「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

河川敷でのオフ走行は違法?

以前に利根川河川敷でオフ会を兼ねてオフ走行
2012 3 滝桜 利根川 河川敷2  7

広い河川敷で、楽しい時間を過ごせました (⇒この記事はこちら


しかし、このオフ走行の記事を書いた時、こんなコメントを頂きました(原文です)


                             
  「これってみんなの憩いの場の河川敷ですよね 

   恥ずかしくないですか? カッコいいですか? 

   ブロックタイアを履いてアドベンチャーを走らせるとこですか? 

   マスクをしてゴッゴファーザのテーマをクラクションで鳴らしているやからと 

   場所は違えど同じように見えるのですが?」



確かに皆さんが楽しんでいる中、バイクが走っていたらイヤだと思います

私も自転車、そしてランの練習も河川敷で行うので、

この方の仰る事、よ~くわかります


しかしこの記事にした場所、かなり広い河川敷で
2012 3 滝桜 利根川 河川敷 練習風景 7

バイクと人、そして自転車、

さらにはジムニー等の4WDが住み分けて遊んでいける場所


人家も遠いので、よほどの音で無い限り苦情の心配も無いと思われます


さらにはこの時、主催された方が最初のミーティングで、

「人のいる場所では埃などに気をつけ、おとなしく走行しましょうね~」とのお言葉あり


河川敷のオフ、私たちはそんな感じで楽しんでいます



しかしここでふと疑問

河川敷でオフ走行、法的にはどうなのか?
2011 7 ジムニー クロカン 昔 2 

まずナンバー無しの車両で走ること、これは「違法」

ただ河川敷の管理は「警察」でなくて「国土交通省」

なので警察に捕まるという事はないそうです


さらに国土交通省にはこれらの違反者を罰する規定がないので、

実際上は「黙認」という形をとっているみたいです



しかしながら、その「黙認」もかなり大目に見てもらっての「黙認」

なので、やはり最低限のマナーを守る事は重要というか必須です


その最低限のマナーとは

  ●歩行者、自転車に迷惑をかけない(埃を立てない、専用道路を走らない等)

  ●近隣の方とのトラブルをさける(マフラーの音量や走行時間帯等)

  ●ゴミなどは必ず持ち帰る(不法投棄扱いになります)

  ●なるべく深い轍は作らないように走行する


これらのマナー甚だしく悪い場合は、

黄色いパトロールカーが来て厳重に注意される事もあります


それでもダメな場合は看板が立てられ、そしてバリケードで締め出し・・・

なのでこれらのマナーは守って走りたいですね~



そして河川敷で遊ぶ場合、

これだけは絶対にダメ!という行為があります

  ●堤防の登り下り(傷が出来て堤防決壊の恐れ有り)

  ●重機の使用などにより、地形を変化させること


この二つは絶対ダメ!

これらの行為は河川の氾濫、そして堤防決壊の原因となるらしいです
皆でマナーを守って、楽しいオフ走行をしましょうね~

           (⇒これらの情報、こちらを参考にさせて貰ってます

↓押して貰えると、もう少し頑張れル気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

R1200GS‐ADV 8の字走行の練習

近くにある駐車場です。
練習場
こんな風に勝手にコーンを置いて練習してます。

公営なので月曜日がお休み。さらに田舎なので誰もいません。
別段通行止めにもなっていないので、練習場に使わせていただいてます。

主に8の字、スラローム、低速走行を練習します。

以前CB1300に乗っていた頃は講習会を含め(RASの頃の柏校長の下で)
よくやっていたのですが、アドベンチャーではほとんどやっていません。

乗っているのが楽しくて、練習するよりツーリングしてました(笑)。

最近はアドベンチャーに慣れ、癖も分かってきました。

しかし慣れのせいで、アクセル、ブレーキワークがガサツになった気が・・・。

そこでまたまた練習再開です。


まずは低速走行

クラッチのみ、アクセルのみ、アクセル+リアブレーキと行います。
シートに座ったまま、立ち乗りと二種類おこないます。

仕上げには極低速走行。人が歩く速度以下で走行します。
立ち乗りでこれを行うと、終わった後に膝がプルプルします(笑)。


次に8の字走行

これも3種類やります。
まずはバンク無しで8の字。バイクを傾けないでハンドルだけで曲がります。
これなら転倒の心配も少ないので安心して出来ます。
フルステア(ハンドルを全て切った状態)で行えればベストです

