「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

天気の良い日 白い雲と青い空(笑) 

天気の好い日。

ふと上を見ると、白い雲と青い空(笑)
仕事 空 
木漏れ日が気持いいですね~。


こんな日は、気持ち良くお仕事できます。

でもツーリングに行って、さらにキャンプなんかしたらもっと気持いいんだろうな~(笑)


来週から仕事が忙しくなりそうなので、週末キャンプツー、マジで考えますか!

とすると、こんにゃくタープ↓
クイックスクリーンタープ1
ロゴスのクイックスクリーン

いよいよお披露目となるかも知れませんよ~。



↓押してもらえると仕事もバイクも頑張れます
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

会津喜多方630キロツー 「まこと食堂」にてラーメン

今週末は、友人とお約束していた猪苗代方面へのツーリング。

出発は午前5時半少し前。
猪苗代 出発時間9
この辺の天気はイマイチですが、
猪苗代方面は天気が良いとの情報なのでそれを信じます。



午前7時半前、自宅から100キロ地点の上河内SAにて休憩。

ちなみに、今日のメンバーは3人。
 CB1000 猪苗代1 
いつものメンバー、CB1000のオーナー様(関係無いですけど、向こうにF800GS)

そして私と
GSX-r 
GSXーRのオーナー様。
噂ではこのバイク、このツーリングが最後になるとかならないとか。

次の候補は、まだ御見積り段階だそうです。
もしかして、新型VFR、しかもフルAT車だったらいいな~(笑)


高速を矢吹で下りて、国道294号へ。
一気に猪苗代~磐梯まで行きます。

磐梯山の脇、県道323で記念撮影。
磐梯山脇 県道4332
今日のこの辺の風景はイマイチです。

晴れてると素晴らしく気持の良い場所なのですが。

時間はまだ10時前、ガンガン先に進みますよ~



途中、五色沼近くのセブンイレブンで休憩。
猪苗代 セブン
ここで今日のお昼を何にするか相談。

ここまで来たら、やはり喜多方ラーメンですよね~。
ただしラーメン屋さんだけで120軒以上あるそうで、何処に入るか迷います。

すると、CB1000オーナー様がまたセブンイレブンに戻ってなにやら立ち読み。

外から見ると、るるぶ読んでます(笑)

どうやらこの辺のラーメン情報、漁っているみたいです。

さすが!



お目当てのラーメン屋さんの住所、暗記してきたのでナビに登録。

みせの名前は「まこと食堂」

大きな地図で見る
よし、ではお店に向けて、出発しましょう!

30分程走って、11時過ぎに到着。
誠食堂 喜多方8
店内は結構広いのですが、すでに半分以上埋まってます

やはり「るるぶ」に掲載されるくらいだから、人気のお店なんですね~。

早速中華そばを注文。
まこと食堂 中華そば
あっさりスープを予想していたのですが、見た目は濃厚なスープ

でも食べやすい味で、美味でしたよ。

ご馳走様でした。


食べ終わって、外に出る頃にちょうど昼。

外は行列になってました。
まこと食堂 行列
このあとも続々と人がきます。

早めにきてよかった。



この後は只見方面~西会津を抜けて帰ります。

途中の国道252号沿い、只見川にて。
只見川 5月
ちなみに沼沢湖の先、国道400号は落石のために通行止め
                                       (2010年5月現在)
ご注意を。

西会津をぐるっと回って、甲子トンネルから白川へ。

東北道、北関東自動車道をへて自宅へ帰ります。

午後7時過ぎに帰宅。

走行距離は、
2010 5月 猪苗代
630キロ。

マスツーリング(3台ですけど)にしては、距離走れました。

GSX-Rの走り収めという事でどうでしょうか、オーナー様(笑)




↓押して貰えると、今度は何処に行こうか考えてしまいます。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

「百式」で行く、今週の筑波山

今週も登ってきました筑波山
これで4週連続になります!

