5月の走行距離 バイク約4千㌔、自転車約5百㌔

5月のバイク、そして自転車の走行距離です。バイク ●九州2日目~4日目  距離2300キロ ●北茨城日帰り      距離300キロ ●信州キャンプ      距離920キロ ●只見~田子倉湖    距離540キロ 総計 4060キロ(7日)自転車 ●倍倶人イベント参加  距離160キロ ●朝錬           全部で11日、300キロ  総計460キロ(12日)今月はバイクで走れましたね~ こ...続きを読む >

壊れたデジカメ「オプティオW90」 対応は??

先日壊れたオプティオW90。 落として、レンズカバーが粉砕!でもこのデジカメ、たしか耐落下衝撃1.2mまでは平気な筈ですが・・・メーカーに問い合わせた所、本体を着払いでサービスセンターに送って欲しいとの事。それで、有償、、もしくは無償の連絡が来るそうです。本体を郵送する際には、もちろん保証書も一緒に送ります。で、その保証書はあるのですが、よく見ると購入した店舗の記述がありません!このデジカメ、...続きを読む >

5人用テント 床を切ってフロアレスに!

最近購入したドッペルギャンガーのテント「T501」 幅は3050、奥行2400、そして高さが1450mm。これで5人用(大人3人、子供2人)になります。         (⇒このテントの詳しいスペックはこちら)そして、当たり前ですが床が有ります。 しかし、中で煮炊きが可能なように床を切ることにしました。 難しい事は全然有りません。ただ定規をあててカッターで切るだけ。。一応切り口保護のため、ビニルハウ...続きを読む >

梅雨 雨の長距離走対策

梅雨ですね~特に今年は例年よりもかなり早い梅雨入りで、バイクを乗るモチベーションも格段に下がり気味・・・毎年この時期は雨装備を考えてしまいます。という事で毎年恒例、梅雨対策の装備について考えてみます。まずは装備。●バイク本体出来れば大き目のスクリーン、もしくはちょっとしたバイザーでもあれば全然楽。身体に雨が直接ぶつからないだけでも、疲れがちがいますよ~●ヘルメット雨天時の走行中、視界の確保は何よりも...続きを読む >

壊れたオプティオW90 ペンタックスの対応

壊れたデジカメ、オプティオW90の続きです。            (⇒前回の保証書で困った記事はこちら)先日、宅急便で修理に出したオプティオW90。本体がペンタックスのサービスセンターに届いたらしく、電話有り。まずは落下した時の状況を私が説明。すると担当の方、「たまたま打ち所がわるかったんですね~。防水なのでレンズカバーだけでなく、本体前面の全交換になります」とわりと感じの良い対応。続いてその後...続きを読む >

陣馬形山キャンプ場 信州 ここで夜景を見たいな・・・

先日ツーリング途中でよった陣馬形山。            (⇒この記事はこちら)そこの山頂にある「陣馬形山キャンプベース」のご紹介。大きな地図で見るまずアクセス。  これはダート側の入口で、3キロ程あります。結構締まったダート。所々に轍跡があるのでそれさえ注意すればOKだと思います。他に舗装路からのアクセスもありますよ~駐車場に着くと・・・ 中央アルプスがお出迎え。「本当にキャンプしちゃっ...続きを読む >

新しいキャンプ道具 「パール金属」製(キャプテンスタッグ)

先日ホームセンターに行った時のこと。いつもの習慣で、ついついアウトドア用品をみてしまいます。大体は同じものが置いてあるだけなので、簡単に流すのですが、今回はちょっと目を引いたものが二つありました。一つはこれ↓ 良く見る三角椅子。でも、これお値段が一個298円!思わず二つ買ってしまいました(笑)この椅子、GS-Aのパニアにもすっぽり。  2個入れても、全然余裕です。お値段が余りにもやすいので...続きを読む >

日光金精道路300キロツー 自転車走の下見?

先週の日曜日、久々に日光金精峠を越えました。これは今年の4月、雪がまだ残っている時期、 トンネルの直前までは行きました(笑)  (⇒この雨のツーリングの記事はこちら)金精峠、今年初通過になります!今回は日光側からでなく、片品、丸沼方面からのアクセス。 出発は朝の4時半過ぎ。朝は曇り勝ち、そして霧。ツーリング途中、渡良瀬遊水地(谷中湖)にて。この辺は葦の原がそのまま保存されていて、霧が出ると幻...続きを読む >

MTB フロントサス購入(ロックショック)

自転車に乗り続けている今日この頃。 MTBのカタログも久々に購入しました。しかし考えてみると私のMTB、購入して10年近く。 2台とも2000年前後に購入したものなんです。よ~くみると傷はともかく、古さがにじみ出ています・・・特にサスとブレーキがね・・・今付いている、フロントフォーク。物はいいのですが、今時こんなゴムのブッシュ付いてません〈笑)そしてブレーキ。今のMTBはディスクが主流。  ...続きを読む >

大池高原キャンプ場 南信州大鹿村

先日の信州ツーリング。  (⇒ビーナスライン、そして陣馬形山を訪れた記事はこちら)そこで泊ったキャンプ場「大池高原キャンプ場」の紹介。南信州大鹿村、中央道松井ICから十数キロの所に有ります。この大鹿村、南信州で2番目に山深いとされている村。では信州で一番山深いのは何処か?大鹿村の役場の方に聞いてみましたが分からないとの事でした(笑)                   (⇒大池高原キャンプ場の詳しい情...続きを読む >