「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

これでビアンキ、カーボンとクロモリノ2台態勢♪ 【アルテ仕様とDi2仕様】

先日、カーボンビアンキDi2化が終了

201702 カーボンビアンキDi2 関宿城

試走もしましたが中々に良さげ

街中でも、そしてダウンヒルでもその恩恵を受けました

  (⇒Di2にてクラブライドを走り、その真価が分かった記事はこちら



サドルやハンドルのポジションも確認

201702 Di2取付 STI シフター 装着 

STIシフターの位置も良さそう

なので最後の仕上げ、バーテープ巻きをします


今回はビアンキ純正?のこのテープ↓

201702 カーボンビアンキDi2 バーテープ カーボン  

色はチェレステで生地は「CARBON」

このカーボンは汚れが付きにくいのでお気に入り


ところでDi2のコードをバーテープ巻きするときの注意点

201702 DI2 外付け STIシフター ケーブル 余裕 画像  

ブラケットの中にちょっと余裕を持たせるといいらしい

コードが抜けたり、断線しないようにとの配慮みたいです



さてこれだけ押さえておいてバーテープ巻き開始

まずは右↓

201702 カーボンビアンキDi2 バーテープ2 


そして左↓

201702 カーボンビアンキDi2 バーテープ2 左 

実はここ最近バーテープ巻きが多い私

ここ2か月でこれで3回目になります

さすがに慣れてきたのか、ちょっと上手くなった気がする♪


30分程でサクッと終了

201702 カーボンビアンキDi2 バーテープ 

今回は自分でも中々綺麗に巻けた気がする

点数だと88点くらい?



これでカーボンビアンキは本当に完成↓

201702  カーボンビアンキDi2 バーテープ巻き 完成 

やはりバーテープをきちんと巻くと良い感じ

チェレステが大好きな私は満足です♪


ならば!

先日フルアルテ仕様にしたクロモリビアンキと一緒に扉絵風に↓

201702  カーボンビアンキDi2 クロモリビアンキフルアルテ2 横長 

なんか2台とも似た感じの自転車になってしまった(笑)

でも乗り味は全然違います


クロモリは重いけど乗っていて楽しい

そしてカーボンDi2はただひたすら走るのに向いている

201702  カーボンビアンキDi2 クロモリビアンキフルアルテ 

また自転車に乗るのが楽しくなりました♪

ただどっちに乗るかで悩みそうなのが悩みになりそう・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―

にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

クラブライドにてDi2の真価が問われる 【意外な場所で力を発揮】

先日クラブライドが埼玉県飯能にてあり

201703 飯能クラブライド 東飯能駅 集合 

倶楽部のISAMさんの肝いりで、総勢11名(お一人様はお見送り)が参加

久々のクラブライド、大賑わいでしたよ~


私は折角なので茨城から自走、往復で距離200キロ

そしてこれが久々の全て公道走行

201703 飯能クラブライド 踏切 春日部 開かず  

しかも埼玉の煩雑な市街地を抜けて走る道200キロ

いや~、遠かった・・・


でも今回は山、そして市街地でDi2をお試し出来た

そして意外なところでDi2が活躍することが判明



まずは山で使うDi2は最高!

といってもヒルクライム中はあまり恩恵はない

201703 飯能クラブライド ヒルクライム中1 

だって私が山を登っているときは一番下かせいぜい二番目のギア

なのでDi2の活躍の場は無い・・・


それよりもダウンヒル、これが最高でした!

Di2用のシフトレバー、シフトチェンジはスイッチ↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ シフター 

なのでレバーが動くのはブレーキ方向のみ

これがダウンヒルの時にはとてもしっかり引けていい


さらにワイヤー式だと、ブレーキとシフトが一緒に動いてしまう事がある

平坦路なら問題ないんですが、下りではちょっと怖い

なので下りの場合はブレーキを確実にかけて、シフトチェンジは後回し

その結果ペダルを踏んだ時に重いギアだったり、軽くて脚が空回りしたりする


しかしDi2ならそんな事が全くない

シフトチェンジはボタン一つなので、いつでも変更可能

 201702 Di2取付 STI シフター

極端な話、ブレーキかけながらでもチェンジ出来る

これ下っているときにはとても安心、そしていつも適正なギアを保てる

とにかくブレーキングに集中できるのが良い

Di2はダウンヒルをより安全に楽しくしてくれる道具♪(私の場合)



