「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」がバイクや軽バン「パズ」、ロードバイク等々で遊んだ記録です

ジムニーを嫁に出す前に記録簿を作っておきます 【その1 外装】

10月に軽バンの「パズ」が納車↓

201711 日光 家族にて カラマツ拾い 光徳牧場 パズ 撮影2 

農道のポルシェといわれるサンバーがベース車両

5MTにスーパーチャージャ―付き、楽しく乗れる車です


そしてジムニーの嫁ぎ先も決まった↓



ただ長年付き添って身としてはそのまま渡すことは出来ない

一度全てチェックして車検を通る状態にしたい

せっかくなので過去の軌跡をたどりながら記録も残します

今回は外装、エクステリアをチェック



まずは大物の幌から

最初は純正のモノを使用してました↓

201603 ジムニー 幌 交換前  

生地はしっかりして20年使っても大丈夫

脱着も意外と簡単で慣れれば10分もあれば可能

ただこのクリアー面が弱かった・・・

冬の寒い時期に幌を上げ下げするとパリパリとヒビが入ってしまう


こちらはその純正の幌を外して使うモノ

2011 4 ジムニー サントップ1

ジープ風の見てくれになる「サントップ」、夏用に購入

涼しいかと思ったら、最近の猛暑ではひたすら暑くてダメ(笑)


ちなみにこの幌はロールバーで使用するのが前提↓
 
 20128 ジムニー ロールバー 4 

このロールバーも後付け、社外品のモノを自分で取り付けてます

ただ車検には非対応、さらに重いので最近は付けてなかった


そして今装着しているのは「ランページ」の幌



これアメリカよりの輸入品、クリア部分がスモークになっています


それに各パートが分離できるのが特徴

サイドとリヤを外してサファリジープ風にもなります↓



さらに雨が降って来てもすぐに装着可能

見てくれはとてもいい、でもアメリカらしく結構適当なつくり(笑)



次はホイール

これは15年ほど前に購入した「OZレーシング クロノ」



当時はかなりの軽量アルミホイールで白がポイント

これにジープサービスのタイヤを履いてました

これ全然スピードでなったけど、かっちょええ組み合わせでした


タイヤといえばロールバーに予備タイヤを設置出来るようにもした↓
 
 

これ足場パイプを組んでDIYで付けたモノ

色もちゃんと黒の艶消しで塗装しましたよ~♪



前後のバンパーも交換↓





前後とも社外品の丸パイプタイプで統一

それに伴いライト類も移植しましたがそれはまた後でご紹介


リアといえばこんなボックスも付けました

201606 ジムニー リヤボックス 反射プレート  

車中泊の時に小物をいれるのに重宝したもの

今回嫁に出すにあたり、これは撤去してます


車体の下、サスペンション(板バネ)とショックも交換



これにより4インチ(10cm)ほどリフトアップしてます

構造変更届もだしてあるので、このままで車検は通ります

真ん中にあるのタンクガード、確かアルミ製だったはず



外装的にはこの程度、ジムニーにしたら大人しめのカスタム

しかし考えてみれば初年度登録が昭和54年

201606 ジムニー 復活 壁画 WEB22 

製造されて40年近くになる車、私でも30年近く乗ってます

それを考えれば綺麗に乗っていると自画自賛しておきます


次は電装系というかライト類のカスタム

201607 ジムニー LEDライト エンジェルリング 点灯2

構造が簡単なジムニー、特にライト類は何度交換したことか

中でもこの「エンジェルリング」は秀逸でした・・・

    (⇒ライト類のカスタム備忘録はこちら


―ブログ村に参加してます― 
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ


幌のジムニーの積載量をアップする計画2 【車外にボックスを装着】

ジムニーの積載量アップ計画、その2になります

リヤにこんなリヤボックスをつけるため↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ

DIYにてチャレンジしてみました!

   (⇒ここまでの記事はこちら



まずはスペアタイヤを取り付けるネジ穴を利用して、

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 ネジ穴 ボルト    

裏側から長めのボルトを入れて突き出しておきます

実はこの穴、ネジ山が切ってあるのででこれで既に固定されている


ここにホムセンで買ってきたL字の金具を装着↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 金具 

ここにボックスを置いて、横と下からボルトで固定します 

ちなみに黒い色は自分で塗装したもの


あとはこのボルトにあわせてボックスにも穴をあける

そしてその内側から金具を当てて、

201606 ジムニー リヤボックス 内側 プレート止め  

ナットで固定、下側もプレートをいれて固定します

これでとりあえずは作業終了



こんな感じで仕上がりました↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着 完成2 

もともとがスペアタイヤを付ける場所なので頑丈!


ボックスの下もL字金具にボルトで固定

201606 ジムニー リヤボックス 下側 プレート止め  

変な振動もなく、ネジが緩む心配もなさそう


ちなみにリヤゲートとボックスの間には20mmのスペーサーを噛ませてます

このスペーサーが無いとボックスの蓋が開かない・・・


最後に蓋が飛ばないようにタイベルトを装着↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着 完成1 

さらに防犯用の鍵を付けてリヤボックスは完成

「中々良いじゃないですか~」と自画自賛しておきます(笑)


ところでリヤゲートにつけておいたバックライト↓

201606 ジムニー リヤボックス バックライト移動  

これはバンパーの下に移設

作業用の大きいモノなので、場所を探すのが大変でした・・・



これで30分ほどテスト走行

帰ってきてチェックしてもネジのゆるみも無くOK


その後家に転がっていたジムニーのエンブレムを装着↓

201607 ジムニー リヤボックス 反射プレート ブレーキ点灯時 

さらにブレーキに連動して光る反射プレートも設置

これならホムセンの安い工具箱とは思われないはず(笑)


さて準備は万端、どこにでも行ける!

