「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

霞ヶ浦ナイトライド 後編 【夏の湖畔にて大量の虫と闘うが・・・】

霞ヶ浦ナイトライド、後編になります

前回は日が暮れるまで走行

201707 霞ヶ浦ナイトライド 夕暮れ テープ

さすがに湖畔、気温も25℃くらいになってすずしくなってくる

でも風もちょっと強くなってきた

  (⇒ここまでの記事はこちら



でも昼間の35℃近くの猛暑に比べたら極楽

向かい風もかえって涼しくて気持ちいい

でもそんな快適なナイトライドに落とし穴があった・・・


それがこれ↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド 羽虫の群れ

ホタルじゃないですよ

これ羽虫の大群がライトに反射しているモノ・・・


最初はポツポツと

その後は集団、束になって顔や体にビシバシ当たってくる

しかもこれが数キロにわたって延々と続く


雪の中を走っていると、雪が顔や体にあたる↓

201601 雪中ラン 降る雪 自分撮り  

その雪が虫になったと思ってください、いや冗談じゃなくて

とにかく目の前にムシ、ムシ、ムシ

口なんか開けて走ろうものなら、ああ想像したくもない!!!



これ後で調べたら「ユスリカ」らしい↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ユスリカ 自販機  

夜の自販機の光なんかに集まっている小さい羽虫

でも普通の「蚊」と違って吸血はしない


これが湖畔の道、数キロに渡って大発生している

いわゆる「蚊柱」というやつか?


さらにこの「ユスリカ」にはある特性がある

ちょうど人間の顔の高さくらいに「蚊柱」を作るらしい

それで顔にバンバンあたるのか・・・


さらに調べるともう一つ特性があった

こいつら、一番近くて高いモノに向かって飛ぶ習性もあるらしい

一番近くて高いモノ?私か・・・


もう顔を目がけて飛ぶのがデフォルトみたいなやつ・・・


さらに今回私はヘルメットにライトを装着↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ヘルメットライト フロント  

こいつらがこれをめがけてビシバシとやってくる

なのでこのライトを消したらいくらかマシになりました

それでもかなりの量が当たってくる


スピードを下げればマシになるかと思って減速

しかし当たり方は変わらず、とにかく顔目指して飛んでくる


時々大きい弾力のあるやつもいたけど、あれは「ガ」か?

とにかくもうイヤ・・・・



Uターンして戻る事も考えたのですが、既に中間地点は過ぎている

ならば進んだ方がこの苦痛から逃れるのも早そう


場所によっては少なくなることもある

しかし基本は「ユスリカロード」、走っている限りぶつかってくる・・・


そんな「蚊柱」にひたすら耐えて走る事1時間ほど

なんとか霞ヶ浦大橋まで到着↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド 霞ヶ浦大橋

さすがに停まっていれば「ユスリカ」は殆ど気ににならない

なのでここで橋の写真撮って一休み


でもこの時点でかなり走る気はなくなってます

でもここからまだ20キロ走らないと駐車場に戻れない

201707 霞ヶ浦ナイトライド 霞ヶ浦大橋 時間

幸い先ほどの場所よりは「ユスリカ」は少なくなった

でも時折ものすごい「蚊柱」が現れて、その度にブレーキをかける

ユスリカロードは延々と続きます・・・



ライトを消せば虫の当たり方も違うはず

でも霞ヶ浦の道は街灯など殆ど無い真っ暗な道


これが街灯のない道でライトを2本点灯した状態

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト 点灯時

これで400~600ルーメンほどの明るさ

この明るさなら時速30キロくらいなら余裕で走行


ではこのライトを消してみます↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト 消灯時

本当に真っ暗でなにも見えなくなる・・・

最低でもVOLT800の中モードじゃないと走行は怖いです

なのでライトを消して走るのは問題外


それでもなんとか土浦駅の近くまで走る

201707 霞ヶ浦ナイトライド 土浦手前

時間は午後9:00近く

街が近くなったせいか「ユスリカ」は殆どいなくなった

マジでほっとしました・・・



そして午後9:30前

201707 霞ヶ浦ナイトライド 駐車場 ゴール 

スタート地点の総合体育館に到着

じつはこの日は「カス二」、霞ヶ浦二周を予定していた

でもあの「蚊柱」の中を再び走る勇気は私にはないい

なのでこれで終了・・・


これが概要です↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド 概要 

時間は3時間半ほど

丁度100キロにするためにウロウロしてました(笑)



