HIDバルブ 3000kと6000kの色味の違い

私のフォグは   色味は3000ケルビン(以下k)で、黄色になります霧や雨などではその効果は絶大しかしこのHID、バーナーの付け根が焼けてました・・・そこで交換したのですが、手元には6000kのものしか有りません6000kの色、ほとんど白に近い色 それをフォグに入れるとこんな感じ↓私のフォグはプロジェクター方式レンズに黄色が入っているので、6000kのバーナーでも色が付きますでもなんとなく緑というか、...続きを読む >

バイクのフォグランプの修理 HIDのバラスト交換

片側が点かなくなってしまった、バイクのフォグランプ    チェックしたらやはりバラストの劣化が原因購入して3年が経ちます中華製という事を考えればよく持った方でしょう!なのでバラスト、交換しますよ~まずは交換用のバラスト、バイク用に薄型を発注 左が薄型、右が普通のサイズのバラスト その大きさ、そして厚みがかなり違います「薄型の方が全然小さくて良いな~」と思ってみていると、この...続きを読む >

バイクのライト、今後はLEDが主流?

ヒカリモノの好きな私(笑)バイクはこんな感じでピカピカ↓  フォグにサイドLED、そしてナイトライダー自転車にも 、  夜間長距走のときは2灯体制、後方用ももちろんあり早朝のランでは、腰に作業用のヘッドランプをつけて、ピカピカさせて走ってます(笑)これらは全て、「被視認性」をあげるためなんですが、楽しいのも本音♪しかし最近の車やバイクのフォグやライト、色々楽しめますお手軽なのは、ポジシ...続きを読む >

ナイトラン ケルビン数別HIDの視認性

先日取り付けたハイビーム用のHID。これで色が3000k、4300k、6000kと揃いました。 なので、確認をかねてナイトランです。時間は夜中、、午前3時前。この後、このままツーリングに行こうと思ってます(笑)左がロー側4300k。 右がハイ側6000k。   やはり夜の視認性は、4300kのほうがいいですね。次は同時に 同時点灯でかなり明るくなります。ハイ側もキセノンにしたので、今まで以上に遠方がはっきりします...続きを読む >

HID バーナーの色とケルビン数

先日行ったハイビームのHID化。 これにより私のアドベンチャーは、3色のキセノンが付きました。  ●ハイビーム  6000ケルビン 青  ●ロービーム  4300ケルビン 白(一番太陽光に近い色)   ●フォグ     3000ケルビン 黄色ちなみにケルビン(k)とは色温度の事なので明るさとは違います。明るさの単位はルーメン(lm)で表します。ケルビン数を上げると、ライトの色は白~青くなっていきます。街中でたまに...続きを読む >

ハイビームHID化② ライト側の加工

バラスト位置が決まったので、ライト側の加工です。まずはライトの背面のカバーの加工 この中心を繰りぬいて、バーナーと電源を通せるようにします。24㎜径のホールソーでくり貫きます。 真ん中が開きました。この穴からバーナーをいれ、ゴムキャップを閉めます。ちなみに左がキセノン用のバーナー、右が普通のハロゲンバルブ   両方ともH7ハロゲンバルブはこれ自体で発光しますが、バーナーはバラストが無いと発光しませ...続きを読む >

ハイビーム HID化① バラスト位置等 

今日も雨です。仕事も大分溜まってはいるのですが、雨ではしょうがない。そういうわけで(どういうわけで?)、R1200GSーAdvのハイビームをキセノン化します。バーナーとバラストは、以前購入したパーツの余りです。 今回のバーナーは6000ケルビンを使用。6000Kというと、色は青に近くなります。動作確認のために点灯。 おー、青い。今回はバッテリーと、リレーを介しては繋ぎません。Hi側の電源から、直でバラスト...続きを読む >