「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

久々に灯すランタンに癒される 【コールマンのケロシンは扱いが本当に楽】

先日は三重県伊勢志摩でキャンプ

2017 ジムニーで行く伊勢志摩 観光農園 キャンプ パクリオン 中 

ジムニーにて延々と下道を走って参加

そして最後はジムニーの故障で終わった・・・

色々な意味で楽しめたキャンプでした(笑)



ところでこのキャンプの前に久々に出したものあります

それがこのケロシンランタン

201703 ケロシンランタン コールマン 準備 

燃料が灯油のランタン

これはコールマン製で自衛隊で使われていたモノらしい


とにかく久しぶりに出したのでキャンプに行く前に点灯確認

まずはカップにアルコールを入れて余熱、そして点灯!

201703 ケロシンランタン コールマン 点灯  

炎上する事もなく一発点火でした♪

ケロシンランタン他にも持ってますがこのランタンは優等生

他のだと駄々こねて中々点いてくれない(笑)

    (⇒このケロシンランタンの記事はこちら



さらに今回はこいつも持参↓

 201503 カーバイトランプ マザーズポリッシュ 研磨 仮終了   

蒼海さんに頂いた真鍮製のカーバイドランプ

これは燃料が水と石(カーバイド)という珍しいモノ

   (⇒このカーバイドランプの詳しい記事はこちら


このカーバイドランプ、そしてケロシンランタンの明かりでするキャンプ

2017 ジムニーで行く伊勢志摩 ケロシンランタン カーバイドランプ 

やはり楽しいですね♪

この光に癒されました・・・



今回は本当に楽しかったキャンプ

ただ心残りは静岡に置いてきたジムニー↓

2017 ジムニーで行く伊勢志摩 レッカー移動中 

そろそろ故障個所の連絡があるはず

ドキドキしながら待ってます・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

ランタン、明るすぎるもの問題あるのでリフレクター装備 【秋のキャンプに向けて】

久しぶりにキャンプのネタです


私のキャンプにはランタンが必須

そのうち一つは大型で明るめのモノを持っていく↓

201604 野田 お花見車中泊 ケロシンランタン 桜     

それでフィールド全体を照らす

夏場はこれで、ここに虫や蛾を集めます


そしてテーブルにはちょっと暗めのランタン

201506 ガレージパーティー ペトロマックス ピーク1  

オイルランタンで手元を照らす

これでお酒が3倍おいしく飲める♪



しかしこのフィールド全体を明るくするためのランタン

 201507 陣馬形山 1日目 宴会 中華ケロシンランタン  

キャンプをしているのが自分たちだけなら問題なし

でも周囲に人がいると、眩しくてかなり迷惑な場合もある


なので明るいランタンにはこんなモノを付けてます↓

201503 コールマン Unleaded1 リフレクター    

明かりを遮断する「リフレクター」、これはコールマンのモノ

これなら後方には光が漏れません


実際に点灯するとこんな感じ↓

201503 コールマン Unleaded1 リフレクター 後方 

後方にはほとんど光が漏れず、前方だけが明るい

これなら他の方の迷惑にならず安心してランタンが使える



少し前に、こんな小さなガソリンランタンを入手↓

201510 コールマン ランタン ピークワン 本体  

コールマンのアンレデット299、別名「ピーク1」

ホワイトガソリン、そしてレギュラーガソリンの両方が使えるもの

小さいので、テーブル用のランタンに使おうと思って購入したました


しかしその大きさの割に↓

201605 コールマン ランタン ピークワン 点灯    

かなり明るいランタン

これをテーブルの上で使うにはちょっと眩しい・・・



なのでちょっと工夫します

201605 コールマン ランタン 229 パンチングメッシュ アルミ _ 

使うのはアルミ製のパンチングメッシュ板

程よい大きさに切って、ホヤの内側に装備


すると光が軽減されて↓

201605 コールマン ランタン 229 パンチングメッシュ 点灯 _ 

テーブルに置いても眩しくないほどになります


ただしこのメッシュは半分だけ

横からみるとこんな感じ↓

201605 コールマン ランタン 229 パンチングメッシュ 点灯 半分 _ 

明るさが欲しい時は反対にすればOK

これで1時間ほど点火、熱がこもるようなことも無くちゃんと使えそう



季節ももう10月、涼しくなってキャンプにも良い時期

201601 ランタン ケロシン 5台 

ただ週末の3連休は用事がある

ああ、また沢山ランタン持ってキャンプに行きたい・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ


【ランタンのオプション色々】
  
コールマンの備品は相変わらずお高い・・・

焚き火用の三脚スタンド活用 【ランタンスタンドに】

キャンプランタン
  
201506 ガレージパーティー ペトロマックス ピーク1    

私には欠かせないアイテム

これがあるとお酒が10倍おいしく飲める


なのでコツコツ購入していたら、
  
201512 野田ランタンキャンプ ツインピルツ ランタン  

いつの間にかこんなに増えちゃった(笑)