さらにDi2の真価はこんな所でも発揮された

それは市街地↓

201703 飯能クラブライド 踏切 春日部 開かず  

信号や踏切といったストップ&ゴーが多い道

この時にDi2の恩恵がとても大きい事が判明


私の場合止まるときはギヤを一番軽いギア近くまで落とす

そしてスタートして徐々にシフトアップ

市街地だとこれを何回も何回も繰り返す

そして今回Di2で走ってみて、ワイヤー式の大変さを痛感


シフトダウン時は力が要らないのであまり変わらない

でもスタート時のシフトアップ、それはワイヤーを曳く行為

201702 カーボンビアンキDi2 リアディレイラー 

これ一回や二回じゃ分からないけど、市街地で繰り返すと結構大変

女性や力の無い方だとかなりの負担になるはず

しかしDi2はスイッチ一つで動いてくれるので楽ちんです♪


何回も信号で止まると、その度にギヤを変えるのが本当に面倒

しかしDi2になるとシフトチェンジがそんなに苦痛じゃなくなる

それどころかチェンジが楽しくなったりもする(笑)


Di2は街乗りも楽しくしてくれる道具かもしれない



ところで今回のクラブライド、

201702  カーボンビアンキDi2 バーテープ巻き 完成 

私はDi2のお披露目もかねて参加

なので皆様の注目を集めるはずと、意気揚々と出かけた


しかし現地に到着してみるとクラブ員のお一人が、

201703 飯能クラブライド デュラエース Di2 

なんと、「デュラエース」のDi2を装着した自転車で参加

しかもまだ100キロほどしか走っていない新車・・・

おかげで私の「アルテグラ」Di2が霞んでしまった(笑)

あとでこのクラブライドの詳細もご報告します!



【追記というか訂正】

これを書き終わった後、ワイヤー式の自転車でローラー

するとワイヤーを曳くのは減速する時だと気付く

なので記事中の「シフトアップ時にワイヤーを曳く」は大間違い

止まる直前の減速時のギヤチェンジが一番力を使います

失礼しました m(_ _)m


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

我が家にも電動化の波がやってきた! インプレ編 【Di2の費用対効果を考える】

昨日土曜日、Di2装備で初実走してきました

201702 カーボンビアンキDi2 関宿城にて 

場所は利根川~江戸川CRを100キロ程

ほぼ平坦路のみの走行ですが、その時のインプレです



まずリアディレイラーから

201702 カーボンビアンキDi2 リアディレイラー 

とても良いのですが、感動するほどでは無いというのが正直なところ

同じアルテグレードできっちり調整すればさほどの違いはないかも


ただこれはシフトチェンジが少ない平地の場合

201702 南房総ライド 山間部 斜度  

先日の千葉みたいなアップダウンの連続だとその恩恵は大きそう

疲れたときボタン一つでチェンジ出来るのかなり楽だと思います♪


ところで変速時にちょっと気になる事があった

それはトップギアに近い場所でのギアチェンジ

201702 Di2化 カーボンビアンキ リアディレイラー 調整  

トルクをかけたまま変速すると「ガシッ!」という感じで足に負荷がかかる

多分モーター変速のタイミングがまだ掴めていないため

これはワイヤー式と同じように、変速の瞬間は少し足の力を抜くといいのかも

慣れれば解消されると思います



そしてフロントディレイラーの印象↓

201702 カーボンビアンキDi2 フロントディレイラー 

もうこれは言う事がありません!

特にインナーからアウターへのチェンジはちょっと感動する

全く力を入れないで変速していくのは変な感じ(笑)


あと良かったのはやはり自動トリム

201702 カーボンビアンキ DI2化 フロントディレイラー取り付け  

リヤのギアを変更するとフロントも勝手に動いてチェーンの擦れを解消

これ本当にストレスフリーで走れる機能、自動トリム万歳!



そして意外に良かったのがSTIレバーの握り具合というか動き

201702 Di2化 カーボンビアンキ シフター 

ワイヤー式のSTIでの変速時、たまに一緒にブレーキを引いてしまう事がある

特に疲れたときや山の上り下りでやってしまう


でもDi2の変速は電動なのでブレーキを単体でひく構造

なので一緒に動かしてしまう心配は全く無い

201702 カーボンビアンキ DI2化 完成 ホイール付き 

そのためにブレーキがしっかりかかるし、レバー自体も細身で握りやすい

私的にはこれとても良い感じでした



Di2の評価ですが私的にはリヤは〇、フロントは◎

おそらく山やロング走のほうがその効果は良くわかると思います

201608 日光ライド 竜&石 いろは坂 登り イメージ 

疲れ たときボタン一つでチェンジ出来るDi2はとても良さそう

今度は山でDi2を試してきます!


