「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

幌のジムニーの積載量をアップする計画2 【車外にボックスを装着】

ジムニーの積載量アップ計画、その2になります

リヤにこんなリヤボックスをつけるため↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ

DIYにてチャレンジしてみました!

   (⇒ここまでの記事はこちら



まずはスペアタイヤを取り付けるネジ穴を利用して、

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 ネジ穴 ボルト    

裏側から長めのボルトを入れて突き出しておきます

実はこの穴、ネジ山が切ってあるのででこれで既に固定されている


ここにホムセンで買ってきたL字の金具を装着↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 金具 

ここにボックスを置いて、横と下からボルトで固定します 

ちなみに黒い色は自分で塗装したもの


あとはこのボルトにあわせてボックスにも穴をあける

そしてその内側から金具を当てて、

201606 ジムニー リヤボックス 内側 プレート止め  

ナットで固定、下側もプレートをいれて固定します

これでとりあえずは作業終了



こんな感じで仕上がりました↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着 完成2 

もともとがスペアタイヤを付ける場所なので頑丈!


ボックスの下もL字金具にボルトで固定

201606 ジムニー リヤボックス 下側 プレート止め  

変な振動もなく、ネジが緩む心配もなさそう


ちなみにリヤゲートとボックスの間には20mmのスペーサーを噛ませてます

このスペーサーが無いとボックスの蓋が開かない・・・


最後に蓋が飛ばないようにタイベルトを装着↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着 完成1 

さらに防犯用の鍵を付けてリヤボックスは完成

「中々良いじゃないですか~」と自画自賛しておきます(笑)


ところでリヤゲートにつけておいたバックライト↓

201606 ジムニー リヤボックス バックライト移動  

これはバンパーの下に移設

作業用の大きいモノなので、場所を探すのが大変でした・・・



これで30分ほどテスト走行

帰ってきてチェックしてもネジのゆるみも無くOK


その後家に転がっていたジムニーのエンブレムを装着↓

201607 ジムニー リヤボックス 反射プレート ブレーキ点灯時 

さらにブレーキに連動して光る反射プレートも設置

これならホムセンの安い工具箱とは思われないはず(笑)


さて準備は万端、どこにでも行ける!

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ2

しかし問題が一つある

それはいつキャンプに行けるのか・・・? 


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ


【最近のLEDライト】
  
沢山あるし安いので選ぶのが楽しい♪

幌のジムニーの積載量をアップする計画1 【色々考えた末に】

先月2か月ぶりに復活したジムニー

そして幌をジープ風にして走行

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 テープ

この幌、実は扱いが面倒で買った事を後悔した時もある

しかしこんあ使い方が出来るとは、買ってよかった・・・

       (⇒この幌の詳しい記事はこちら


ところでこのジムニー、さらに改良しました↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ

リヤゲートにボックスを装着!

これが中々に良い感じでさらにジープ感を演出?


今回はこのボックスをDIYしたお話し



装着するのはホームセンターで買った既製品↓

201606 ジムニー リヤボックス 本体  

道具をいれて車の後ろなんかに置いておく収納ボックス

鍵穴付き、それにオレンジに黒の色使いが素敵だった


これをこんな感じで付けようと計画↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着イメージ  

リヤのゲートにボルトで固定します

ここにボックスがあるとキャンプの時などかなり便利なはず


しかしこれを付けるには邪魔なモノが色々ある↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 

ナンバー、そしてバックライトなどを移動しなければならない

これ普通の車ならかなり面倒な作業

しかしそこは1/1スケールプラモデルのジムニー、自分で出来ます(笑)



まずは邪魔になるモノを外してナンバー灯を左に移設

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー灯移動  

もともとあった穴を利用してネジ止めして配線しなおし

バックライトは後で別の場所につけます


このナンバー灯の下にナンバーも移植します

しかしここには取り付けるための穴が無いので↓

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー移動 穴あけ  

ドリルでギュィ~ンと穴を開けていきます

ボディに自分で穴をあける、これもジムニーならでは醍醐味!


ところで穴をあけた場所は↓

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー移動 穴あけ 塗装  

ちゃんと色を塗っておかないとサビますよ~

なにせジムニーのボディは「鉄」ですから(笑)


あとはナンバーをボルト止めして終了

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー灯移動 点灯  

ナンバー灯の点灯も確認

これで下準備はOK、リヤボックスをつけるスペースが出来ました



次はリヤボックスを固定する金具を設置

その場所はここ↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 ネジ穴  

この穴を利用してボックスを固定する金具を取り付けます

しかしなんでこんな所に4個も穴があるのか?


実はここはスペアタイヤのブラケットを取り付ける穴↓

201606 ジムニー リヤボックス スペアタイヤ 例  

そのため周囲も補強が入っていて、かなり頑丈な造りになってます

なのでこれを利用してボックス用の金具を固定します


長くなるので続きは次回で  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ



【ジムニーのナンバー移動】
 
オフ走行用に市販されてます

30年経ったクルマで楽しむ方法 【ジムニーをジープ風に】

2か月振りに復活したジムニー

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 正面から 

4万キロも走っていないエンジンに乗せ換え

なので前より調子いいかも♪



そして復活に伴いやってみたかったことがあります

それはこのスタイル↓

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 

この分割できる幌でジープ風に走ってみたかった

冬だとこれは寒くてできなかった乗り方


実際にこれで走ってみると、解放感がすごい!