そしてまだまだ増殖中・・・




ところで大きめのランタンは↓

201601 ランタン ケロシン 5台 

ちょっと遠くで吊り下げた方が眩しくなくていい

高い位置からサイト全体をを照らす感じが私は好き


なのでタープ無しでポールがない時は、

201605 コールマン ランタンスタンド  

こんなランタンスタンドがあると便利


しかしランタンスタンドは結構良いお値段するんです

しかもランタンを吊るすだけにしか使えない




なので今回はこんなもの購入↓

201605 オノウエ ファイアースタンド ハンディトライポッド  

たき火用のの時に、ダッチなどを吊るして料理するスタンド

私はほとんど料理しないので、これをランタンスタンドにします!


モノは尾上の製品、「ハンディトライポッド」

201605 オノウエ ファイアースタンド ハンディトライポッド 中身  

少々大きめ、重さは2.5キロなのでかなり丈夫

もともと10キロくらいのダッチを吊るすためのものなので当たりまえか


私の持っている大型ランタンでお試し

201605 ランタン ファイアースタンド たき火 三脚 中華製ケロシンランタン  

中華製ケロシンランタンを吊るしてもびくともしない

設営も簡単で、ペグダウン等も無し




先日もヒルクライム&キャンプに持参

201604 ジムニー ヒルクライム&車中泊 宴会 オノウエ 三脚3   

このときコールマンのケロシンランタンで使用

簡単設営で、雰囲気も中々素敵でした


バイクだとちょっと大きくて持っていくのは微妙

でも車でキャンプなら↓
 
201604 ジムニー ヒルクライム&車中泊 宴会 オノウエ 三脚2  

邪魔にもならず、中々に使えそうなランタンスタンド

これからランタン使うときはこれ持っていきます!


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ





【ファイアースタンド】
  
バイクでも持っていけるコンパクトなモノもあるんですね~

ランタンが不調 【なのでグーグル先生に訊いてみた 】

今年の新年初キャンプにて、坂東太郎氏の↓

201601 野田鉄骨キャンプ 武井バーナー 点火成功2  

武井のパープルストーブ初火入れ

良いものを見させていただきました


実はその時、中華製ケロシンランタンも持参↓

201601 野田鉄骨キャンプ 武井バーナー 金球杯 比較 ()

武井バーナーとの夢の競演を狙ってました

しかしこの「金球杯」、不調で点灯出来ず・・・


なので家に帰ってその不調の原因を探ります 


 

余熱して点火、すると最初は綺麗な炎があがります

201502 ケロシンランタン 金球杯 マントル点火2 

しかしすぐに赤い炎が出て炎上気味になる

なので消火


その後マントルを見ると

201601 ケロシンランタン 金球杯 不完全燃焼 マントル  

煤で真っ黒、これは完全に不完全燃焼

燃料の灯油と空気の調整がうまくいってないみたい




そこでグーグル先生に訊いて見ます


するとまず怪しいのがこれ↓

201601 ケロシンランタン 金球杯 ミキシングチューブ  

ランタンの上部にある「ミキシングチューブ」

これ灯油と空気を混合させるパーツ

ずっと使っていると熱で下がって、混合の割合が変わるらしい


なのでこのチューブを固定しているネジを緩め、

201601 ケロシンランタン 金球杯 ミキシングチューブ ネジ 

トップチューブを上に持ち上げます

とにかく一番上にすれば良いとの事なのでそれで固定


そしてこれで一度燃焼実験

でも不完全燃焼は解消されず、赤い炎のまま・・・




ならば次に怪しいのがここ↓

201601 ケロシンランタン 金球杯 ニップル  

「ニップル」という、灯油を霧状にして噴出させるパーツ

これの穴が大きくなってくるとやはり調子が悪くなるらしい


ちなみにこの穴は非常に小さい↓

201601 ケロシンランタン 金球杯 ニップル 穴 

1㎜も無い大きさの穴

こんなに小さいのに、大きくなっているらしい・・・?


とにかく新品が付属パーツにあるので交換


そして予熱、燃焼させてみます

すると・・・

201601 ケロシンランタン 金球杯 ニップル 交換 点灯 

おおっ、綺麗に点火した!

