「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

向かい風が楽しくなる装置 【パワーメーターでどこまでも?】

先日は午前中にちょっと時間あり

折角なので朝から低温を楽しみつつ走行

201701 最低気温 同記録 -6℃  

気温-6℃の中スタート!


利根川CRを北上、この日は道の駅「かぞ」を目指す

往復で100キロ程なので休憩込みで4時間ほどの距離

201701 最低気温ライド 朝日 ビアンキし 

真冬の寒い朝、でもその冷たい空気が気持ちいい



そしてこの日は強風予定

太陽が昇るにつれて風も強くなっていく↓

201701 最低気温ライド -6℃ 横風 吹き流し  

風向きは北~西、なので往路の50キロはほぼ向かい風

時速は25キロ程しかでない、いつもならこんな向かい風はイヤになる


しかし今の私にはこれがある↓

201701 パワーメーター 4iiii センサー部分  

そう、最近付けたパワーメーター「4iiii(フォーアイ)」

これがあるだけで向かい風がとても楽しくなるんです!


これで今のパワー「W」を表示

その数字で「今こんなに頑張っているんだ」が一目でわかる♪


さらに「このワット数であと10分だけ頑張る」みたいな練習も可能

なのでただ辛いだけの向かい風が「辛楽しい」になる(笑)



ところで風、私は向かい風より横風の方がイヤ

ロードバイクは軽いせいか、突然吹くと横に瞬間移動する

横からの突風は本当に怖い・・・


さらに、その横風にこれが加わるとかなりヤバいことに↓

201701 関宿城ライド 工事フェンス  

工事用のフェンス、普段なら全然気にしないモノ

そしてこれ、2枚おきに車両の説明が入っている幕がついている

単なるフェンスを楽しくしようという工事関係者の配慮


しかしこれが凶悪でした・・・


この幕のせいでフェンス越しに「強風」と「無風」が繰り返される

強風の時は道路の外側に飛ばされそうになり、無風でフェンス側に吸い寄せられる

これがリズミカルにくりかえされてマジで怖い


しかも工事区間なので道幅も狭いのでフェンスから離れられない

強風時、こんなフェンスをみたら減速した方がいいかも


そして帰りは追い風、快適高速!

のはずなんですが、まだ慣れていないパワーメーター

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 表示  

数字を気にしながらだと、走り方がギクシャクする

綺麗に風に乗れないので疲れるだけ・・・


なので追い風はパワーは無視、心拍を見ながら走行

これが良い感じ、やはり慣れている心拍ベースは走りやすい♪

負荷トレーニングはパワー、高速巡行は心拍基準が私的には良いみたい



ところでこの日は富士山が綺麗でした

これは関宿城と富士山↓

201701 関宿城 富士山  

この日も写真を撮っている方が沢山いました

氷点下の朝、寒いのにお疲れ様です


そしてこちらは私のお気に入り↓

201701 圏央道 富士山2  

利根川にかかる「圏央道」、その先に見える富士山

実は私は関宿城より、こっちの富士山の景色の方が好き


しかしパワーメーター付けたおかげで向かい風が楽しい

最近は風が強い日はサイクリング日和になってます(笑)


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

私のポチり人生を代えそうな一冊 【宮澤崇史著 ロードバイクトレーニング】

ロードバイクを乗っている方に評判の良い本を購入

宮澤崇史著「ロードバイクトレーニング」↓

201701 本 ロードバイクトレーニング 宮沢崇志 アマゾン

簡単にサクサク読めますが、その内容はかなり深い

初めての方でも、またかなり乗っている方でも考えさせられる本


最近私が付けたパワーメーターの練習法も色々載ってます

201701 パワーメーター お試し ローラー  

なのでその辺も参考にしつつ楽しく読ませてもらってます



ところでそのパワーメーターについて、こんな言葉があった

 「パワーメーターとは楽しさを提供する装置。(中略)

  楽しさを確保するための努力は惜しむべきではありません」 



という事は、

楽しさを確保するなら何をポチってもOK?