あとワイヤー式と違い一度調整してしまえば後はメンテフリー↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ 前後ディレイラー 調整 

ワイヤーが伸びて変速が渋くなるという事がは全く無い

これが精神衛生上とても良いです♪



最後にその費用対効果

私的には数万円なら変更してもOKかなと思います

201702 Di2 Wiggle配送 電化用パーツ

ただし10万以上かかるとなるとちょっと微妙かも

そのお値段なら、まずは良いホイールを買った方が費用対効果はある

ただし105からアップグレードするならいきなりDi2もありかも


あとでワイヤー式のアルテグラコンポ、

クロモリビアンキに乗って比較してみます

201702 クロモリビアンキ フルアルテグラ仕様 

多分その方が違いがよ~く分かりそうな気がする

またインプレします!

 (⇒カーボンビアンキをDi2化した記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

こんな道具があったのか・・・ 【電動化の時これを知っていれば】

最近カーボンビアンキをDi2化しました↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ 完成2 

ギアチェンジのストレスが本当にフリーになります

それにモーターのうなり音と共に変速するのが楽しい♪

   (⇒カーボンビアンキDi2化の記事はこちら
  



今回のDi2化、私はBB(ボトムブラケット)を抜かないで交換

201702 Di2取付 BB  

なので配線では多大な苦労をしました

それでも何とか全てのケーブルをフレーム内に収納


その時に活躍したのが古いシフタ―ワイヤー↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ ワイヤー下へ  

ワイヤーの先端にDI2用のケーブルを取付け引っ張り出す

かなり原始的な方法でしたがこれで全ての配線が完了

今回のDi2化、このワイヤー無しでは出来なかったといっても過言ではない(笑)



ただしこの方法、欠点もあり

それはワイヤーとコードの結合部のテープ留め部分↓

201702 Di2 配線図 ジャンクションAからBへ 配線コードとワイヤー   

ここをしっかり留めると結合部が大きくなって穴から出ない

しかし小さくし過ぎると簡単に外れてしまう

その加減が微妙でした


しかし最近便利なモノがあるのを発見

それがコレ↓

201702 パークツール インターナルケーブルルーティングキット 2  

「インターナルケーブルルーティングキット」という長い名前のモノ

これフレーム内に配線をするためのコードらしい


ケーブルの一方は強力な磁石

その反対は各種コネクターを接続出来るアダプターになっている

201702 パークツール インターナルケーブルルーティングキット 

これで色々なケーブルに接続して配線可能らしい


おおっ、まさにこれ私が欲していたモノ!

Di2化する前に知っていれば買っていたはず



しかしそのお値段みて愕然としました

201702 パークツール インターナルケーブルルーティングキット  お値段 

このワイヤーセットで8000円以上!

何回もやる方ならともかく、一回きりではちょっと手が出ないお値段・・・


ちなみにこのケーブル、クロモリでは使えないそうです

多分強力磁石を使っているからフレームにくっついちゃう?


でも構造は簡単そうなので、ワイヤーの先を工夫すれば自作できそう

今度作ってみます♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【パークツールの製品】
  
色々持ってますが、ちょっとお値段割高な気が・・・

我が家にも電動化の波がやってきた! その6 【Di2化終了、そして調整は超簡単♪】

カーボンビアンキのDi2化の記事、これが最後になります

前回までに配線はすべて終了↓

201702 カーボンビアンキ DI2化 配線完了 全体 

かなりスッキリした外観になった我がビアンキ

今回はディレイラーを組み、そして調整して完了です

   (⇒前回のバッテリーを挿入した記事はこちら



まずは前後のディレイラーの取り付け

リヤはディレイラーハンガーにポン付け↓

201702 カーボンビアンキ DI2化 リアディレイラー取り付け 

テンションボルトを挟まみ込まないように注意します

中にモーターがあるはずですが、あまり大きくなった印象は無し


そしてフロントのディレイラーも装着

こちらはクランクを付けて、位置出ししながら組む

201702 カーボンビアンキ DI2化 フロントディレイラー取り付け  

クランクと平行に、かつリングのとの間を1~3mmあけて設置

数字だけ聞くとシビアで難しそうな気がする


でもディレイラーにこんなシールが付いているので↓

201702 カーボンビアンキ DI2化 フロントディレイラー取り付け 幅シール  

これを目安に設置すれば簡単に調整出来る

ちなみにボルト類はちゃんとトルクレンチで管理してます



前後のブレーキも新品のアルテグラを装着します

201702 Di2化 カーボンビアンキ ブレーキ 

今回購入したのはアルテグラDi2のフルセット

なので新品を惜しみなく投入!

