「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」がバイクや軽バン「パズ」、ロードバイク等々で遊んだ記録です

スナフキン風のテントを購入 【ユルキャンの影響じゃないですよ】

1月は北茨城にてキャンプ

201801 北茨城キャンプ 焚き火台 焚き火ポット ユニフレーム 

新しく冬用に購入した焚き火台なんかを実践投入

気温も今シーズン初の-7℃、楽しくキャンプしてきました

        (⇒このキャンプの記事はこちら



実はこの焚き火台と一緒に購入したものがある

それがこれ↓

201801 テント スケルティ ローバーテント  

「ケルティ」から出ている三角型フレームの「ローバーテント

焚き火台を探している時につい目が合ってしまった

しかも何故かお値段が定価の半額くらい、なので思わずポチっと・・・


三角テントといえばアニメ「ムーミン」のスナフキンを思い出す

そしてローバーとは「放浪者、流浪者」の意味

たしかにスナフキンはそんな感じの人だった


実際のローバーテントはこんな風に使うらしい

201801 テント スケルティ ローバーテント2  

ワイルド感はたっぷり、でもなんか可愛い

ただ実際に使った方のレビューでは結露が酷いとの事

なので実際に使う場合にはタープと併用が良いのかもしれない



しかし予期せず買ってしまったテント

そしてまだ使っていないこんなタープもある↓

201712 パズ カーサイドタープ 

パズの車中泊用にかったカーサイドタープ

こちらも寒くなってしまったのでまだ未開封


実は明日から栃木でグルキャン予定

でもこのタープとローバーテントでは寒そうだし、雪も残っているかも

なのでこのテントの出番はまだまだ先になりそうです・・・


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


【タープとテント】
 
何個有っても買ってしまうのは何故?

溜まった道具を使うためにキャンプに行く 【やはり冬は焚き火♪】

昨日は急きょ北茨城でキャンプ

201801 北茨城キャンプ 焚き火 イメージ 

気温は-7℃近くまで下がって、久々の氷点下キャンプ

凍てつくような冬の寒さ、そして煌めくような星空を楽しめました♪



ところでこのキャンプに行ったのには理由があります

冬キャンプ用に買ったモノを色々試してみたかった


ますはこんな焚き火台↓

201801 焚き火台 

形的にはロゴスのピラミッドBBQグリルを簡単にしたモノ

なんか評判が良くてお安かったのでついポチっと・・・・


それに合わせてこれも使いたかった↓

 201505 ユニフレーム ケトル  

ユニフレームのキャンプケトル

これ焚き火にぶち込んで豪快に使えるものですがキャンプ未使用

ガレージにて石油ストーブでしか使ったことが無かったモノ


実際にこれで焚き火を楽しみつつお湯を沸かす↓

201801 北茨城キャンプ 焚き火台 焚き火ポット ユニフレーム 

ワイルド感たっぷりで良かった、それにいつでもお湯が使える

お酒飲みつつ、たまにコーヒーなんか飲む

まさに冬キャンプの醍醐味を満喫できる一品でした♪


ただこの焚き火台自体には色々問題あり↓

201801 北茨城キャンプ 焚き火台 初投入

しかし値段を考えればそれも許容範囲内でした

こちらはまた後でご報告します



さらに今回はこれも初投入↓

201705 ドッペル カベテント 試し張り キャノピー タープ風 

ドッペルギャンガー、いや今の名前はDODの「カベテント」

これポリコットン製で火の粉に強い幕

焚き火の時の壁になるので「カベテント」というらしい


試し張りはしましたが実践では初めて使うモノ↓

201801 北茨城キャンプ 焚き火 カベテント 

設営は簡単、そして中々便利に使える

なによりテントの横で気兼ねなく焚き火出来るのが良い


さらにこのテントは前面(片方)がファスナーで開閉可能↓

201705 ドッペル カベテント 試し張り 設営 3 

この中にキャンプ道具を仕舞ってから就寝出来きます

一人ではかなり贅沢に使える、4人くらいでも楽しく遊べそうな幕


焚き火&カベテント、これが快適なせいか↓

201801 北茨城キャンプ 焚き火 カベテント ネコ 

こんなお客さんもいらっしゃいました(笑)

冬の寒い時間、一緒に過ごしてくれてありがとう

  (⇒DODのカベテントの詳しい記事はこちら



ようやく始まった私の冬キャンプ

201801 北茨城キャンプ キャンプ パズ 

パズにて車中泊が基本ですがやはり焚き火があると全然違う

これからまだまだ寒くなるので楽しみです♪


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


【冬のキャンプは焚き火が楽しい】
 
焚き火台は色々あるけどハズレも沢山ある?(笑)

テントとタープの遍歴を考える 【今回はタープとそれに近いモノ】

前回は今までに購入したテントのご紹介



自分でも忘れていたようなモノもありました(笑)

