使うのは先ほどのキャプスタマントル、上下に穴が有るタイプ


あとは下のカップにアルコールを入れて、余熱

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス マントル カラ焼き2  

この余熱がてら、マントルを一緒に焼きます

この瞬間が楽しんですよ~


たっぷり2分ほど余熱

そしてポンピングを数回すると↓

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス マントル カラ焼き  

マントルに点火

その後30回くらいポンピング


すると光が安定して

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス 点火  

無事に点灯

ベイパラックス、点灯は本当に簡単です




しかし今月はキャンプの予定が無い私

このベイパラックス、使うのは何時になるか・・・?

201509 ケロシンランタン ヴェイパラックス 点火2  

しばらくはガレージで点灯させる事になりそう

でも秋の夜長にケロシンランタン、それはそれでワクワクします♪

mikkieさん、ありがとう~~~!

   (⇒mikkieさんのブログはこちら



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!



ケロシンランタンはちょっと手間がかかる
  
でも慣れるとそれが楽しい・・・

関連記事

乗鞍ヒルクライム1 前日受付【NHKチャリダーと共に】

8月の最後の週末は乗鞍ヒルクライムへ参加!

去年はバイクにて自転車をトランポ↓

201409 乗鞍HC 自転車積載 チームジャージ1  

私のバイクR1200GS-Aに積載して乗鞍入り

これはこれで楽しかった(笑)


しかし今年はかなりな確立で雨予報

なので車でユルユルと行きました

201508 乗鞍ヒルクライム 車参加 

実はこの乗鞍ヒルクライム、受付が前日のみしかできません

なのでレースの前の日、土曜日に出発です




朝5:00に自宅を出発

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 高速 インター  

予報通り降ったりやんだりの天気の中、高速へ

う~ん、明日の天気が心配・・・


その雨の高速でR1200GSの新型を発見↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 高速 R1200GS  

その後もやけにBMWのバイクを乗っている方を見かけました

そうか!今日はBMWの大集会が有る日

なので皆さん白馬を目指して走行中


真夏に気温18℃、そして雨の高速を走る

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 高速 R1200GS 気温  

さすがBMW、というよりBMW乗り

雨風は関係なく平気で走っていきますね~

私もバイクで来れば良かったかな?




そして高速&下道で走る事6時間

午前11:00少し前、乗鞍の受付会場に到着

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 幟  

でも受付は午後の1:00から

まだ時間はたっぷりあるのでもう少し車で登る事にします


そしてCP1(チェックポイント)のある三本滝へ到着

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 三本滝 

ここはショートコースのゴール、スタート地点から7キロ

標高は1800m、そして気温は14℃

8月なのにこの気温、涼しい~~~!


とりあえず車から降りて、近くを散策

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 三本滝 試走禁止 看板  

やはりレース参加者の試走はダメみたい

あわよくば登ってしまおうと思っていたのですが、残念・・・


しかしその看板の向こう、何か動物と戯れている人がいる


ネコかな?と思いきや、

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 三本滝 子ダヌキ  

タヌキ!

しかも子ダヌキが4匹!!!


餌をあげている訳でもないのに人の近くにくる↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 三本滝 子ダヌキ2  

可愛い~~~

けど、こんなに慣れてしまってこのタヌキの野生は大丈夫?


ところでこのCP1、明日は全ての人のゴールになってしまいます

神様では無い私、この時点ではそんな事知る由も無し・・・




そんな事をしていて1時間経過、時間は午後12:00近く

なのでぼちぼち会場に向かいます


車は今日泊まるホテルにお断りして停めて頂きます

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 こまくさホテル  

去年も宿泊した「こまくさホテル」

スタート会場から週百メートルという近場にあるホテル

すでにたくさんのローディーさんが到着済み


幸い雨も止んだので、歩いて受付会場へ

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 GOKISO  

まだ受付を開始していないので人はまばら

それでも人気ショップのテントの前は人だかり


そうそう、こんな方も来てました↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 チャリダー  

NHKで放映中の「チャリダー」の撮影隊

例の「坂バカ」猪野さんも、今回乗鞍を走られるみたい

頑張りましょう!




そしてもうすぐ受け付け時間の午後1:00

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 受付  

並んで受付、参加証と記念品を頂きます

そして再びホテルへ戻ります


その途中の道路脇にて発見↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 坂バカチャレンジ 道標  

「坂馬鹿チャレンジ」のスタート標識

あれ?こんなの去年あったかな~?

とにかくここが明日の出発地点になります


ホテルに着くと、ちょうどこの方達も到着

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 TREKさん 到着  

TREKさんファミリー!