夕暮れから夜の「カスイチ」、涼しくて景色も良い

201707 霞ヶ浦ナイトライド 走行風景2 

しかしあの蚊柱の中十数キロを走るとなるとちょっと考える・・・

ただこれも時期によるのかもしれない

でも次に「ナイトライド」やるなら絶対にマスクは持っていきます(笑)


以上、霞ケ浦ナイトライドのご報告でした


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

霞ヶ浦ナイトライド 前編 【涼しくて気持ちいい、だけど明るいライトは必須です】

今年の夏は暑い!

関東地方は例年より3℃以上気温が高いとか

いや~、マジで勘弁して欲しい・・・


しかし7月は私の誕生月でもある

201707 誕生ケーキ 

なので暑い夏でも遊ばないと損した気分になる

そんな理由で、先日の3連休も自転車三昧で過ごしました



でもその数日前にも自転車でお出かけ

暑い昼間を避けてのナイトライドに行ってきました


今回は近場の「霞ヶ浦」へ、そうカスイチです!

201707 霞ヶ浦ナイトライド 到着 気温 時間 

仕事を早めに終えて車でトランポ

霞ヶ浦に着いたのが午後4:00過ぎ、でもまだ気温は32℃

夕方なのにまだまだ暑い・・・


ちなみに今回は久々にクロモリビアンキにて走行↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド 風車 クロモリビアンキ 

平地の夕涼みライドならこっちの方が楽しそう

クロモリにシャマルミレの組み合わせ、乗り心地も中々です♪



準備を完了してスタートしたのが午後5:00

霞ヶ浦ナイトライドのスタートです!


ただこの日は南風が結構強かった

それだけが心配ですが、霞ケ浦は周回コース↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド スタート 道 

なので逆風があれば必ず追い風もある

それも含めてナイトライドを楽しみます♪


まずは程よい風の中、スタート

201707 霞ヶ浦ナイトライド スタート 風 湖面 

気温は30℃を超えてますが、湖からの風が気持ちいい

この時期だと日が沈むまでまだ2時間ある

まずはゆっくりと夕涼みライド


風は基本南風ですが、思ったよりは強くなかった

201707 霞ヶ浦ナイトライド スタート 筑波山 

遠くに筑波山を眺めつつ走行

夏のこの時期この時間、こういうカスイチも楽しいかも♪


いつもの「霞ヶ浦」看板前で撮影

201707 霞ヶ浦ナイトライド 看板前

ここで距離30キロほど、時間は午後6:00

この時期だとまだまだ明るくてライトの必要は無し



ところでライトといえば今回は夜間走行アリ

しかも霞ヶ浦湖畔は電灯も何もない道なので↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト2灯 VOLT 中華LED

フロントはVOLT800と中華製LEDライトの2灯体制

リヤはLEDレーザーライト、それにヘルメットにも赤点滅ライト装着


午後6:30過ぎるとさすがにあたりも暗くなってくる

201707 霞ヶ浦ナイトライド 夕暮れ

霞ヶ浦に落ちる夕日がとてもいい感じ

気温も25℃くらいでまで下がって、走っていれば涼しい♪


午後7:00少し前

カスイチ中間地点にあるセブンイレブンで休憩

201707 霞ヶ浦ナイトライド ウイダーインゼリー エネルギー&レモン 

ウィダーインエナジー、「塩分+レモン」購入

これさっぱりしていて中々美味しかった

夏のライドの定番にしても良いくらい



そしていよいよライト点灯

201707 霞ヶ浦ナイトライド ヘルメットライト リヤ2   

ヘルメットの前後に付けたライトも付けます

今回小さめのモノつけましたが邪魔にならずに大正解

やはり頭に付けるものは軽い方が疲れなくて良いですね~


自転車を前から見ると結構な明るさ↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト 明るさ 前方 

VOLT800は200ルーメンにて、中華製LEDも200ルーメンほど

この2灯体制なら電灯の無い湖畔を30キロでも安心して走れます


そして久々に装着した、リア用のLEDレーザーライト↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト 明るさ 後方 

自分の側方~後ろに向かってレーザー照射!

