「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

ロードバイクにマッドガードを装着する! 【これペラペラだけど使えそう】

ちょっと前の話になります

Wiggleで細々したモノを色々購入↓

201606 ヘルメット カットライク ウィグル 到着   

セール品でお安いモノなどを買いました



でもWiggleは一定金額以上買わないと送料が発生してしまう

なのでその送料合わせのために買ったモノあり

それがこれ↓

201702 Wiggleより Ass Savers 1 

「Ass Savers-エクステンデット」という商品

サドルに差し込むだけでマッドガードになるモノ

ずーっと気になっていたのですが中々買う機会がなかった


実際に装着するとこんな感じ↓

201703 Savers-エクステンデット 装着 

ペラペラなのですが、サドルの間に挟むと意外としっかりする

とりあえず走行中に取れてしまう心配はなさそう


サドルの下の部分に差し込むように装着する↓

201703 Savers-エクステンデット 装着 サドルとの相性1 

アールを描くことでしっかり固定できるみたい

それに脱着は簡単なので、急な雨とかに使えそう


ただサドルの形状によっては上手くハマらない事もあるかも

201703 Savers-エクステンデット 装着 サドルとの相性2 

あとはサドルバックが使えなくなるのが欠点か



とにかく脱着は楽、それにペラペラで軽い

201703 クロモリビアンキ マッドガード装着2 

なによりロードバイクの外観があまり損なわれないのが良い

一枚持っておくと便利かもしれません♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【amazonでもあるけど】
 
ちょっとお高いか・・・?

自転車のリヤバックに合うライトがなかなか無い 【ハート形はどうだろう】

 私のサドルバックはこれ↓

201609 リヤバック suew ボトムハーネス  

suewの「レラカムリ」というモデル

このバックは受注生産なので手に入るまで時間がかかる

私は注文してから1年3ヶ月後に入手(笑)


でも待った甲斐はありました!

作りもしっかりしてるし、デザインも素敵

201611 ビアンキ ロング仕様 マビック キシリウム suew 

容量も最大10.5Lあるので長距離のライドでもOK

とにかく使い勝手が良くてお気に入りのバックです

     (⇒このsuewのバックの記事はこちら



ただ一つだけ問題がある

それはバックの後方にライトが装着しにくいんです・・・


このバック、別注でライトを付けるホルダーがある↓

201702  suew ライト オプション  


これをバックの後方にパチッとハメる↓

201702  suew ライト オプション 装着  

この場所にクリップタイプのライトを挟んで使用する


でもこのホルダーのシートの厚みが微妙

実際にクリップタイプのモノを買って付けましたが、

201606 クロモリビアンキ 輪行仕様 リヤライト トライスター  

シートが厚くてクリップが割れそうになる

さらに材質がツルツルなので走行中に落ちそう・・・



なので使うには一工夫が必要↓

201702 suwe レラカムリ ライトホルダー トライスター装着

ライトホルダーに縦にベルクロを巻き、そこにクリップ式のライトを装着

これなら落下の心配なくライトも脱着しやすい


ただしライトのクリップは横づけ、なの時々下にずり落ちる

するとライトの光が後方から確認出来なくなるので夜間は危ない・・・


さらにこのバック、容量を変化させるとライトの位置も変わる

201702 suew 容量可変 ライト位置

なので容量によってライトの位置を微調整しなければならない

これがかなりのストレスになる・・・



なのでこんなライトを買ってみた↓

201701 リヤライト シリコン ハート形  

シリコン製のハート形のライト!