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ2

しかし問題が一つある

それはいつキャンプに行けるのか・・・? 


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ


【最近のLEDライト】
  
沢山あるし安いので選ぶのが楽しい♪

幌のジムニーの積載量をアップする計画1 【色々考えた末に】

先月2か月ぶりに復活したジムニー

そして幌をジープ風にして走行

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 テープ

この幌、実は扱いが面倒で買った事を後悔した時もある

しかしこんあ使い方が出来るとは、買ってよかった・・・

       (⇒この幌の詳しい記事はこちら


ところでこのジムニー、さらに改良しました↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着済み ポーズ

リヤゲートにボックスを装着!

これが中々に良い感じでさらにジープ感を演出?


今回はこのボックスをDIYしたお話し



装着するのはホームセンターで買った既製品↓

201606 ジムニー リヤボックス 本体  

道具をいれて車の後ろなんかに置いておく収納ボックス

鍵穴付き、それにオレンジに黒の色使いが素敵だった


これをこんな感じで付けようと計画↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着イメージ  

リヤのゲートにボルトで固定します

ここにボックスがあるとキャンプの時などかなり便利なはず


しかしこれを付けるには邪魔なモノが色々ある↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 

ナンバー、そしてバックライトなどを移動しなければならない

これ普通の車ならかなり面倒な作業

しかしそこは1/1スケールプラモデルのジムニー、自分で出来ます(笑)



まずは邪魔になるモノを外してナンバー灯を左に移設

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー灯移動  

もともとあった穴を利用してネジ止めして配線しなおし

バックライトは後で別の場所につけます


このナンバー灯の下にナンバーも移植します

しかしここには取り付けるための穴が無いので↓

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー移動 穴あけ  

ドリルでギュィ~ンと穴を開けていきます

ボディに自分で穴をあける、これもジムニーならでは醍醐味!


ところで穴をあけた場所は↓

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー移動 穴あけ 塗装  

ちゃんと色を塗っておかないとサビますよ~

なにせジムニーのボディは「鉄」ですから(笑)


あとはナンバーをボルト止めして終了

201606 ジムニー リヤボックス ナンバー灯移動 点灯  

ナンバー灯の点灯も確認

これで下準備はOK、リヤボックスをつけるスペースが出来ました



次はリヤボックスを固定する金具を設置

その場所はここ↓

201606 ジムニー リヤボックス 装着場所 ネジ穴  

この穴を利用してボックスを固定する金具を取り付けます

しかしなんでこんな所に4個も穴があるのか?


実はここはスペアタイヤのブラケットを取り付ける穴↓

201606 ジムニー リヤボックス スペアタイヤ 例  

そのため周囲も補強が入っていて、かなり頑丈な造りになってます

なのでこれを利用してボックス用の金具を固定します


長くなるので続きは次回で  (⇒続きはこちら


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ



【ジムニーのナンバー移動】
 
オフ走行用に市販されてます

30年経ったクルマで楽しむ方法 【ジムニーをジープ風に】

2か月振りに復活したジムニー

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 正面から 

4万キロも走っていないエンジンに乗せ換え

なので前より調子いいかも♪



そして復活に伴いやってみたかったことがあります

それはこのスタイル↓

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 

この分割できる幌でジープ風に走ってみたかった

冬だとこれは寒くてできなかった乗り方


実際にこれで走ってみると、解放感がすごい!

でも屋根があるので安心感もある


このままで利根川土手に突っ込みます

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 2

青空の中、ジムニーで久々にクロカン風の走り

エンジンも快調で楽しい~~~!


土手下のダートにも侵入↓

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 泥道  

タイヤがブロックじゃないので無理はしません

しかしそこはジムニー、普通タイヤでも中々の走破性



いや~、ジムニー復活してまた色々いじってしまいそう

201606 ジムニー復活 ジープ風 利根川土手 青空 テープ

今度はリヤにボックス付ける計画中

ジムニーのある生活はやはり楽しい♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

お花見キャンプに向けて装着 【マッドフラップ、泥除け】

わたしの古いジムニーの快適化計画、

201603 ジムニー 幌 ランページ 幌 取り付け完了  

その最終段階は30年以上たった幌をアメリカモノに新品交換

色々問題はあるものの、ビジュアル的には中々

     (⇒この幌を購入した記事はこちら




すでに雨の日にも試乗済み

201603 ジムニー 幌 ランページ 撥水性 

新品なので撥水性も抜群

水が玉になって落ちていくのが気持ちいいい♪


しかし雨が乾いた後、リヤを見ると↓

201603 ジムニー 幌 バンパー 泥 しっぱね 

バンパー、そしてその上の幌まで泥水だらけ

普通の道を走っただけなのに、なんでこんなに汚れるのか・・・?




実は私のジムニーは泥除けを外してます

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ なし  

以前クロカンで遊んでいたため、マッドフラップを撤去

こちらのほうが泥などを巻き込まなくて良かった


でもこれでオンロードタイヤで高速走行すると、水跳ねが半端ない・・・


今までは幌が古いので汚れも気にしていなかった

でも新しい幌がだとこれがかなり気になる


なので急きょガレージの奥から↓

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ   

外しておいたマッドフラップを出しました

いやこれを見たのは久々、もう10年以上になるか?


そしてそれを装着↓

201603 ジムニー リヤ マッドフラップ 装着 

タイヤがオンロード用で小さくなったのでこれはこれでありかも 

なにより新しい幌が汚れなくて済む


しかしジムニー部品、取っておけば何かと使うものですね~




さて私のジムニーもとりあえずこれで一段落

201603 ジムニー イメチェン 完了  

季節は春、関東では桜ももうすぐ開花宣言

ならば次はこれでお花見キャンプですね♪



―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