面白いけど効果のほどは微妙かも・・・



夕方の湖畔は気持ちよくライド出来ます

しかし日が落ちると意外なモノが出現

201707 霞ヶ浦ナイトライド 羽虫の群れ

ん、これはホタルの群れ?

それは次回で


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

真夏のカスイチは暑いけどナイトライドなら  【涼しいけど虫だらけ・・・】

最近は暑い日が続きます

昼間に自転車で走ったら熱中症になりそうなくらいの気温


なので昨夜はナイトライド決行!

行ってきたのは茨城が誇る湖「霞ヶ浦」↓

201707 霞ヶ浦ナイトライド 看板前

そう「カスイチ」ナイトライドに行ってきました

仕事を早々に切り上げ午後5:00からスタート!



走り出しは夕方とはいえ30℃超え

でも日が落ちるにつれ気温も下がり25℃くらいの中を走る

201707 霞ヶ浦ナイトライド 霞ヶ浦大橋

湖を渡る風が涼しくて気持ちよかった♪

ならばカスイチでは勿体ない

2周して「カス二」やっちゃう?とかちょっと考えた


しかし途中から羽虫の大群の中を走る事になる

それがハンパない数、まさに雲霞のごとし・・・

201707 霞ヶ浦ナイトライド 羽虫の群れ

例えれば雪の中を自転車で走ると顔に雪がバンバンあたる

その雪の代わりが羽虫、それが顔や体に音を立てて当たる・・・


さらに羽虫の中に時折デカいモノが混じって体に当たる

多分蛾、甲虫?

それが10キロ20キロと延々と続く


もうイヤ!

なので一周、100キロで終了



でも虫さえいなければ本当に気持ちよかった

ただし電灯も民家も無いので明るいライトは必須

201707 霞ヶ浦ナイトライド ライト 明るさ

私はVOLT800に中華製のLEDライト装備

これで時速30キロくらいなら不満なく走行できました


しかし夏のナイトライドは意外な落とし穴あり

201707 霞ヶ浦ナイトライド 土浦手前

今度はもっと虫が少ない時期にやりたい

出来れば「カス二」、いや「カスサン」とか(笑)

あとで詳細ご報告します


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

ポジションを変えたら全く違う自転車になった 【ハンドルにサドル、そしてクランク変更】

今年の目標はロング走

まずは300キロを12時間で走るのが目標

必要なのは持久力、そしてパワー!


