「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

5月の走行距離 バイク約4千㌔、自転車約5百㌔

5月のバイク、そして自転車の走行距離です。

バイク
 ●九州2日目~4日目  距離2300キロ
 ●北茨城日帰り      距離300キロ
 ●信州キャンプ      距離920キロ
 ●只見~田子倉湖    距離540キロ

 総計 4060キロ(7日)

自転車
 ●倍倶人イベント参加  距離160キロ
 ●朝錬           全部で11日、300キロ
 
 総計460キロ(12日)



今月はバイクで走れましたね~

2011 5 只見ダム アップ0 
これは先日行った只見にて。

キャンプツーリングが2回、そのうち一回が九州だったせいもありますが
距離は4000キロを越えました。 (⇒九州キャンプツーリングの記事はこちら

おそらく月間では過去最高になりそうです。

九州ツーリング、4月30日からだったので初日分を抜いてますが、
その初日の1100キロ、もし5月だったら月間5100キロになりましたね~ 

惜しい事しました(笑)

ちなみにバイクで年間4万キロを走る方がいるそうです。
その方は月間3300キロ以上走っている計算になります。

私は年間24000キロが一杯。

上には上が、まだまだ沢山いるという事ですね。



さて自転車。

2011 5 倍倶人祭り 足利にて5
足利、倍倶人祭りに行く途中にて撮影。

距離は460キロで、そのうちの一発がロングの160キロ。
    (⇒バイクのイベントに参加する為に自転車で160キロ走った記事はこちら

バイクに乗りまくった割には、自転車にも乗れたほうです(笑)

バイクに乗らなきゃ、もう少し自転車にも乗れるんでしょうけど、
どちらも捨てがたいんですよ~

本当は自転車、月間600キロ位乗れるといいでしょうが。



6月に入ると共に梅雨、
バイク、自転車ともに乗りにくい季節。

今月は走行距離は格段に減りそうです。

本当にそうかな~??(笑)



↓押してもらえると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 自転車ブログへ

関連記事

壊れたデジカメ「オプティオW90」 対応は??

先日壊れたオプティオW90
2011 5 オプティオ レンズカバー破損4 

落として、レンズカバーが粉砕!

でもこのデジカメ、たしか耐落下衝撃1.2mまでは平気な筈ですが・・・


メーカーに問い合わせた所、
本体を着払いでサービスセンターに送って欲しいとの事。

それで、有償、、もしくは無償の連絡が来るそうです。



本体を郵送する際には、もちろん保証書も一緒に送ります。

で、その保証書はあるのですが、よく見ると購入した店舗の記述がありません!


このデジカメアマゾンで購入したので、早速アマゾンにお問い合わせ。
                   (⇒オプティオを購入した時の記事はこちら

アマゾンでは経費削減?のために保証書にハンコ押さないみたいです。

その代わりに、納品書がその代用として使えるとのことでした。


しかし納品書、そんなものは捨ててしまいました・・・


その辺もさらに訊いてみると、
無料で再発行が可能でメール便で郵送してくれるとの事。


おっ、アマゾン親切じゃん、

と思って待つ事10日・・・


全然納品書が送られてきません・・・

再び発送確認のメールをアマゾンに送ります。


すると今度は至急、しかもメール便ではなく宅配便で送るとの返事が来ました。

アマゾン、もしかして郵送の手配忘れたのかな~??



そして次の日。

宅急便で納品書が到着。

そしてその宅急便を追うように、1時間後メール便でも納品書が届きました・・・

2011 5 アマゾン 納品書 2通
おんなじ納品書が2通・・・


まぁ、とにかく納品書が届いたので、やっとメーカーにデジカメを送れます。


この時点で、壊れてから2週間以上が経過。

今度はペンタックスの対応に期待しますよ~
 



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

関連記事

5人用テント 床を切ってフロアレスに!