もちろん目的はツールドつくばのトレーニング。
 
今回からは、本番用のMTBを投入。
自転車 百式
フレームもホイルも金ピカ。

通称「百式」と呼んでます(笑)

練習用に比べ3キロ近く軽いので、どの位上りが違うか楽しみです。

今日のルートはこれ↓

距離
 58.8km 
最大標高差
 534m 
平均斜度 
 上り:7.3%
 下り:7.3%  
獲得標高 
 上り:1692m
 下り:1693m 

タイヤもスリックなので今回は舗装路のみです。


朝の6時過ぎ、スタート地点のつくし湖に到着。
筑紫湖到着 5月最終
駐車場にMTBを積んだ先客がいます。
ここに自転車は珍しいですね~。

用意をしていると、1台、また1台とMTBを積んだ車がきます。
ショップのツーリングイベントみたいですね。

挨拶して、私は先に出発します。

アップを兼ねて、この辺で有名な「つくばりんりんロード」を走ります。
筑波りんりんろーど
田んぼの中を、真っ直ぐ走れます。

ここを7キロ程走り、いよいよ今日の山登り開始。

登ってみると、さすがに「百式」は車体が軽く、しかもタイヤがスリックなので楽ですね~。

いつもは心臓がバクバクいってしまう後半の10%勾配の坂も、
ほんの少しですが余裕があります。

トレーニングの成果も出ているのかな~?


4時間後、無事スタート地点に到着。

距離、
20105月 最終日 距離
58.5キロ。
このうち15キロ程は慣らしとクールダウンなので、山は実質45キロほど。

消費カロリーは、
20105月 最終 カロリー
2500キロほど。

走った後も、足に少しだけ余裕が出てきました。
ちょっとはトレーニングの成果が出てきてるみたいです。

来週もまた来ますよ~。



↓押して貰えると、来週も頑張れる気がします

にほんブログ村 自転車ブログ <br />MTBへ日本ブログ村に参加中です にほんブログ村 <br />自転車ブログ ロードバイクへ

関連記事

GSアドベンチャーに自転車積載その1 キャリアー仮付け編

昔の物を整理していたらこんな物が出ていました。
ジムニー用 自転車キャリアー3
以前ジムニーに付けていた自転車キャリアー

スペアタイヤにつけるタイプの物です。
自転車キャリアー 取り付け例
取り付けるとこんな感じ。(ネットで画像拾いました)



ココで、ふとある思いが頭をよぎりました。

「これってR1200GS‐Aに付くんじゃないの??


海外ではバイク用の自転車キャリアーが出ています。
バイク用キャリアー ドカティ
これもその中の一つ。            (⇒この記事はこちら

しかし日本の道交法では確実にダメでしょうね(笑)


日本の道交法では

第三章 車両及び路面電車の交通方法

(自動車の乗車又は積載の制限)

第二十二条 (抜粋)

ニ 積載物の重量は、乗車装置又は積載装置を備えるものにあっては六十キログラムを超えないこと。

三 積載物の長さ、幅又は高さは、それぞれ次に掲げる長さ、幅又は高さを超えないこと。
 イ 長さ 乗車装置又は積載装置の長さに0.三メートルを加えたもの
 ロ  幅  乗車装置又は積載装置の幅に0.三メートルを加えたもの
 ハ 高さ 二メートルからその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの

とあります。


要するに

 ●重量は荷物を含めて60キロ以下
 ●長さはバイク本体から前後合わせて30cm以下
 ●幅はバイク本体から左右合わせて30cm以下
 ●積載物の高さは道路から2m以下

という事です。


ここで先日頂いた、funaさんのコメントを思い出しました。

「自分も自動車のトランクに横向きに積むキャリアをバイクに付けられないかと
思ったことは有ります。 結局実行はしませんでしたが、
K100RSで同様のことをやっている人が居るそうです。
パニア付けた状態なら+左右0.15m以下という道交法もクリアできるかも?」