昨年に続いて今回も御一緒させて頂きます

それにしても相変わらず中の良いご家族ですね~




ここで私はちょっと試走へ

先程の三本滝手前までなら走れるみたい

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 試走 自転車  

なので15キロ程登ったり下ったりして一汗かけました


すると今回参加するチームメイト、

ドラゴンローディさんから今会場に着いたとのTELあり


なので再び受付会場へ、そして合流↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 ドラゴンローディ 記念撮影  

ステージ前にて記念写真

明日の健闘を誓い合い、いったんお別れ


時間はこの時午後3:00

さすがに会場にも人が増えてきました


こんなコスプレイヤーがいたり↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 コスプレイヤー 


レースクイーンと写真をとったり↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 レースクイーン  

盛り上がってきましたよ~




私はホテルのチェックインのため、またホテルへ戻ります

ホテルが近いと行き気が楽でいいです♪


そのホテルに着くと↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 TREKさん 坂  

坂の上からTREKさん登場

ブレーキチェックのために試走したみたい

明日は頑張りましょう!


そしてお風呂、さっぱりした後はもちろんこれ↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 乾杯  

かんぱ~~~い!

しかし明日は早いので、短めに切り上げて就寝zzz


そして次の日、激しい雨音と共に起床・・・


次回につづきます  (⇒続きはこちら



―ブログ村のランキングに参加してます―

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!


関連記事

乗鞍ヒルクライム2 当日朝【土砂降りのレース】

乗鞍ヒルクライムレースその2です

前日はホテルに到着して受付

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 こまくさホテル 

レースに備え早めの就寝zzz

そして翌日4:00前、激しい雨音の中で起床

          (⇒この前の記事はこちら




窓を開けてみると外は土砂降り

しかしこの乗鞍レース、雨くらいでは中止は無いはず

なので朝ごはん食べて準備を進めます


ちなみに自転車はホテル内で保管↓

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 ホテル 自転車置き場  

大宴会場にブルーシートを敷いて、組んだままの自転車置けます

これがかなりありがたい


周囲にはお高そうな自転車が沢山

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 ホテル 自転車置き場 ホイル2  

ああっ、このデュラエースのC35、欲しい!

物欲も刺激されます・・・




時間は午前6:00過ぎ、外の雨は止む気配なし

なので準備を整えTREKさんと会場へ出発

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 スタートライン  

雨にもかかわらず沢山の人が会場へ向かいます

しかし雨なので、テンションは下がり気味・・・・


とりあえず自転車を自分の出走プラカードの前へ

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 ビアンキ 雨ざらし  

乗鞍はこんな風に順番待ちします

そして自転車をそのままにしてとりあえず雨宿り


その十数分後、大会運営から発表有り

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 会場の様子  

途中で沢が氾濫、コース上に水が流れ出たとの事

それが深さ10㎝、自転車での通行はかなり危険

なので今回は21キロではなく、短縮コースで開催


その距離たった7キロ・・・

昨日車で登ったショートコースのゴール↓

201508 乗鞍ヒルクライム 前日 三本滝 

三本滝が全員のゴールになるらしい・・・

そしてスタートは1時間遅れの8:00

もう私も含めて皆さん、テンションガタ落ち・・・


スタートまで1時間以上ある我々

雨の中待機しているのもなんなので、一度ホテルへ帰ります




そして1時間ほどゆっくりして、再び会場へ

雨は止むどころかますます本降りに

201508 乗鞍ヒルクライム 雨の様子 道路  

スタート地点では最初の組、チャンピンクラスがもうすぐ出発

これは見ておいて損は無いはず!


沿道に並んでスタートから観戦します

先導車の後から↓

201508 乗鞍ヒルクライム チャンピオンクラス スタート2 anigif  

すっげースピードで坂を上って行きます

さすがチャンピオンクラス、凄い・・・


その様子を動画でとるTREKさん

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 スタート チャンピオンクラス TREKさん  

いや~、いつもは見れないチャンピオンクラスのスタート

しかしこれを見たおかげで少しテンションアップ!


ところでこのTREKさんの合羽はコンビニモノ

使い勝手も良く、なによりそのまま置きっぱなし出来るのが魅力

私も次回からこれにしよう




その後も各クラスが順次スタート

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 スタート 女子  

しかし人数が多いので、待ち時間も長い

私は最初のクラスから30分後のスタートになります


そしてこの待っている間が寒かった

気温13℃、合羽を着ているとはいえ足下はビチョビチョ

201508 乗鞍ヒルクライム 雨の様子 雨宿り  

なのでテントの中で待っている方も多々あり

今回は雨、そして寒さとの戦い・・・




そんな寒さの中まずはTREKさんがスタート

201508 乗鞍ヒルクライム 当日 スタート TREKさん2  

頑張ってっくださいね~


そしてその10分後、

いよいよ自分のスタート時間が迫ります

201508 乗鞍ヒルクライム レースクイーン スタート前  

さて雨のショートコースレースどうなるか?

次回に続きます・・・




―ブログ村のランキングに参加してます―

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!


関連記事