「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

3月のブログの扉絵 富士山にバイクはよく似合う♪

ブログ扉絵、3月用のモノに交換

まず一枚目は富士山

201301 富士山山中湖4 web 57

これは山中湖からみた富士山

湖に綺麗に移りこんだ富士山が撮れました


撮影は1月

この時は寒い朝で、気温は氷点下-6.5℃

201301 BMW写真会 山中湖 凍結 

おかげで凍った山中湖も見ることができました

雪が降るとバイクではいけないので、中々レアな写真撮れましたね~



2枚目は自転車にて

いつも走っている利根川サイクリングロードにて

201210 渡良瀬遊水地 気球とweb 12

気球と一緒に撮った物


この時、気球はちょうど降りるところ

201210 渡良瀬 気球 着地 7

近づくとその大きさに大迫力!

利根川CR、色々見れて楽しい道ですよ~♪

冬は風が強いですが・・・



3枚目は日光霧降道路

雪が解けて、なんとか走り始められるようになった時期のもの

20124 霧降高原 雪景色6 web

なんかヨーロッパのアルプスの風景みたいで好き

後ろから走ってくるのはドカのムルティストラーダ1200!
 

この道、冬は雪そして凍結が酷くバイクはほぼ通行不可

しかしその分夏は涼しくて、しかもワインディングも楽しい道♪

20126 只見~田子倉 大笹牧場 7
 

霧降道路の終点にある大笹牧場はいつもバイクで一杯

ただ休日の朝早くは、走り屋の方がいるのでご注意を・・・


4枚目はジムニーの写真

雪の中で撮ったジムニーです

2012 2 雪とジムニーweb 3

ジムニー、こういう場所で絵になります(自画自賛!)

これは雪の降る中、利根川の土手にて撮影


絵にはなりますが、乗っている本人は実はヒヤヒヤ

2012 2 雪 ジムニー 土手 雪  3

以前にこんな雪の中を走行中にエンスト・・・

そしてエンジンがしばらくかからない事がありました

原因はたぶんバッテリーの低下

幸い再び走り出すことはできましたが、本当にドキドキでした・・・

今月の扉絵はこの4枚

まだまだ2月、寒い日が続きますが春目指して頑張りますよ~


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

関連記事

氷点下で150キロ走 冬装備を考える(その1)

2013年も2月に入りました

しかしまだまだ寒い日が続きます


私も先年、自転車で、気温-5℃~3℃の間で150キロほど走行

201212 もてぎ自転車 ボトル凍結 2 

この気温だとボトルの水が凍るんですね・・・・

しかも朝4:30出発だったので、2時間ほどは夜間走行

                    (⇒この記事はこちら

そしてその次の週は-7℃の中、

201212 もてぎ 最低気温 -7℃ 4 

再びもてぎ走行150キロを敢行(笑)

こちらも出発は朝の5:00なので夜間走行有り

             (⇒この記事はこちら

この2回を通じて、冬季厳寒の装備について考えます



まず上着ですが4枚でレイヤー

一番下には「BioTex」の撥水インナー

20129 biotex000.  

夏用に購入しましが、そ吸水効果が非常によいので冬でも着用

これを着ていると肌の汗を確実に上のレイヤーに渡してくれます

そのため、汗で体が冷えにくい


そして2番めはコンプレッション素材のインナー

201212 UNDER ARMOUR UAHGコンプレッションブロック_ 
 ●UNDER ARMOUR UAHGコンプレッションブロック

コンプレッション素材のインナーは色々ありますが、防臭効果のあるものを選択

だって防臭でないと、自分の臭いに耐えられない(笑)