そして今回はタープとそれっぽいモノ?のご紹介します

いやこれも結構な数がありました

     (⇒テント遍歴の記事はこちら



まずはテントみたいなタープ?のご紹介

ソロか少人数で楽しむならこの「ツインピルツ」↓

201512 野田ランタンキャンプ ツインピルツ ランタン点灯2 

これ前後がフルオープンになり、開放的な幕でお気に入り

冬はこれに石油ストーブを入れてヌクヌクキャンプも楽しい

  
大人数の宴会には最高の幕「パクリオン」↓

201705 陣馬形山ヒルクライム&キャンプ 1日目 パクリオン設営 

MSRのパビリオンのコピー商品、その大きさの割に収納サイズが小さいのが特徴

さらに本物のお値段10分の1!、なので財布にも優しい(笑)


変わり種のドッペルギャンガーの「カベテント」↓

201705 ドッペル カベテント 試し張り タープ風 コット ケシュア3

ポリコットン製で燃えにいので焚き火の「カベ」にすると良いらしい

でもこんな風にコットを置いて昼寝するにも良さそうな幕


ドッペルといえばこんなワンタッチタープ?も購入↓



自転車が保管出来るフロアレスのワンタッチ、これが軽くて使い勝手が良い!

普通にキャンプに使えるので2個買ってしまった・・・



次はタープのご紹介ですが、これも結構ありました

最初に買ったのがツーリング用のこれ↓



スノーピークの「ペンタ」、初めて買ったスノピ製品(笑)

購入して10年以上経ってますがまだ現役、さすがにスノピの耐久性は凄い


そしてファミキャン用にはオガワのシステムタープDXを購入↓



このタープとティエラとあわせて本家「オガワ張り」がしたかった

この幕はとても丈夫で涼しい、ただその分重いし収納が大きい



そういえばこんなタープもどきみたいなモノもあります↓

2011 10 ケルティ T501 ③ 7  

ケルティの幕で色使いが素敵、私には珍しくオサレな幕(笑)

ただ風が吹くと凧のように舞い上がるので強風時は使えない・・・


ああ、そういえばこんなテント?も買っていた↓↓

ワカサギ 雨天 1

キャプテンスタッグのワカサギテント、これ本来は冬の氷の上ので使うモノ

私はワカサギ釣りなんてしない、しかし何故かこん幕も買っている(笑)


コールマンの3ポールのドーム型タープなんてものもあった↓



これフルメッシュでフルクローズ可能、何度か冬の宴会キャンプで使用

しかしちょっと使い勝手が悪かったので知人に貰われていきました


さらにフルメッシュならロゴス謹製のこんなモノも持っていた↓



ワンタッチ式で、でも設営してもフニャフニャなので別名「こんにゃくタープ」

バイクで使用してましたが、今は雨漏りが酷く引退してます



古くてボロボロになったモノといえばこんな幕もあり↓

2011 9 ロゴス タープ フルメッシュ 2

別名「チープなタープ」と言われた古いロゴスのスクリーンメッシュタープ

でも中で焚き火なんかも可能?使い勝手は抜群で宴会で大活躍


そしてそのチープさが気に入りその後継幕まで購入



これはヘキサ型のメッシュタープですが、側面は全て巻き上げ可能

とても便利そうですがこれはまだ試し張りだけで実践投入はしてません


そして最近買ったモノはこれ↓

201712 パズ カーサイドタープ 

カーサイドタープといって車の横や前に張れるモノ

もちろん「パズ」用に購入したものでですが、まだ箱さえ開けてない・・・



しかし振り返ってみるとテントもタープも沢山ある

自分でもちょっと驚きました


そしてこれを踏まえたうえでこのドッペルのHテント↓



本当に買うべきなのか?

今夜一晩、よ~く考えてみます(笑)


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


【テントとタープ】
 
なんでこんなに買ってしまうんだろう・・・?

テントとタープの遍歴を考える 【まずはテントをご紹介】

 先日ドッペルギャンガーの格安テント発見

201712 ドッペルギャンガー Hテント2 

ちょっと前に話題になった「H」型テント、ちょっと欲しいかも

しかしよ~く考えてみればテントは沢山ある

なので一度振り返ってこ本当に必要かどうか考えてみます

    (⇒ドッペルの「H」型のテントの記事はこちら
    



まず最初に買ったのはこのソロ用のテント

マジックマウンテイン1-1

25年ほど前、生まれて初めてのキャンプツーリングに行く時に購入

「MAGIC  MOUNTIN( マジックマウンテイン)」というメーカー?

 
当時で3万円以上、私には非常に高いお買い物でした

しかしこれのおかげで2カ月間の日本縦断ツーリング↓

2011 8 RZR250 キャンプ2 1

とても楽しく快適に過ごせました
 
今はもう加水分解してベトベト、使えませんが思い出深いテント



その後色々忙しく、しばらくバイクはお休み

しかし数年後に大型免許を取って、再びキャンプツーリングへ

そしてここからテントを買いまくる生活が始まる(笑)


2番目のテントはドッペルギャンガー(今のDOD)↓

テント ドッペルギャンガー製 写真1

ソロ用の「ST-02 COCOON」という製品

これフライのみで設営可能、シェルター利用出来る優れモノ


さらに当時流行っていた、設営の速いトンガリ(参天)テント↓

 参天テント 試し張り 参天のみ

韓国製の「スノーライン」というテントも購入

床が無いテントなので中で煮炊き可能、さらにコット泊は快適でした


さらなる設営の速さを目指してワンタッチテントも購入↓

201210 陣馬方山 ドッペルギャンガー 参天 T501 

やはりドッペルの5人用の「T501」、設営時間はなんと15秒!