2番目多少のバンクをつけつつ普通の8の字走行。
出来るだけ滑らかに、かつスムーズに行えるようにします。

仕上げは片手で8の字走行。
左手は腰に添えて、右手アクセル操作だけで8の字走行行います。

これは慣れないとかなり怖いです。丁寧なアクセルワークがポイントです。
上半身はリラックス、顔は常にカーブの先を見るように心がけています



最後にコーンを並べてスラローム

別にタイムは計りません。
丁寧に気持ちよく走ります。リズミカルに走り抜けられる練習をします。

出来るだけクラッチを使わずにアクセルの開閉だけで操作します
コーンを入口としないで、コーナーの出口に見立てると走りやすいです。

これで大体1時間半位遊べました。

ちなみに使ったカラーコーンはこんなものです
カラーコーン1
手前にあるのがコーンです。

ゴムみたいな樹脂で出来ているので、踏んでも安心です。
転ぶ心配もありません(笑)

トップケースにも余裕で入ります。
コーンとトップケース
4個セットでこの大きさです。

確か一個700円くらいです。
ホームセンターの工事現場関係の売り場に置いてあります。

私も、もう2~3個買ってきます。



―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
            にほんブログ村  にほんブログ村

R1200GS‐Adventure転倒!?

きょうはこんな画像から
起こす練習1
アドベンチャー横転!!

ではなくてわざと寝かせました。
今日は久しぶりにアドベンチャーを起こす練習をしておきます。

最近やっていなかったので久しぶりです。
たちゴケは余り無いのですが、倒すことはままあるのやっておくと安心です。

いざっていう時にあわてなくてすみし、その重さも実感できますから。

まずは地面にシートと柔らかい布を敷きます。
毛布とシート
毛布は2枚。練習で傷つけたら笑いモノですからね。

横にアドベンチャーをおいて
毛布とアドベ

おもむろに横転
横転1
ゆっくり寝かしていくんですが、アドベンチャーの場合それも結構大変。
本当に横転したら元も子もなしです

横にしてみるとさらにでかく感じます。横になった牛ってイメージです。

ちなみにキルスイッチはオフにしてます。

下からの画像
横転 下から  
なかなか自分のバイクのこんな姿は見れません。というか見たくないですね(笑)

では起こしていきます。
私的には右から起こすのが苦手なので、わざとその方に倒してます。

右から起こす場合の準備が2つ。

一つめはサイドスタンドをだしておくこと
サイドスタンド

2つ目はギヤを1速、もしくは2速に入れておくこと
ギヤを入れる
意外とこれが忘れやすいので私は注意しています。

ギヤを入れておかないと後輪が動いてしまいます。

ギアを入れておかないとバイクが回るだけでちっっとも起き上がらず、
バイクが傷だらけになります。


さて準備ができたら、体をバイクの間に入れます。
アドベンチャーの場合、エンジンが左右に張り出しているので体は入れやすいです。

持つ場所は右手はハンドル、左手はボディの持ちやすいところ。
体をバイクに密着させて、全体重をバイクに預けるように腰で起こしていきます。

足場に注意です。下が滑りやすいとなかなか上がってくれません。

わざとトップケースつけてガソリンは半分。重さは250キロ超。

さすがに重いですが、ゆっくり起こしていきます。
お越し達成
起こせました。

体力もある程度必要ですが、それ以上にコツがいります。
このコツが分かれば、今までの8分くらいの力で起こせます。

またこれがいつか役立つのでしょうね。     (⇒こんな時、場所で役に立ちます
あまり嬉しくありませんが(笑)

                           (⇒アドベンチャーを本当に倒した記事はこちら


―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
            にほんブログ村  にほんブログ村