昨年後半から自転車関係のポチりが多い私

秋にはマビックのホイール↓

201611 ホイール マビック キシリウム125 


そして冬にリンタマンのシューズ↓

201611 シューズ リンタマン ワイヤーの様子 


さらにクリスマスにはパワーメーター&クランク↓

291612 大晦日ライド パワーメーター クランク 

他にも細かいモノをあげればキリがない

ポチり過ぎじゃないかとちょっと反省していたところ


しかしこの本の言葉にとても励まされました・・・


そう、買ってモチベーションが上がるならそれは正しい選択

私の行動は間違っていない!

そう思えるようになりました(笑)



そんな事まで考えさせられるこの本ですが、

201701 本 ロードバイクトレーニング 宮沢崇志  

本当に色々勉強になるし、サクサク読めて楽しい♪

さらに何回読んでも新たな発見がありそうな本です


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ
【ロードバイクの教本】
  
繰り返し読むと納得できます

向かい風の中、パワーメーターで遊ぶ 【強風でも楽しめるライドになる】

今週は大寒波が到来中

私の住む茨城でもかなりの低気温予報


特に日曜日には-7℃の予報が出ていた↓

201701 大寒波 -7℃ 3  

この気温、私の住む茨城では滅多にお目にかかれない温度

これなら場所によっては-10℃まで下がるかもしれない

氷点下好きの私、是非とも経験しなければならない気温(笑)


そしてドキドキしながら日曜日当日の予報をみる

しかし直前になって変わってしまったらしく最低は-3℃まで

これなら普通の寒さの冬、ちょっと残念


でもその代わりに強風の予報が出ている↓

 201701 大寒波 15日 大風12   

風速5m、しかも西風なら利根川CRでかなりの向かい風が期待出来る

ならばこの風でパワーメーターを試してみることにします



朝6:30過ぎに自宅出発

201701 関宿城 ビアンキ 目吹大橋2

朝日を拝みつつ利根川CRを走行、この時の風は3mほど

そして向かい風の中、パワーメーターを見ながら走る

この数字が動くのが結構楽しくて、辛いはずの向かい風も耐えられます


そして関宿城へ着いたのが午前8:00前

201701 関宿城 ビアンキ 

朝日を浴びて浮き上がる関宿城とビアンキ撮影

この場所で撮ったのは初めてですが、中々良いアングルかも


ところで今日は、「りょう君」とここで待ちあわせ

201701 関宿城 りょう君 準備 

以前に江戸サイにてMTBで私をぶち抜いていった彼

その後も連絡を取り合い一緒に走ったりしています

  (⇒りょう君との衝撃の出会いの記事はこちら


今日は私が以前使っていたシューズとペダルを彼に譲渡

使い古しのスペシャのモノですが、合わせてみるとちょうど良さげ

201701 関宿城 りょう君 シューズとぺダル 

ペダルは以前MTBに付けていたSPD用

初めてのビィンディングペダル、最初はハメるのに少し苦労していた

でもすぐに慣れて、そのまま履いてお帰りに

しかしりょう君、これでさらに速くなるんだろうな・・・



その後私は利根川CRに戻り渡良瀬を目指して北上

もちろん向かい風、しかもこの辺から強くなって風速は5mほど

これだと時速20キロくらいしか出ない

いつもならモチベーションダウンして、ダラダラ走っているところ


しかし!


