「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

ワカサギテント その居住性は?

先日購入したワカサギテント
ワカサギテントスペック
キャプテンスタッグのワンタッチテント。
   (⇒ワカサギテントの詳細の記事はこちら

今回は、その居住性を。

ちなみにこのテントの大きさは、
縦×横が210cm×210cm、高さが150cmになります。



まずはコットを置いてみました

奥と右側に。
入口 ワカサギ  ワカサギ コット右
置いたのはボイジャーコット。

幕体にギリギリ触れない感じですね。

シュラフで寝ると、足元が少し触りそうです。
結露してテントが濡れていると、シュラフカバーが必要かな?

さらに、アドベンチャーの左右パニア、テーブル等も おいてみますワカサギ テント用品
なかなかいい感じ♪


さらに高さ検証のため、私が入ってみます
ワカサギ 人入り
思わずピース(笑)

コットに座っていますが、
高さが150cmあるので、座っても窮屈な感じはしません。

これなら雨の日、中で煮炊きしても平気ですね。


 
ちなみに私の参天テントと比較。
参天 スノーライン 出入り口2
スノーラインのヘキサ。

大きさは縦×横が300cm×280cm、高さが180cm有ります。

これと比較すると、

ワカサギテント参天テントほどの高さはありませんが、
真ん中にポールが無いのであまり窮屈さが有りません

数字では圧倒的に参天テントが広いのですが、
実際に入った感じは、あまりかわらないくらいに思えます。

参天テント、幕体が斜めなので、その数字程広くは感じ無いんですよね~

居住性に関しては、気に入りました♪



最後に収納ですが、82cm×17cm×17cm。
ワカサギテント 収納
かなり大きいです。

ですが、私が今まで使っていたこんにゃくタープ
こんにゃくタープ 積み込み
これは長さが1mにもなります!

アドベンチャーに積んでも横幅は一杯です(笑)

これと比較すれば、
ワカサギ こんにゃくと比較
こんなに小さく見えます(笑)

これなら、私的には大満足です。

居住性、収納性は比較的満足できました。

あとは、本当に雨漏りするかどうか試してみないと・・・




↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

夜間の自転車 頭にLEDライト装着

最近、日が出るのが遅くなりましたね~。

朝の6時でもまだ外は薄暗い感じです。


ここで問題です。

朝、日が昇るのが一番遅いのは何時頃でしょう?


答えは「冬至の頃」・・・、ではありません。

実は、冬至は日照時間が一番少ない日。

朝日が一番遅いのは1月の初旬になるそうです。

           (⇒これについて調べた記事はこちら



前置きが長くなりました。

私は朝、自転車で20キロほど走ります

時間は5時半位からですが、今だと真っ暗です。


そしてこの暗い中、灯火類をつけないで走るのは自殺行為です。

なので、後ろに赤の点滅灯
自転車 後方点滅
サドルバックにつけるタイプ。

そして前方用にはライト
自転車 前方 ライト
これネットで格安で購入。

でもこれかなり明るいんで、気に行ってます♪


これで前後は完璧。

でも暗い中だとハンドルに付いている
メーター類(心拍数、ケイデンス)が見えなくて不便なんです・・・



そこでさらに安全も考慮してこれを作成↓
自転車 メット LED2   
自転車のヘルメットに、作業灯をビルトイン(笑)

ホームセンターで売っていたLEDの作業灯をメットに装着してみました。


しかもこれ、上下に頭がうごくので、メーター類を照らせます。
自転車 ヘルメット 点灯1  自転車 ヘルメット 点灯2
灯りは2段階調節、さらに点滅もします。

これ付けて走れば、被視認性はバッチリ?


ちなみに装着はこんな感じになります。
ヘルメット 点灯前
思わずピース。

最近、自分撮りが多くなってますね~(笑)

そして暗くして点灯。
ヘルメット 点灯後2
非常に怪しい人になってます・・・

逆に自転車に乗っていれば、皆避けてくれそうで安全かも(爆)
 

ちなみにこんな物も付けてます。
自転車 反射鏡
一見、自転車のホイールについている反射鏡。

夜になるとこんな感じでひかります
ホイル ライト2
LED内臓の反射鏡。 (画像は他からの借りものです)

実際はもっと赤い色になります。

ヒカリモノ、好きなんです♪
    
        (⇒GS-Aにヒカリモノを付けた記事はこちら




↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 自転車ブログ <br />MTBへ  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

関連記事

電熱装備について クランのインナーパンツとソックス

11月、電熱装備に関するアクセスが多かったです。

細部も含めてもう一度記事にします。



私が持っているのは、電熱パンツと靴下。
クラン 電熱パンツ1
上は持っていません。

R1200GS-Aの巨大な風防シールドで、上は必要を感じませんでした。


パンツの下から出ているコードが靴下用。
靴下用 コード
このコード、パンツの間に通す事が出来ます。

このコードをこんな感じで接続します。
電熱パンツと靴下 接続 電熱パンツ 靴下 履く
このコード結構長いのですが、パンツの中に収まります。

なので、実際にはいてみると邪魔になることは有りません。


そしてソックスとパンツの電源はここからでます。
電源 電熱パンツ 靴下
腰のところにあります。

この先にスイッチが付く事になります。


実際にはいた姿
電熱パンツ 靴下装着2
マヌケなかっこですね~(笑)