そのために昨年暮れにパワーメーターを導入↓

201701 パワーメーター 4iiii センサー部分  

カナダ産の「4iiii (フォーアイ)」、クランク装着型

お安いのですがプロも使っているので精度は信頼できるはず


さらにクランクの長さを170⇒172.5mmに変更↓

201701 パワーメーター 4iiii クランク 新品 

クランクを長くするとトルクが掛けやすくなるらしい

この2つでパワートレーニングを開始してます

     (⇒パワーメーター導入の記事はこちら



さらにロング走に向けてポジションも変更

サドルを2センチほど下げました↓

201609 ビアンキ サドル スペシャライズド 

そして後方に1㎝ほどグッとずらして装着

これで足を上げるようにして走るようにしてます

そうするとロング走の時に色々な筋肉が使えて疲れにくいらしい

    (⇒サドルを下げて後方にグッとずらした記事はこちら


さらにSTIシフターの位置も変更↓

201701 バーテープ STI ポジション変更 バーテープ付き 

若干下げて下ハン時にブレーキを扱いやすくしてみた

さらに高速時、前傾姿勢のエアロポジションも取りやすい位置

     (⇒バーテープ、STIシフター変更の記事はこちら



クランクにサドル、そしてシフター位置を変更

これだけ変えると全く別の自転車に乗っている気がする

でもこれがかなり良い感じ♪


まずはクランクの変更による変化

「てこの原理」で長くすると力が入れ易いらしい


そのせいかペダルにしっかりと力をかけて回せる↓

201509 ロードバイク ぺダリング クランク 

そしてトルクをかけてゆっくり回すのが気持良い♪

これはロングの時には良い効果が出そうな気がする


ただ長くなった分、平均ケイデンスは若干下がったかもしれない

でもそれは気にならない程だと思います



そしてサドルを下げた効果も抜群でした!

 今までの「踏んでいた」感が少なくなり、回す感じで走れる

かなり引き足を意識して走れるようになりました


ところでサドル、下げるとドカッと座ってしまってお尻が痛くなる↓

201510 サドル スペシャライズド ローミン 装着 

私はずーっとそう思ってましたがこれが全然違っていた


低いサドル位置でも引き足を意識してトルクをかけて走る、

するとお尻への圧力が減って逆に痛み減少します


先日はこのポジションで200キロを走行↓

201702 南房総ライド クロモリビアンキ 富士山 

この時はクロモリビアンキでしたがポジションはほぼ同じ

もう笑っちゃう位、お尻の痛みが皆無でした♪



STIシフターの位置変更について↓

201701 関宿城~北川辺ライド STI位置 

正直これが一番慣れるのに時間がかかりました

シフターが遠くなり変速しにくい、さらに手の置きどころが分からない


でもこれが逆に良かったかも

ハンドルに体重をかけなくなり、体を体幹で支えて走るようにする

するとハンドルのどこを持っても良い感じで走れる

そして高速時のエアロポジションがとても良い感じ♪



今回のポジション変更の感想

201612 ビアンキ マビック キシリウム125 

全体としてはかなりリラックスして乗れる自転車に変更

それでいてちゃんとトルクをかけて回せる感じがいい


ポジションを変えるのはかなり勇気がいります

201702 南房総ライド クロモリビアンキ 走行中 

以前のポジションでも300キロとか500キロとかは乗れていた


しかし久々にポジションを変更したら結果は良好

この2年間で少しは成長していたという事?

ならばちょっと嬉しい♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

日曜日にカンパが来るのが楽しみ 【氷点下10℃の中を自転車で走れるか?】

今週末、凄い「カンパ」がやってくるらしい

カンパって言ってもこれじゃないですよ↓

201607 ホイール カンパ シャマルミレ 全体 ケースと  

スイマセン、これは自転車乗りのお約束の洒落(笑)

来るのは寒さ、そう「寒波」がやってきます!



でも本当に凄まじい寒波なんですよ・・・

今シーズン最強の寒波、東京でも「-3℃」まで下がる予報

こんな気温になるのは30年ぶりらしい


では私の住む茨城は何度まで下がるのか?


その予報がこれ↓

201701 大寒波 -7℃ 3  

なんと日曜日には「-7℃」の表示が出ている!

これだけ下がるのは1年でも1回あるかないかと言った気温


しかも利根川CRなどの川沿いだと、実際の温度はもっと下がる

という事は-10℃近くまでいくか・・・?


私は今まで自転車では「-8℃」が最低気温↓

201601 大寒波ライド 畑道 気温 -8℃  

これは昨年、やはり1月に走行した時の記録

今回はこれを上回る、いや下回る気温が期待できるかもしれない・・・

う~ん楽しみです♪



ちなみにエンジン付きのオートバイなら↓

201402 もてぎ 最低気温 氷点下11℃ バイクと2  

氷点下11℃近くまでの経験あり

しかしバイクなら電熱線装備があるのでこの気温でも普通に走れる


自転車はその辺の装備がかなり厳しい・・・

291612 大晦日ライド 渡良瀬遊水地 自転車 富士山1 WEB2

でもそんな寒さでも走り出すと楽しい、いや寒さ分楽しさが倍増(笑)

なので日曜日は早朝から走りに行く予定です

何度まで下がるか、楽しみです・・・♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