K100RSでできるなら、アドベンチャーでも出来そうです。

ちなみに、パニアつけるとアドベンチャーの幅は1mになります。
            (車検証の記載ではハンドル幅で99cm)

左右15cmOKならば、1m30cmまでは大丈夫という事ですね。

後方も30cmならばOK。


とりあえず仮付けしてみました。
自転車キャリアーかりづけ1
こんな感じ。

アドベンチャーのトップケース外して、ケースホルダーに仮付けです。
自転車キャリアー 仮付け2  自転車キャリアー 仮付け3
仮付けなので、ビニール紐で固定。

パニア用のステーを利用すると、紐だけでもかなりしっかり固定できます。


ただこのキャリアー、後方への突き出しが道交法に触れそうです。

自転車2台用なので、余れば30cm以内で切ってしまいます。

あとで自転車を乗せて実際に測定してみます。

        (⇒記事「GSアドベンチャー自転車積載計画② 道交法は?編」はこちら




↓押していただけると、自転車積載計画がさらに進むかもしれません(笑)
にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

関連記事

GSアドベンチャーに自転車積載その2 道交法編

さて、R1200GS-Aに付けた自転車キャリアー
                         (⇒この記事はこちら

実際に自転車を載せて寸法を測ってみます。



載せるのは、私のマウンテンバイク(以下MTB)。
MTB タイヤ オフ用
タイヤは26インチで、小口径車ではありません。

とりあえず、アドベンチャーとの比較。
MTBとアドベンチャーの比較
パッと見ただけでも、このままでは載りません。

前後のタイヤを外してからアドベンチャーに載せます。
           (MTB、のタイヤは特殊な工具無しで直に外れます。)


タイヤを外してキャリアーに自転車を載せると、
GSに自転車1
こんな感じになりました(笑)

さらに横から見ると、
GSに自転車2
こんな感じです(笑)



さて、実際に寸法を取ります。

道交法違反にならないためには以下の基準をクリアーしなければなりません。

①.重量は60キロ以下
②.長さはバイク本体から前後合わせて30cm以下
③.幅はバイク本体から左右合わせて30cm以下
④.積載物の高さは道路から2m以下


では順に検証していきます。

①.重量は60キロ以下

これは楽々クリアーでしょう。
自転車の総重量は12キロ程。

装備一式、左右のパニアの重さ含めてもます60キロは超えません。


②.長さはバイク本体から前後合わせて30cm以下


実際に測ってみました。
キャリアー 後方の長さ
目測ですが、
自転車自体(ハンドルが最大幅)では25cm出ているだけなのでクリアーでしょう。

しかしキャリアー本体が35センチほどで、5センチオーバー。

このキャリアーは自転車2台用なので長すぎます。

キャリアーを切って短くすれば楽々クリアーでしょう。


③.幅はバイク本体から左右合わせて30cm以下

これが問題です。

まずは右、自転車のハンドル側の幅。。
ハンドル側 キャリア
パニアから測るとハンドルの先端、エンドバーで約11cm出ています。

こちら側は大丈夫そうですね。

そしてリアのディレイラーがある左パニア側。
キャリアー 左パニア側
目測で12cmほど

えっ、左右足しても25cmいかないじゃん!

楽々クリア~♪

ちょっと自分自身でもビックリする結果でした♪


最後の
④. 積載物の高さは道路から2m以下
は見て明らかに大丈夫なので、計測しません。



この結果、道路交通法に触れることなく自転車をアドベンチャーで携行できることが判明。

後はキャリアーをしっかり留める方法を考えないと。


ただ、自転車積んでのすり抜けはほぼ不可能と見て間違いないようです。

幅が130cmって、軽トラ並ですからね~。

すり抜けができないのならば車に積めばいいと思いますが、
それはそれ、これはこれという事で(笑)

                             (⇒この続きの記事はこちらから




↓押してもらえると、さらに自転車積載計画が進むかもしれません

にほんブログ村 <br />バイクブログ BMW(バイク)へ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 自転車ブログ <br />MTBへ

関連記事