今日はパワーメーターがある↓

201701 パワーメーター 4iiii 開封 

なのでスピードは無視、パワーのみを見ながらの走行

時速20キロ切ってもパワーが維持できていればOK、そんな走り方

するとこれがかなり楽しい♪


とりあえず維持するパワーを決める(例えば200Wとか)

そしてそれを15分キープとか決めて向かい風と戦う

201701 関宿城 ビアンキ 走行風景 ガーミン 

これがとても辛いんですが、とても楽しい♪

向かい風がこんなに楽しくなったのは生まれて初めてかも(笑)

そのくらい楽しく走れました



そして渡良瀬遊水地手前まで行ってUターン、来た道を戻ります

もちろん帰りは追い風、いつもならこの風に乗って帰るのが楽しい

201701 関宿城 ビアンキ 走行風景2 

しかし今回はこれがあまり楽しくない・・・


実は追い風、かなり踏まないとパワーが上がら無い事が判明

なので向かい風と同じくらいのパワー出すと心拍がとても上がって辛い・・・

こんなに辛い追い風も初めての経験です(笑)


そして3時間ほど、80キロ弱を走って帰宅

それがその概要↓

201701 関宿城 強風ライド 概要 ストラバ 

短い距離、そして時間の割にはかなり楽しめたライド

いや、パワーメーター付けていればどんな時でも練習になりますね~

向かい風ではお尻がプルプルしてくるし、追い風ではモモがパンパンになります



格安パワーメーター「4iiii(フォーアイ)」

201701 パワーメーター 4iiii センサー部分  

予想以上に遊べるシロモノだという事が判明しました

そしてパワーメーターを付けた方の強くなる理由が少し分かりました

私も楽しみつつ頑張ろう♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

念願のパワーメーターを装着 その3 【色々表示が出たけど分からない?でもでも楽しい!】

パワーメーター装着の記事、その3になります

前回は私のビアンキに無事パワーメーターを装着

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 校正  

ガーミンと同期させ、キャリ ブレーション(校正)も完了

いよいよパワーメーターをつけて初ローラーにチャレンジ

           (⇒この前の記事はこちら



ガーミンEdge800の表示はこんな感じ↓

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 表示 

とりあえず見やすい2段目にパワーを表示

ただリアルタイムだと数字が目まぐるしく動いて見にくい

なのでTREKさんお勧めの「3秒ごとの平均パワー」にしました


これで準備万端

まずは負荷無し3本ローラーでお試しです↓

201701 パワーメーター お試し ローラー  

パワーが表示された途端、テンションがブチ上がります!

しかし「3秒平均PWR」でも予想以上に数字が変わる

ちょっと踏んだだけでも数字が20~30くらい上がります


試しにケイデンスを上げてクルクル回す、すると数字は低いけど安定する

トルクを掛けてガシガシ踏むほど数字の上下が激しい

201701 パワーメーター 4iiii ローラー お試し  

でも自分の力が「何ワット」と表示されるのは楽しい♪

この数字見ているだけで1時間は回せそう!



実際に遊んでいたらあっという間に50分経過(笑)

そしてこれがパワーメーターを付けて初めてのガーミンのデータ↓

201701 パワーメーター 4iiii ガーミンコネクト表示  

今まで表示されなった数字や表記が色々出てきた(黄色の部分)

まだこの意味は殆ど分かりませんが、数字好きな私はとてもうれしい

これから色々勉強することにします!

(FTP設定はガーミンにもともと設定されていた数字)


この格安パワーメーター「4iiii Pricision」↓

201701 パワーメーター 4iiii 開封 

左だけの装着ですがローラーがとても楽しくなります

正直なところ、精度は他と比べて分からない

でも練習の目安にするなら十分そうな感じ



ただちょっと不満というか心配なことが一つある

それはここ、フタの部分↓

201701 パワーメーター 4iiii フタ 電池 

このフタ、一応ロックは掛かりますが結構簡単にはずれる

電池の入れ替えは楽ですが、走っている最中に外れそう・・・


さらに防水性は「IP56」、これ防水というより耐水といったくらいらしい

なので私は蓋の溝の所にこれを使った↓

201701 パワーメーター 電池ブタ ネジロック剤  

ネジロック剤(中強度)を塗布しておきました

これならフタも取れないし防水性も増す

ネットで調べると自己融着テープで固定している方なんかもいます



これで益々ローラーに乗るのが楽しみになりました

201701 パワーメーター ローラー 

しかしパワーメーターを装着したからには必ずやる事がある

FTP値の測定!

