古いストーブの芯交換 綿芯からガラス芯へ 前編

昨年暮れに購入した石油ストーブ↓ ニッセン(日本船燈)のss-6というモデルその発熱量の多さ、そしてデザインがお気に入り♪でも芯の出し方にコツがいり  芯を出し過ぎるとすぐに黒い煤がでますなので、ちゃんと芯の調整やメンテをしないとダメさらにこのストーブの芯は綿芯今時のガラス芯と違い、空焚きは出来ません灯油残量は常にチェックが必要その辺がちょっと面倒な昔のストーブですが、 その辺が楽しい...続きを読む >