「SKINS」も防臭効果があって良いのですが、あれは高過ぎます・・・


そしてウェアは最近Wiggleで購入した

201211 Pearl Izumi - Pro Softshell 180 ジャケット1   201211 Pearl Izumi - Pro Softshell 180 ジャケット2


パールイズミの「ソフトシェルプロ180」

多分アメリカ版で、日本では同じ製品はあるもののデザインが若干違うかも

これ氷点下でも十分暖かく、ロングにも対応してくれました


さらにもう一枚用意

モンベルのウィンドブレーカー
201212 モンベル EXライトウインドジャケット  
 ●mont-bell EX.ライトウインドジャケット

これ軽くて(65g)コンパクトに仕舞えて、しかも丈夫

特に汗をかいた登りの後の下り、そして休憩時に来ていると暖か


氷点下では汗をかいたあとは急激に冷えます

なのでこの4枚で汗を肌からつねに発散するようにレイヤーしてます



そして下は3枚

最近wiggleから購入した、インナーパンツ

 201301 Altura Progel Liner Undershorts  
 ●Altura Progel Liner Undershorts 

これパッド入り


そしてナイキのコンプレッションのパンツをその上に履きます

201301 ナイキプロサーマルロングタイツ-ランニングウェア-  
 ●ナイキプロ サーマル ロングタイツ

以前に購入した、かなり薄手のパンツ

動きやすくていいです


そして一番外側は、

これも最近wiggleで買ったお安い自転車防寒パンツ

201301 Craft AR Winter Tights AW12
 ● Craft AR Winter Tights AW12

「Craft」製のもので裏に起毛付き

私の場合、脚は動いていればあまり寒くないのでこれで十分



上4枚、下3枚履いてますが、

ウィンドブレーカーを除いてこんな感じ↓

201212 氷点下装備 自転車と 

意外と軽装に見えますが着込んでます(笑)

自転車の専用品はバタつかないようにできていて良いですね~


しかしこれだけで完璧かというと、全然そんなことはありません

本当に寒いのは末端で、足や手の指先、そして耳などは非常に辛い・・・

それらは次回でご紹介 (⇒続きはこちら


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

関連記事

ブログ、5年目に突入しました~

私のブログ、この2月で5年目に突入しました

始めたのは、2009年の2月から

もう4年が経つんですね~



このブログの題名、

「ていじんのジムニーとGSと自転車で遊ぼう」の由来


まず名前の「ていじん」

これはこだわりなどなく、「植木屋」⇒「庭人」⇒「ていじん」と読ませただけ

別に深い理由はありません(笑)
 

そして「ジムニー」

201210 陣馬方山 ジムニー 轍 

私が乗っているのは、昭和58年登録のSJ30(2スト)

ブログネタ的には、出番は少ないです(笑)


せいぜい去年に陣馬形山に行ったくらいか?

201210 陣馬方山 ジムニー 看板 

でも普段の足として、もう20年以上乗っている車

この車はもう動かなくなるまで手放さないと思いますよ~



そして最近、少々出番の少ない「R1200GS-Adv」

20127 陣馬形山 GS-A パニア  8

3台並べて後ろから撮ると、なんだかわからないバイク(笑)

あと1000キロ程走ると10万キロ超えます

しかしここに来て、なかなかメーターが進みません


そしてこのバイクも、もう手放せなくなってます

なにせ、

 201212 フォグ本体 点灯式3  

こんな電飾含めて、色々思い出が有り過ぎます(笑)



そして自転車ネタ

最初はMTBから始まったのですが、

2012 1 茂木 レース MTB 1 

今ではすっかりロードバイクにハマってます

私のはお安いクロモリのバイクですが、それでも楽しい♪


今では1日300キロ程なら日帰り可能

20129 金精峠  完走 5 

日光の「金精峠」も登りましたね~

今年は「24時間ででどこまで走れるかな~?」なんて計画も地下で進行中(笑)



その他にもマラソンも年間を通して実行中

写真は素人、しかもコンデジなので自分で好きなものをアップしつつ楽しんでます♪


こんな感じでブログ5年目に突入~

これからも変わらずお付き合い、お願いします

m(_ _)m


-ていじん-


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

関連記事

氷点下で150キロ走 冬装備を考える(その2)