最近購入したドッペルギャンガーのテントT501
ドッペルギャンガーt501 
幅は3050、奥行2400、そして高さが1450mm。

これで5人用(大人3人、子供2人)になります。
         (⇒このテントの詳しいスペックはこちら

そして、当たり前ですが床が有ります。
2011 5 T501 床3 
しかし、中で煮炊きが可能なように床を切ることにしました。
 



難しい事は全然有りません。
ただ定規をあててカッターで切るだけ。。

一応切り口保護のため、ビニルハウス用のテープで補強してから切断。
2011 5 T501 床 ガイドテープ7

このテープ、屋外用で濡れても粘着力が落ちません。


切る位置をこのテープでマークして、あとは切るだけ。
2011 5 T501 床切断13

定規を当てて、スーッと切っていきます。


これが切断した後。
2011 5 T501 床切断完了  2011 5 T501 切断後 補強1 
一応角度のついた部分には、同じテープで補強しておきました。


ちょっと工夫した点は、奥の方に50cmくらいの床を残した所。
2011 5 T501 床 残し32 
物を置くのに、グランドシートを広げなくても良いようにしましたよ~


完成したテント
2011 5 テント ドッペルギャンガー フロアレス3 
青い所(ブルーシート)が床を撤去した部分。


コレを先日の阿蘇キャンプ、
2011 5 T501 阿蘇にて MSRと 8 
                   (⇒九州自走キャンプツーリングの記事はこちら

そして信州キャンプで使用しましたがいい感じ♪
2011 5 信州飯田 大鹿村 キャンプ19  
                       (⇒信州キャンプツーリングの記事はこちら

中にコットを置いて、煮炊きしてみましたが快適そのものでした。

コレからこのテント、ガンガンつかっていきますよ~




↓押しても貰えると、もう少し頑張れる気がします

 にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

関連記事

梅雨 雨の長距離走対策

梅雨ですね~

特に今年は例年よりもかなり早い梅雨入りで、
バイクを乗るモチベーションも格段に下がり気味・・・

毎年この時期は雨装備を考えてしまいます。

という事で毎年恒例、梅雨対策の装備について考えてみます。



まずは装備。

●バイク本体

出来れば大き目のスクリーン、
アドベンチャー GSスクリーン
もしくはちょっとしたバイザーでもあれば全然楽。

身体に雨が直接ぶつからないだけでも、疲れがちがいますよ~


●ヘルメット

雨天時の走行中、視界の確保は何よりも大事!

なのでシールドの内側には曇り止め、

雨 撥水スプレー デイトナ
そして外側には撥水スプレーを縫っておくとベスト。

私はこの撥水コートを使っていますが、雨粒がスーッと落ちいき、視界が良好です♪


●レインスーツ

これは出来ればゴアテックス
もしくはそれに準じる防水透湿のものがいいですね~

気温が高い時などは、雨よりも自分の汗でずぶ濡れになってしまいますから。

私のはゴールドウィンのエントラント製。
冬装備 2010 ジャケット カッパ 
ゴアのカッパは高くて今のところ手が出ません(笑)