でも屋根があるので安心感もある


このままで利根川土手に突っ込みます

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 2

青空の中、ジムニーで久々にクロカン風の走り

エンジンも快調で楽しい~~~!


土手下のダートにも侵入↓

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 泥道  

タイヤがブロックじゃないので無理はしません

しかしそこはジムニー、普通タイヤでも中々の走破性



いや~、ジムニー復活してまた色々いじってしまいそう

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 テープ

今度はリヤにボックス付ける計画中

ジムニーのある生活はやはり楽しい♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

お花見キャンプに向けて装着 【マッドフラップ、泥除け】

わたしの古いジムニーの快適化計画、

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 取り付け完了  

その最終段階は30年以上たった幌をアメリカモノに新品交換

色々問題はあるものの、ビジュアル的には中々

     (⇒この幌を購入した記事はこちら




すでに雨の日にも試乗済み

201603 ジムニー 幌 ランページ 撥水性 

新品なので撥水性も抜群

水が玉になって落ちていくのが気持ちいいい♪


しかし雨が乾いた後、リヤを見ると↓

201603 ジムニー 幌 バンパー 泥 しっぱね 

バンパー、そしてその上の幌まで泥水だらけ

普通の道を走っただけなのに、なんでこんなに汚れるのか・・・?




実は私のジムニーは泥除けを外してます

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ なし  

以前クロカンで遊んでいたため、マッドフラップを撤去

こちらのほうが泥などを巻き込まなくて良かった


でもこれでオンロードタイヤで高速走行すると、水跳ねが半端ない・・・


今までは幌が古いので汚れも気にしていなかった

でも新しい幌がだとこれがかなり気になる


なので急きょガレージの奥から↓

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ   

外しておいたマッドフラップを出しました

いやこれを見たのは久々、もう10年以上になるか?


そしてそれを装着↓

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ 装着 

タイヤがオンロード用で小さくなったのでこれはこれでありかも 

なにより新しい幌が汚れなくて済む


しかしジムニー部品、取っておけば何かと使うものですね~




さて私のジムニーもとりあえずこれで一段落

201603 ジムニー イメチェン 完了  

季節は春、関東では桜ももうすぐ開花宣言

ならば次はこれでお花見キャンプですね♪



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ


アメリカより到着、見栄えは良いけど・・・【新しいジムニーの幌】

私のジムニーはツギハギだらけ↓

2201602 ジムニーホロ 後方 破れ  

もう30年以上経過したモノ、なので交換することを決意


しかしジムニーは社外品が沢山あります

どれがよいのか悩みますが、たぶん純正のモノが一番

だって30年以上の耐久性がありますから


しかしここはあえて冒険して↓

201603 ジムニー 幌 ランページ HP 

トライアル系のパーツで有名な「RAMAGE PURODUCTS」製をチョイス

そしてそのアメリカに注文していたモノ、届きました!

     (⇒ジムニーの幌でいろいろ悩んだ記事はこちら



それがこれ↓

 201603 ジムニー 幌 ランページ 箱

アメリカより郵送、そしておもいっきり「MADE IIN CHAINA」の文字

もうこれはお約束(笑)


まずはジムニーの古いを外します

201603 ジムニー 幌 幌はずし オープン2  

すると開放感あふれるオープンカー?が出現


本当はこのまま走るのが一番好き

だけど冬は寒いし雨が降ると大変なので、一年中この状態は無理

ちなみにロールバーは社外品のモノを後付けしてます



では新しい幌の取り付け

ですが、これが結構苦労しました・・・


まだ幌が新品のせいか、遊びや伸びが全くない状態

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 ホック 

なので幌のボタンと車体がのホックが微妙に合わない

いや大変でした


それでも悪戦苦闘してなんとか装備

その装着したのがこの姿↓

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 取り付け完了  

今回の幌、窓の部分はスモークが入っている

見栄え的には中々良いかも


後ろから見るとこんな感じ↓

201603 ジムニー 幌 ランページ 交換 リヤ 

後ろの窓もスモークで外から見えにくく、プライベートが感アップ

でも中からはかなり明るくて良い感じ♪



しかしこの幌、一番の特徴は他にある


それはサイド、そしてリアにジッパーがついていて↓

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 マジックテープ 

それらが単体で取り外し可能になってます

私はこれができるからこの幌を買ったようなもの


そして実際に外した姿がこれ↓

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 サファリトップ 

サファリトップ!


でもなんか思い描いていたイメージと違ってイマイチでした・・・

ロールバーがもしかして邪魔か?


さらにこの形にトランスフォームして感じた事があります

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 サファリトップ2 

それはリヤの幌とサイドの幌、単体で外すのがかなり面倒

もっと簡単かと思ってた・・・


さらにこのジッパー部分↓

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 チャック 

耐久性が?で取り外しを沢山やると壊れそうな気がする

この辺はアメリカ製(いや中華製か?)なんで仕方がないか・・・



そんな耐久性にはイマイチ不安感があるNew幌


 でも見てくれはかなり良し!

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 ポーズ 

それに馴染んで来れば、もう少し取り外しが楽になるはず

とりあえず5年くらい持てばいいのでガンガン使います!


しかしアメリカ製(中華製?)の幌「ランページ」↓

201603 ジムニー 幌 ランページ ロゴ2  

やはり細かいところは日本製に及ばないような気がする


なので次に買うなら純正にしてしまうかも(笑)

でも見栄え重視ならこの選択もありです♪



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