氷点下で150キロ走 冬装備を考えるその2になります

さて前回はウェアやパンツ等の基本装備

201212 氷点下装備 自転車と 


しかし厳冬期、本当に大事なのは指先などの末端の装備

なので今回は手と足の指先、そして耳などの防寒について

ここが冷たいと氷点下、しかも-5℃以下100キロ以上の走行は我慢できません・・・
 
                    (⇒前回の冬装備の記事はこちら



まず手袋は2枚体制

一番外は

201302 自転車 グローブ スポーツデポ  

某スポーツ店のオリジナルのスキーグローブ、お値段1980円

これスキー用にしては中身が薄くて(安いから?)、自転車にちょうど良い


しかしこれだけでは寒い

それに手の平は意外と汗をかくので、そのままだと指先が冷たくなります

なのでインナーとして


モンベル ジオラインLWインナーグローブ


この手袋を使用してますが、これがかなり良いインナー

汗かいても、グローブが吸収してくれるので汗で指先が冷えません

それに制菌作用があるらしく、臭わないが嬉しい(笑)



そして足

まずシューズカバーはあたりまえ

201302 モンベル シューズカバー 6 
モンベル サイクル フットウォーマー ショート

これもモンベル製品、私はショートタイプを選択

モンベル製品、耐久性がj非常によく、私は結構使ってます

しかしデザインが微妙なモノが多いので、その辺は好みか?(笑)


そして靴下

足も手のひらについで汗ををかく場所

なのでこちらもレイヤーで、汗を外側に順逃がすように工夫

まず五指ソックスで各指を独立して保護し、さらに通勤用みたいな薄手のモノで2枚重ね


さらに氷点下-5℃以下では、さらにもう一枚

やはりモンベルの

オーバーソックス 

ゴアテックスのオーバーソックスを使用

ゴアテックス、防水透湿なので汗は外に逃がしてくれて防寒効果は大


これもバイク(エンジン付き)用に買ったのですが、キャンプなどでも活躍

そして今回自転車に使用してみましたがいい感じ♪

かなり薄いので、重ね着しても私には違和感感じられませんでしたよ~

しかしこれは既に廃盤になったみたい・・・


なのでバイク用ですが↓
201302 [RSタイチ] オーバーソックス ゴアテックス  
[RSタイチ] ストレッチオーバーソックス ゴアテックス

これが同じような感じかな~?



そして足と手、両方に必要なモノはこれ↓

2011 12 スポーツバルム  
スポーツバルム  プロ・レッド 3(ホット・バルム) 

これ、ワセリンに唐辛子等の温まる成分を配合したモノ

なので塗っておくと、かなり指先が暖かくなります

ただし!

これを塗った手で目などこすると大騒ぎになりますからご注意を・・・


さらに教えて頂いたのが

201301 足用カイロ  

足の指の上に、使い捨てカイロを張る方法

これならペダル踏むにも邪魔にならず、足の指先が暖かいみたい

但しシューズカバーが無いと暖気が漏れて効果は薄いとの話



最後は頭部

ヘルメットの下に

201302 ラフロ インナーキャップ SL 
ラフ&ロード  ヘルメットアンダーキャップ

インナーキャップ、これもバイク用(エンジン付き)のモノ


そして同じくバイク用の

201302 ゴールドウイン GOLDWIN ウインドストッパー フェイスウォーマー
 GOLDWIN ウインドストッパー フェイスウォーマー 

フェイスウォーマーを使ってます

これ防水透湿で、かなり寒さを防ぎバタつきも無し

時速80キロでも風をシャットアウトしてくれますから、冷たい風でも大丈夫

ただ暑くなると、ちょっと蒸れる感があります


そして耳は

201302 100円ショップ イヤーマフラー 

百円ショップで購入したイヤーマフラー(笑)

これかなりいい感じなんです!