ちなみにのジャケット、ゴア製ですが合羽は着ます。

お店に入るときに、ずぶ濡れだとちょっとね・・・


●グローブ

雨天時用に、一つ別に持っているとかなり違います。

そして、これも出来れば防水透湿製の物が◎

手の平、意外と発汗が多いんです。
そして、この手の平の汗が冷えて体温を奪われ冷えてきます。

オーバーグローブを使用するという手もあります。
 モンベル オーバーグローブ 雨天仕様 
これはモンベルのオーバーグローブ。

オーバーグローブなら、収納もかなり小さくてすみますよ~
 

●ブーツ

ブーツカバーは必須。

出来ればブーツの中も、コンビニの袋で足ごと覆ってしまいましょう(笑)
ただ足も発汗が多いので蒸れて、さらには冷えてきます。

なので、出来ればコンビ二の袋ではなくて、
オーバーソックス 
ゴアのオーバーソックスがお勧めです。

さらにゴアのブーツならベストです!
 サンディアゴブーツ



以上の装備、結構かさ張りそうですが、
レインスーツ以外はそんなに大きくありません。

カッパの袋以外に、もう一つ小さい袋を用意して入れておくと便利です。

ここまでは基本装備。



そしてここからは有ったほうが良い、もしくはやったほうがいいと思う事。

●首元

首、ここはかなり大事な部分。

ヘルメットを伝わった雨が、首元から入ってくると、徐々に身体が濡れます。
そしてインナーを濡らし、かなり冷えます。

これを防ぐ為、首元に化繊のスカーフやタオル、
または薄手の冬用のネックウォーマーでも巻いておきます。

その時、カッパとジャケットの間に挟み込むのがポイント。
ジャケットの下だと、濡れたスカーフが直接身体に触るので、やはり冷えます。


●頭

雨の休憩時の時、頭は濡らさない方がいいですよ~
頭が濡れると、ヘルメットを被った際に必ず曇ります

なので私はコレを持っています
雨の装備 帽子 
ホムセンで買った、雨用の帽子(笑)

雨のキャンプ時にも使えるので重宝してます。



まとめ。

まず雨天時に大事なのは視界の確保。

ヘルメットのシールドの撥水、そして頭を濡らさない(シールドの曇り防止)等。


そして走行時、なるべく雨に直接触れない(顔以外)ようにする。

雨に濡れる手走行していると、
濡れたところから身体が冷えて硬くなり、走っていて危ないですからね~


以上は、主に気温が低めの時の雨天対策。

暑い時の雨は・・・

どうしようもないですね~


ゴアの製品着ていても、汗で蒸れますから・・・

この時は、我慢かな~(笑)



以上、雨の日に走らない人には関係ない話でした(笑)

梅雨でも、楽しくバイク乗りたい人の参考になれば嬉しいです♪


(追記)

最近すごく気になるレインウェアがあります。

2011 5 南海 テトラテックスレインウェア 4 
南海部品から出ている「テトラレインスーツ

これ、ゴアテックスを超える透湿性を誇るそうです。


私の持っているエントラント、そしてゴアとのスペックの比較↓

  ●ゴアテックス  : 耐水圧40,000mm/平方メートル、透湿度13,500g/平方メートル/24h
  ●テトラテックス : 耐水圧30,000mm/平方メートル、透湿度21,200g/平方メートル/24h
  ●エントラント    : 耐水圧10,000mm/平方メートル、透湿度10,000g/平方メートル/24h

耐水圧ではゴアには劣るものの、透湿性では圧倒的にテトラテックスに分があります。

という事は、汗をかいた時ゴアより快適だという事ですね!

そしてこの合羽、ドライクリーニングも可能みたいです。


これを着ると、暑い時でも結構いけるかもしれません。

今度南海部品さんにいったらチェックしてみます。

もしくは使っている方がいれば教えてくださ~~い!

                (⇒2009年の梅雨対策の記事はこちら
                (⇒2010年の梅雨対策の記事はこちら




押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

関連記事

壊れたオプティオW90 ペンタックスの対応

壊れたデジカメオプティオW90の続きです。

2011 5 オプティオ レンズカバー破損4
            (⇒前回の保証書で困った記事はこちら



先日、宅急便で修理に出したオプティオW90

本体がペンタックスのサービスセンターに届いたらしく、電話有り。


まずは落下した時の状況を私が説明。


すると担当の方、

「たまたま打ち所がわるかったんですね~。
防水なのでレンズカバーだけでなく、本体前面の全交換になります」

とわりと感じの良い対応。


続いてその後に、
「今回は運が悪かったという事で、特別に料金は工賃と郵送料のみという事で」


えっ?

無償じゃないんですか??

このデジカメ、落下に対して耐衝撃を謳ってますよね~、ペンタックスさん・・・


とその辺をお話したところ、

速攻で、
「分かりました~、では今回は無償という事で」

えっ? そんなに簡単に変更していいの?

えらく決定が速くない??


という事で、無償修理になりました(笑)


ただし、「今回のような場合は、次からは有償になります」との事。

了解です・・・


ちなみに有償の場合は8000円と少し。


今回、総じてペンタックスの対応には満足です、

ただ次回の保証はなさそうなので、落下には以後気をつけます。

デジカメ オプティオ カバー装着
今度からは、このシリコン製のカメラカバーを使用。


しかしこのオプティオW90、買ったときから色々ありますね~(笑)
           (⇒オプティオW90、初期不良で困った時の記事はこちら

でもこのデジカメ、気に入ってます♪




↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

 にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ

関連記事