床を切ってフロアレス化、これも中で煮炊きを出来るようにして使用


こちらは同じくドッペルのソロ用のワンタッチテント↓
 
 201404 あだたら高原野営場 タープ テント ドッペル   

キャンプ仲間の「shumidderさん」から頂いたモノ

設営早く小さいのでタープ下などに便利、いまでも重宝してます


自転車旅用に購入したモンベルのムーンライト1↓

201304  タープ  ムーンライト1     

その名の通り月明かりの下でも簡単に設営するテント

しかし中々出番がなく、日の目を見られないテント・・・


さらに空気で設営するテントも購入したことあります↓



オークションで格安で出ていたのでつい買ってしまった

一度試し張りして使い勝手の悪さに驚愕、速攻オークションで売却


そして今はこのMSRの「ハバハバ」↓

 201407 自転車 初キャンプツーリング テント ハバハバ1  

軽いので自転車でも持っていけるし設営も楽、そして居住性も良い

ソロはとりあえずこれで落ち着いてます



あとファミリー用のモノもあります

雨にも風にも強い、オガワ(現在はキャンパルジャパン)の「ティエラ」

201411 オガワ ティエラ3 

既に10年近くが経過したモノですが、オガワの幕は丈夫です

それに設営も簡単、一人でも余裕なので今だ現役


色の可愛さのみで購入した、やはりオガワの「スクート」↓

201508 テント 小川 スクート4 参考画像   

これは加水分解してベトベトだった物をオークションで格安購入

それを再生したらすっかり綺麗、いつかパズの張ってみたい幕


さらには鉄骨といわれるオガワの「シャンプラン」↓

201506 オガワ シャンプラン 幕 跳ね上げ1  

これは真冬の宴会用に購入、設営は意外と簡単で建てるとかっちょええ

ただ支柱が多く幕がデカいので撤収と収納が大変なのが難点



振り返ってみるとテントだけでも色々ある

さらにタープや、それの変形版みたいな幕もあります↓



こちらも確か色々あったはず

次回はタープとそれに似たモノをご紹介

でもこれだけあればドッペルテント、要らないんじゃないか?(笑)

        (⇒タープを紹介した記事はこちら


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


再びドッペルギャンガーのテントを買うべきか? 【Hなテントが今お安い!】

 最近軽バン「PAZ」にて車中泊を経験

201711 パズ 車中泊装備 室内の様子 

自転車載せたままでも快適な車中泊でした

出来れば年内にもう一回くらいお泊りしたい

  (⇒パズにて自転車を積んで車中泊した記事はこちら



しかし車中泊も良いですが、やはりキャンプも好き

特にテントやタープの張り方を考えながら設営するのが好き

201407 オガワ システムタープヘキサDX 小川張り2    

使い勝手を考え、さらに見た目も良くする

これがテント好きには結構たまらない瞬間だったりします(笑)


なのでキャンプにハマると、それと共にテントも増えていく

私もご多分に漏れず沢山あります↓
  
 201407 自転車 初キャンプツーリング テント ハバハバ1  

201411 オガワ ティエラ3 

201705 陣馬形山ヒルクライム&キャンプ 1日目 パクリオン設営 

これはほんの一部で他にも多々あり

でも最近出してない幕もある、こんど陰干ししないと・・・



なのでテントを買う事はしばらく無いと思っていた

しかし先日、密林を探索しているとこんなモノが目に入った↓
201712 ドッペルギャンガー Hテント  
我が愛する「ドッペルギャンガー」のテント

しかも以前にちょっとだけ話題になった「H」型


これのキャッチコピーが「友達以上恋人未満のテント」↓

201712 ドッペルギャンガー Hテント2  

真ん中で分かれているのでプライベート空間は保てる

しかしその中央連結部分でコミュニケーションがとれる

まさに「友達以上恋人未満」のテント(笑)


以前にアマゾンで15000円ほどで販売していた

その時はこんなテントを買うやつがいるのか?と思ったテント


しかし先日見るとこれが一万円を切っていた

試しに欲しいモノリストに入れて置いたら連日の値下げ

201712 ドッペルギャンガー Hテント 値段 
ただ今4000円を切ってる

この値段なら買っても良いかもしれない・・・



最近のドッペルギャンガーはオサレ嗜好になっている

でもこんな売れるかどうか分からないモノを作るドッペルが私は好き
201712 ドッペルギャンガー Hテント3  
それにこの「H」テント、スペック自体はそれほど悪くない

ただし色がこの「ピンク」一択というのがまた悩みどころ


このテントからオヤジが出てきたら受けるか?

さらに娘とキャンプに行ったら一緒に寝てくれるか?

買ったら買ったで悩みが多そうなテントかも(笑)


―ブログ村のランキングに参加してます―

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


【このタイプは他にもあります】
  
一人、二人、さらに四人用の「Xテント」なんてのもあり(笑)