見た目はすぐに外れそうですが、耳を外側から優しくホールド

そして外部の音もそれなりに聞こえるので、安全性もばっちり

あまりに良いので2個買い足し(笑)



厳冬期のポイント

レイヤー(重ね着)で汗を外に逃がす工夫が大事かも

汗をのままにしておくと、下りなどでは特に冷えてヤバい事になりますから

あとは首、手首、そして足首

この3首を暖かくしておけば、結構なんとかなります


でもこんなに買い込んで、そして着る手間を考えたら、

ローラー台でも買って乗ったほうが安いかもしれません(笑)

 

でも寒い冬、走るの好きなんですよね~

なので冬の氷点下走行はローラー台を買ってもやると思います(笑)


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします !
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 



モンベル製品、私は結構好きです
 

かなり丈夫なのに、お値段は結構リーズナブル

ただデザインがかなり微妙(笑)


そしてバイク用品(エンジン付き)を自転車でも活用
  

私はエンジン付きのバイクも乗るので、どちらでも使えるものは助かります♪

関連記事

行きは5時間、帰り2時間半 利根川CR160キロ

先週末の自転車走

利根川サイクリングロードに挑戦してみました


この日の予定ルートはこれ↓




茨城自宅から利根川沿いを延々走り、群馬県の高崎へ

往復で200キロ程になります



朝5:30に出発、最初のコンビニで補給一式購入

201302 利根川CR ファミリーマート  

この日は風が強い日

しかも北西の風なので、往路は全て向かい風になりそう


しかしそんな風の中でも、

朝日が出れば気持ちがいい~

201302 利根川CR 朝日 

そんな朝日を浴びながら、土手の風をまともに受けつつ、

平均時速20キロでえっちらおっちら走ります・・・


途中何か所か工事個所ありますが、通行止めは無し

ただ鉄板が引かれているのでちょっと走りにくい・・・

201302 利根川CR 飛行機の横断有り  

途中で見つけた看板「飛行機の横断あり、注意!」

う~ん、これは注意せねば(笑)



初の利根川CR、向かい風ながらも楽しく?走行

途中の河原にて

201302 利根川CR バイクオフ車  

オフロードバイクで遊ぶ方々発見!

ここなら人もいないので、ガンガン遊べそうですね~


そんな風景の中、そして強烈な向かい風の中ひたすら西へ

なんとか群馬の伊勢崎に進入

201302 利根川CR 群馬 伊勢崎  

時間は午前10:00

ここまで70キロ、休憩込みですがここまで来るのに4時間以上・・・

そしてここから高崎は、まだ30キロ以上

う~ん、これは今日は高崎行は断念か?


という事で、埼玉県本庄市、

201302 利根川CR 坂東大橋 

坂東大橋にてUターン決定(笑)

自宅から80キロ、時間は午前10:30


ちなみにここ

201302 利根川CR 坂東大橋  海からの距離 

海からは181.5キロあるみたい



そして帰りは追い風!

巡航速度は、軽く漕ぐだけで35キロ以上♪

これは向かい風の中を走ってきた、ご褒美のようなモノ


埼玉~群馬、そして再び埼玉から茨城へ一気に走行

201302 利根川CR 茨城 古河 

あまりにも気持ちが良いので、帰りの写真はこれくらい(笑)

そして復路、80キロを2時間半ほどで帰宅


しかしこの利根川CR、初めて走りましたが景色の良い道

201302 利根川CR 風景 

関東平野の広大さを満喫できるサイクリングロード


そしてサイクリングロード沿いの施設も充実

加須の未来館

201302 利根川CR 加須未来館  

中に入らなかったけど、土手沿いには不似合いな建物(笑)


羽生の道の駅

201302 利根川CR 道の駅 羽生 

CRのすぐ横にあるので休憩に  便利~♪


行田のサイクリングセンター

201302 利根川CR 行田 サイクリングセンター 

トイレ、休憩所有りますがこの日は誰もいませんでした

等々・・・


利根川サイクリングロード、今度は風が無い時に走りたいですね~



今日の記録です

201302 利根川CR 坂東大橋まで ガーミンコネクト

走行距離160キロ弱、時間は8時間(休憩込)


これガーミンコネクトから抜粋です

ガーミンEdge500↓

201301 ガーミン 画面 
  ●GARMIN(ガーミン) Edge500

帰ってからも楽しめるのもいいですね~♪


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

関連記事