GSアドベンチャー V3パッキングの容量

最近気に入っている、キャンプ用のパッキング↓ V3パッキング(笑)これ、どういう振り分けになっているのか?ご紹介ですまずはケースとバック類①トップケース ⇒32リットル②左側パニアケース ⇒38リットル③右側パニアケース ⇒44リットル④左パニア上作業箱 ⇒14リットル⑤右パニア上作業箱 ⇒14リットルと後方のパニア、バックだけで140リットル強の積載が可能そしてタンクに、  ⑥デグナーのタンクバック⇒最大12...続きを読む >