低温ヤケドの可能性があるので、インナーは必須

インナーには薄手の化繊の物がお勧め。
私はナイキの、スポーツ用のインナーを履いてます。

この上に、バイク用のパンツを履きます。



電源はバッテリーから直で取れます。

接続は簡単♪

もちろんヒューズも入っているので安心です。

そのバッテリーから出ているコードと、スイッチを繋げばオーケーです。


スイッチ。
クラン 電熱ソックス スイッチ 2段階
今は2段階調出来るものを使用。
 
オンするとLEDが光ります。
クラン 電熱ソックス スイッチ LED
強さによって、LEDの光り方も変わります。


定格入力電力の関係で、、1つの製品に1つのスイッチが基本です。

ただし、パンツとソックスの組み合わせなら1個のスイッチで管理できます。

定格入力電流は越えているのですが、ギリギリ大丈夫なようです。
          (⇒クラン製品の定格電力についての詳しい記事はこちら

ちなみに消費電力はパンツが45W、ソックスが18Wになります。

2つ合わせて、ライト1個分よりも少し多い電力を消費します。
         (消費電流で言えばパンツが3.75A、ソックスが1.5Aです)



インプレ。

まず暖かさですが、最高!

言う事はありません(笑)

インナー、電熱パンツ、普通のバイク用のパンツと
3枚履く事になりますが、あまりゴワゴワした感じにはなりません。

私的には、オーバーパンツを履くよりはスッキリしています。


ソックスもいいですよ~

つま先用のカイロと比べても、格段に良いです。

カイロでは裏側だけですが、
このソックスは電熱線が、足の甲と指先まで回っています。

なので足の指先、甲側が暖かいんです。


この2つの装備で、足元は氷点下6度までオーケーでした。
            (⇒氷点下6度のツーリング記事はこちら

暖かいので、逆に路面の凍結を忘れてしまうのが怖いです。

電熱装備
、バッテリーに余裕のあるバイクならお勧めですよ~♪





↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

自転車落車 ホイールがゆがみました・・・ 

先日、自転車を乗っている時。
2010 11 利根川 地平線?
いつもの利根川沿いの土手。

景色が綺麗なので脇を見ていると、突然自動車止めが出現。
                  (っていうか、いつもそこにありますが^^;)

すかさず急ブレーキ


しかし後輪がリフトアップ!


そして落車・・・


自転車が軽いので、
ブレーキをフルに掛けるとジャックナイフ状態になってしまうんです。



幸い速度は出ていなかったので、体は平気。

自転車も擦り傷程度ですんだのですが、
走り出してみると何かがこすれる音がします・・・・

よ~く見ると、前輪とブレーキが擦れてます。
自転車 フレ1   自転車 フレ2
右と左の開きが明らかに違います

ホイールが少しゆがんだみたいですね・・・

この場は応急的に、ホイルとブレーキの間隔をあけてその後無事帰宅。



家に帰ってから、ホイールのフレ取りをしようと決意。

ネットでやり方を探して挑戦してみました
      (⇒この方のブログが分かりやすいかも


30分程格闘の末、

フレはさらに広がりました(笑)

いや~、難しいですね。


あとで自転車屋さんに持っていきます。




↓押して貰えるともう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 自転車ブログ <br />MTBへ  にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

関連記事

今期初 凍結路と氷点下 金精道路(前半)

もう師走ですね~

この時期、私の仕事は大忙し

そして今年はさらに仕事以外も色々あり、えらい事になってます(笑)


考えてみれば最近バイクに乗ったのは、
6万キロ点検 ディーラー

ディーラーさんへ点検に出しに行ったくらい

                                 (⇒6万キロ点検の記事はこちら


さらにツーリングにいたっては、
2010 11 蔵王 雪31

11月の初旬に蔵王に行って以来のご無沙汰になります

         (⇒蔵王で朝日を見ようツーリングの記事はこちら

もう3週間以上ツーリングに行ってません・・・


もう我慢出来ません!

ツーリング、行ってしまいましょう!!

しかし午後から用事があるので、午前限定のツーリングです



目的地は、日光金精峠

一番上まではもちろん無理でしょうが、何処までいけるかチャレンジ

久しぶりに走れるので、寒さなんか気にしません!


出発は朝の4時過ぎ
2010 11 日光 出発時間

午前中限定なので、この時間に出ないと帰ってこれません(笑)

出発時の気温は6度

電熱装備なので、全然平気♪


高速道路みたいな国道4号バイパスを北上
2010 11 日光 国4

バスもガンガン飛ばしてます

ここはいつも高速道路みたいに走れます

ただ通勤時は非常に混みますよ~


午前5時半、日光有料道前のコンビニで休憩
2010 11 日光 コンビニ前

椅子を広げて、カップラーメンを食べつつ一休み

暖まりました~



さて、ここからが本当の高速道路

気温は2度で、今シーズン初の凍結注意報がメーターにでています

路面凍結に注意ですね


日光PAにて
2010 11 日光 PA

すでに紅葉も終わり、落ち葉だらけ。

遠くの日光男体山、雪を被っています


午前6時半、日光有料道路を出ます

2010 11 日光 気温1
金精道路、路面凍結スリップ注意


さらに現在の気温

2010 11 日光 気温2

3度、いやマイナス3度ですね(笑)


今シーズン初の氷点下走行になります

これは金精峠どころ、いろは坂の凍結が心配になってきました

その心配ないろは坂、そして金精道路の記事は次回で

                 (⇒この後半の記事はこちらから



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事