冬の氷点下150キロ走 走行後編

前回は朝日が出る直前までのお話その時の気温は、 マイナス3.8℃を記録今回は峠を超えるところからのお話になります       (⇒ここまで来る前の記事はこちら)今から超える峠、通称「凍り坂」といいますこの山のさらに向こう多分冬場に凍結が多いため、この名称が付いたのだと思いますこの「凍り坂」、距離は短いのですが勾配がかなりキツイそしてまだまだ氷点下の気温汗をかくと体が急激に冷えるので、慎重に登ってい...続きを読む >