しかも数分経ってもこの状態をキープ


不調の原因はこれだったのか・・・




ペトロマックス式の ケロシンランタン
 
201502 ケロシンランタン 金球杯 同梱物 

不調は大体この2か所が原因とのこと

さすがグーグル先生、頼りになります(笑)


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ

これ本当にコールマンのランタン? 【ミリタリー仕様】

今年初めて買ったモノ

それがこのコールマンのケロシンランタン

201601 ランタン コールマン214A700  

モデル番号は「214A700」、95年製と比較的新しい

この火入れします! 

   (⇒このランタン購入記事はこちら




その前にこのランタンのご紹介

これ普通の「214A700」とはちょっと違うらしい


まずガラスホヤの外側に↓

201601 ランタン コールマン214A700 ホヤ ガード  

このガードが装備されている

コールマンのランタン、純正でこのガードはあまり見た事がない


さらに不思議なことに↓

201601 ランタン コールマン214A700 タンク ロゴ無し  

普通は左のランタンみたいに「コールマン」ステッカー有り

それが無い・・・


おいおい?

これ本当にコールマン?


でもタンクの裏を見ると

201601 ランタン コールマン214A700 タンク裏2   

確かにコールマンの社名、そして製造年月日もある

うん、確かにコールマンだ


でもこれ、さらに変なんです


タンクの脇にこんなモノが貼ってある↓

201601 ランタン コールマン214A700 タンク 点灯の手順2  

ケロシンランタンの点灯手順、しかも日本語で

う~ん、なんか変なランタン・・・


調べてみました


するとこれ「自衛隊仕様」みたい

201601 ランタン コールマン214A700 2 

以前は自衛隊のショップなんかでも売ってたらしい

一応ミリタリーモノという事で、ちょっと珍しいランタン




さて口上はここまでにして、いよいよ火入れ


これは加圧式のケロシンランタン、なので余熱が必要

まずは燃料の灯油をいれ、マントル装備↓

201601 ランタン コールマン 214A700 マントル  

マントルは286Aと同じモノを使います

このマントル付け作業、面倒という方もいますが私は好き


このカップに燃料用のアルコールを入れ↓

201601 ランタン コールマン 214A700 アルコール  


着火マンで火を点け、マントル焼き&余熱開始↓

201601 ランタン コールマン 214A700 マントル 空焼き  

ケロシンランタン、この瞬間がワクワクして楽しい♪


そしてポンピングして加圧

この時点では軽くポンピングする程度


そして予熱が十分に済んだ頃、バルブをオン

201601 ランタン コールマン 214A700 点灯  

「ボッ」という音とともに点火

その光はケロシンらしい黄色味を帯びた優しい色


その後数十回ほどポンピングすると光が安定します

いやコールマンのケロシンランタン、点火が楽ですね~




どうせなら他の加圧ケロシンランタン↓

201601 ランタン ケロシン 3台 比較 

ヴェイパラックスと金球杯も点灯しちゃいましょう!


まずはマントルが残っているヴェイパラックスから点灯

それをコールマンのランタンと並べます↓

201601 ランタン コールマン 214a700 ヴェイパラックスと4 

明るさは両方とも同じ300CPとの事

たしかに同じ明るさに見える




そして最近不調から回復した金球杯

こちらはマントルを再装備して、空焚き&余熱作業↓

201601 ランタン 金球杯 空焚き 煙  

しかしこの空焚き、いつも煙だらけになる

室内でやるとかなり煙い・・・


余熱後点火、ケロシンランタン3台勢ぞろい↓

201601 ランタン コールマン 214a700 ヴェイパラックス 金球杯  

やはり500CPの中華製ケロシンランタンは圧倒的に明るい

その分図体も大きいのですが(笑)


ちょっとガレージの暗い所に持って行って比較↓

201601 ランタン コールマン 214a700 ヴェイパラックス 金球杯  夜間 

こうして見るとヴェイパラックスが一番黄色味がかっているか?

金球杯は真っ白、その中間がコールマンといった感じ

明るさ、そして音の大きさは圧倒的に金球杯(笑)




さて加圧式のケロシンランタンがこれで3台


さらに普通の灯油ランタンを入れると5台↓

201601 ランタン ケロシン 5台 

全部に火を入れて撮影

中々に壮観♪


これ持ってジムニーでてキャンプ行きたいですね~

でもそのジムニーはまだ入院中・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 バイクブログへ




コールマンのケロシンランタン、
これも実は狙ってます・・