常時点灯、点滅、ゆっくり点滅の3モードあり


これを先ほどのライトホルダーに装着↓

201701 リヤライト ハート型 suew装着 2  

こんな感じでシリコンの紐をぐるっと回して止めるだけ

これがとてもしっかりしてる


さらにバックの容量を可変しても大丈夫

201701 リヤライト ハート型 suew装着 3 

このライトは全面発光タイプ

なのでライトの位置が変わっても光っているのが確認できる


夜間はこんな感じで光ります↓

201701 リヤライト ハート型 点滅2 anigif

ハートが怪しげに光るのが素敵です(笑)



ただしこれで何時間点灯するのか不明(電池はCR2032×2枚)

さらに使い込むとシリコンバンドが切れそうな気がする

201701 リヤライト ハート型 suew装着 点灯  

でもお値段易いので壊れてもそんなに惜しくない

闇夜に光るハート形を見たら、それは私の自転車です♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【このハート形のライト】
 
ぶら下げて使うと「ふ〇り」に見えるという噂あり・・・

厳冬期の走行、何度までなら耐えられるのか? 【関東平野ではこの位が限界】

このところ寒い日が続いてます

昨日も朝の気温は氷点下↓

201701 25日 気温 -4℃  

予報では「-4℃」表示、でも場所によってはもっと下がるはず


そして幸い午前中は仕事が無い

ならばこの寒さを味わうために出かけないと!


そしてその最低気温の記録は・・・

ジャン!

201701 最低気温 同記録 -6℃  

-6.1℃!今シーズンの最低気温と同記録

やはり関東平野で-7℃を超えるのは中々難しい


まぁ、この気温でも十分寒いんですが


もちろんボトルの水は凍ります↓

291612 大晦日ライド ボトル 凍結 

500㏄ほど残っている水も、この気温だとシャーベット状に

氷点下で飲む(食べる?)シャーベットは格別です(笑)



こんな気温でも走っていれば寒くは無い

ても手足の指先はやはり冷たい、とういうか痛い・・・


勿論足元は先日紹介したこれ↓

201701 シューズカバー スポーツフル 裏起毛2 

裏起毛のシューズカバーを装備してます

でもこの気温だとこれだけでは間に合わない
 
   (⇒このシューズカバーの記事はこちら


そんなときは薬物を使用、それがこれ↓

2011 12 スポーツバルム  

「SPORTSBALM(スポーツバルム)」、これを足や手の指先に塗る

出発の15~30分前に塗っておくと全然違います

今回は氷点下用の「ホットバルム」を使用


これワセリンと似たような感じ

その中に色々な成分が入ってるらしい

201701 最低気温 6℃ スポーツバルム 

中でも目を引くのが唐辛子樹脂、これが指先に効く(笑)

そしてその臭いも独特なのでその辺がちょっと微妙

でもその効果は抜群です!


 
ただこれを使うときに注意が必要


一つはこれを塗った指でコンタクトを入れない事

唐辛子成分が効いて、目が焼き付くほど痛くなります

私は一度経験あり・・・


そして二つ目はこれを塗ったままで熱いお湯に入らない事

薬の成分が脚に浸透しすぎてピリピリと痛くなってきます


それでも氷点下走行になお勧め

 201212 もてぎ自転車 凍結 2 

ただお値段がちょっと高い・・・

でも氷点下走行は一年で多くても十数回

なのでこ本あればかなり持ちます♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【スポーツバルム】
 
最近はパッケージが変わったみたい

自転車乗りの永遠の悩み、それはお尻の痛み 【シャモアクリームの比較】

自転車用品は色々あります

その中でも自転車乗りしか多分使わないモノもあり


それがこれ「シャモアクリーム」↓

アソス シャーミークリーム 

これ「シャーミ―クリーム」とも言います

自転車を乗るとき、ある場所にそっと塗っておく

するとお肌とジャージの摩擦を軽減して痛みを少なくしてくれる

そんな魔法のようなクリーム


そして塗る場所は「お尻」・・・



私はここ数年は上記の「アソス」のクリームを使ってます

ちょっとお値段お高いのですが、これ一個で1年以上持つ

ロングの時には小分けにして数時間おきに塗るとさらに効果的


しかし「アソス」のモノ以外にちょっと気になる商品あり↓

201701 Wiggle シャモアクリーム dhb 

海外通販「Wiggle」がプロデュースしている「dhb」というメーカー

コスパが良いので有名で、ここからも「シャモアクリーム」が出ている

しかもお値段は「アソス」の半額以下、容量は4割増し!