余った中古アルテはクロモリビアンキに移植します♪


最後はチェーンの取り付け↓

201702 カーボンビアンキ DI2化 チェーン 

同梱されていた新品のチェーンを使用

それをミッシングリングで繋ぎます


そしてカーボンビアンキDi2が完成↓

201702 カーボンビアンキ DI2化 完成 ホイール付き 

ブレーキとシフターワイヤーはすべて内蔵なのでスッキリ

ホイールはお気に入り、マビック「キシリウム125」を装着

バーテープはSTIの位置が決まってから巻きます



でもまだやる事がある、それはディレイラーの調整をしないと

まずはリアの調整から↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ リアディレイラー 調整  

ワイヤー式と違って微妙な張りの調整する必要がない

ただマニュアル通りにシフター側を動かして調整するだけ

リアは5分もかからず終了


ただしちょっと変わった作業がある

それは最後にこのネジを絞める必要がある↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ リアディレイラー ストップボルト 

これ調整用のネジではありません

「ストッパー調整ボルト」と言って、チェーン落ちさせないモノ?

とにかくこれだけは規定通りに締めないとダメらしい


そしてフロントの調整↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ フロントディレイラー 調整 

こちらはワイヤー式にちょっと似ている

2㎜のアーレンキ―を使ってディレイラーの開き幅を決める

その後はマニュアルに従い、やはりシフター側で調整


前後のディレイラー調整、15分位で完了

201702 Di2化 カーボンビアンキ 前後ディレイラー 調整 

ワイヤー式だと決まらない時は1時間やってもダメな事もある

いや本当に簡単でした♪



そして三本ローラーにて初めてのDi2走行↓

201702 Di2化 カーボンビアンキ 3本ローラー 試走  

久々にカーボンビアンキに乗ったせいか、かなり軽い気がする

そしてそれ以上にギアチェンジが軽い!


まずリヤのギアチェンジ

シフターに軽く触れるだけで、

201702 Di2化 カーボンビアンキ シフター 

「キュイン」というモーター音と共にギアが気持ち良く変速

かなり速くチェンジしても、もたつく事もなくシュンシュン変わる

もう全く不満が無い


そしてフロントギヤ、これはアウター側への変速が各段に楽

201702 Di2化 カーボンビアンキ フロントディレイラー トリム 

今まではワイヤーを「ウンショ!」と言った感じで引っ張っていた

それがシフターに触れるだけで変わる!

ただこちらはリヤと違って、ワンテンポおいてから変わる感じ


そして噂に聞いていた自動トリム、やはり素敵でした

お試しにギアをアウタートップのたすき掛けにする

すると自動的にフロントギアが微調整して、音鳴りを解消

これはかなり凄い機構!


さらにこのシフターはPCにて設定が変更できる↓

201702 Di2 E TUBE PROJECT 変更可能なモノ 

シマノの「E-TUBE PROJECT」にて色々変えられるらしい

慣れたら多段変速の設定をしてみたい



さてこれで私のビアンキもDi2化完了

201702 Di2化 カーボンビアンキ 完成2 

BB(ボトムブラケット)を抜かなかったので大変でした・・・

でもBBを抜いて配線するなら、かなり簡単に出来ると思います


そして調整がとても簡単

ワイヤー式のディレイラー調整は経験が無いと中々ピタッと決まらない

でもDi2はマニュアル通りやればほぼ完璧に設定できます!


あとはこれで実走するだけ↓

201612 利根川CR100キロ無休憩 利根川 看板 

今度のお休みにでも利根川CRあたりでお試ししてきます♪


これでDi2化の記事は終了

なにかの、そして誰かの参考になれば嬉しいな~♪

   (⇒カーボンビアンキのDi2化、最初の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