そしてこれがとてもツライとの話・・・

でも何はともあれパワーメーターを生活を楽しみます♪

   (⇒パワーメーターを装着、最初の記事はこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【ロックタイト】
 
自転車でも結構使う機会があります

念願のパワーメーターを装着 その2 【格安4iiii、順調に作動】

パワーメーターの装着記事、その2になります

前回はクランクを外しました↓

201701 パワーメーター 4iiii クランク 外し フレーム 

クランク長を170⇒172.5mmに変更するため左右を摘出

そしていよいよ新しいクランク、そしてぱあーメーターを装着します!

          (⇒前回クランク交換した記事はこちら



まずは172.5mmのクランクを付ける

201701 パワーメーター 4iiii クランク 新品  201701 パワーメーター 4iiii クランク 新品 長さ2  

これは海外通販の「Wiggle」にて購入したモノ

購入当時は国内より2割ほどお安かった(最近はアマゾンも近い値段)


まずはチェーンリングが付いている右側の部分を装着

これはBB(ボトムブラケット)に差し込むだけ

201701 パワーメーター 4iiii クランク 新品 右 装着 

勿論グリスは塗ってます

そしてこの反対、左側にパワーメーター付きのクランクを付けます



ではいよいよパワーメーター開封!

201701 パワーメーター 4iiii 開封 

これはカナダのメーカーが作っている「4iiii precision」

まだ日本では使っている方は少ないですが、評判はまずまず


クランクの真ん中にセンサーが付いている↓

201701 パワーメーター 4iiii フタ 電池 

ボタン電池CR2032で200時間くらい持つらしい

1日2時間乗ったとしても100日、ならば十分か?


クランクとセンサーの接続部分↓

201701 パワーメーター 4iiii 接着剤 

微妙に接着剤の後が残っているような気もする・・・

しかしお安いので全然OKです♪



いざ装着の儀式へ!

同封されている電池を入れ、反対側のクランクへはめる↓

201701 パワーメーター 4iiii クランク 新品 左 装着 

あとはネジを規定値のトルクでしめて完了

付けるのは本当に簡単


センサーとフレームとのクラリアランスはこの位↓

201701 パワーメーター 4iiii クランク 装着 フレーム クリアランス 

私のビアンキだと全然余裕、しかし自転車によっては接触するらしい

HPに調べる方法が載っているらしいので、確認してからの購入をお勧めします



そしてスピードプレイのペダルを付けて↓

201701 パワーメーター 4iiii クランク ペダル 装着完了 

クランクの移植は完了

苦節1年、私の自転車にもやっとパワーメーターが付きました

感無量です・・・(笑)


あとは綺麗にしたプーリーに、掃除したチェーンを装着↓

201701 パワーメーター 4iiii プーリー清掃 

これでハード面の準備は終了



次はサイクルコンピューター「ガーミン」と同期させる

といってもこちらもセンサーを認識させるだけなので簡単


ガーミンのセンサー項目に「パワーメーター」を追加

そしてクランクを回してセンサーを目覚めさせる

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 表示  

するとガーミンEdge800に「パワー(W)」の表示が出ます

嬉しい~~~♪


最後は「キャリブレーション(校正)」

クランクを下向きにしておく↓

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 校正中 クランク下  

このセンサーはクランクのねじれでパワーを計算するらしい

でも気温によって誤差がでるらしいので、それを「校正」する


これもガーミンの表示したがって簡単に完了

201701 パワーメーター 4iiii ガーミン 校正  

この「校正」、できれば毎回やったほうが誤差は少ないらしい

ちなみにパイオニアのモノは学習機能があって「校正」が要らないらしい・・・


さてこれで準備は完了

いよいよパワーメーター付きの自転車でローラーをやります

でもそれは次回の記事で  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