なのでWiggleで色々購入した時に↓

201701 ウィグル 購入品 シャモアクリーム  

一緒に購入してみました



まずはその容量というか大きさ

「アソス」のモノと比べてみます↓

201701 ウィグル 購入品 シャモアクリーム アソス 比較  

アソスは140ml、dhbは200ml、一目瞭然で「dhb」の方が大きい

これは良い買い物をしたかも♪


しかし開けてみると、中のクリームの状態が全然違う・・・


アソスはどちらかというと固形状でかなり硬い感じ

あえていうなら固形石鹸(そこまで硬くないですが)

でもそのおかげで、一回塗るとその効果は数時間以上ある


しかしdhbはかなりユルユル↓

201701 ウィグル 購入品 シャモアクリーム 中の状態  

これだと長時間の効果は期待できなしい

表記にも2時間くらいのライド、トレーニング用と記載してあった

なるほど、それでお安いのか


でも容量はたっぷり、それに値段も半分以下

塗った感じもサラサラでこれはこれで悪くない♪

とりあえず使い込んで、またインプレしたいと思います


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【シャモアクリームの代用に】
 
ワセリンでも結構いけるらしい♪

キャメルバックのボトル、飲み口がヤバい事に! 【黒いモノがポツポツと・・・】

昨年の終わりにライドしたら、最低気温は-6℃

ボトルに入れたドリンクが↓

291612 大晦日ライド ボトル 凍結 

凍ってシャーベット状になりました(笑)

でもキャメルバックのボトルならこれでも飲料可能


キャメルバックはその独特の飲み口で有名です↓

201608 ボトル キャメルバック 飲み口 

いちいち開け閉めがいらない秀逸なつくり

それにボトル本体が柔らかいので押し出すようにして飲める

ただ凍結しても飲めるは予想外(笑)



なのでもう一本追加購入↓

201701 ウィグル 購入品 ボトル キャメルバック 

こんどはレースエディション、白地に黒のロゴがシンプルで素敵


そしてその新しいボトル、当たり前ですが飲み口が綺麗

それを見た後に今まで使っていたのモノを観察↓

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 前 

すると何となくカバー越しに黒いモノが見える

これちょっとヤバいんじゃないか・・・?


私は基本、洗った後は冷蔵庫でそのまま保管する

なのでカビは生えにくいはず

しかしさすがに購入して4か月以上、そろそろ分解清掃の時期か?



なのでネットで下調べしてから清掃開始

まずはパーツ毎に分解していく↓

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 1 

しかしこの丸で囲んだ飲み口がバラしにくい・・・

でもこの部分が一番ヤバい気がする


なんとかドライバー等を使い、これだけのパーツに分解↓

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 2  

けっこう細かいパーツが沢山あります


そして先ほどのヤバそうな吸い口部分を観察

やはり凄かった↓

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 飲み口パーツ カビ 

お目にかけるのは恥ずかしいのでモザイク入れてしまいました

この黒っぽい部分、汚れというよりカビなのか・・・?



これを見たら放っておけない・・・

もう徹底的に歯ブラシで磨いていく!

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 歯ブラシ 

基本シリコンとプラなのですぐにピカピカになります

ああ、気持ちいい・・・


先ほどの黒い部分も↓

201701 ボトル キャメルバック 分解洗浄 後 

見違えるように綺麗になりました!

あとはよ~く乾燥させて組み上げて終了

これで次から気持ちよくドリンク補給が出来る♪



キャメルバックは飲みやすいけど、その吸い口は複雑な構造

そのせいかパッキンの間に汚れやカビが付きやすい

201608 ボトル キャメルバック タグ付き6 

これからはもう少しマメに洗おうと決意しました!

あとは飲み口だけでも売ってるみたいなので、酷い時は交換します

とにかくあの黒いモノだけは付かないようにしないと・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ


【キャメルバックのボトル】
 
夏用の保冷出来るタイプもあります