「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

ローラーの練習用にこんなモノを導入した 【良かったものとイマイチなモノ】

 今年の初めにパワーメーターを導入

201701 パワーメーター 4iiii

カナダ産格安の「4iiii Pricision」というモノ

最近はプロにも供給されているとの事なので精度は信頼できるはず

        (⇒パワーメーター購入の記事はこちら



これを自転車に付けてローラー生活を満喫してます

201702 Di2化 カーボンビアンキ 3本ローラー 試走 

パワーメータ―があると練習の強度管理がしやすい

最近は「FTP」以外にも「TSS」という項目についても勉強中

この「TSS」に注目するとかなり効果的にトレーニング出来るらしい


そのローラー生活に、最近はこんなモノも導入↓

201702 3本ローラー メトロノーム練習 テンポ180 2  

メトロノーム!

これでテンポを刻みながらローラーするのが最近のお気に入り

慣れると脚が綺麗に回るし、なにより時間が経つのが速くていい

     (⇒メトロノームにてローラーの記事はこちら


ただこのメトロノーム、置き場所がない

最初はジャージの背中のポッケに入れてローラー

でもリズムを変えるためにいちいち取り出すがのが面倒・・・


なのでスマホをハンドルに設置↓

201702 3本ローラー メトロノーム練習 クロモリビアンキ ハンドル周り  

以前からあるスマホ用のホルダーを利用

途中でテンポを変えれるし、画面にあわせて脚がリズミカルに動く



でもこれも汗をかくと大変な事になるのが判明

スマホが汗だらけになって操作が全くできなくなる・・・


さてどうしたものか?

考えた結果、こんなモノを購入↓

201702 メトロノーム ステー  

ハンドルに付ける延長用のステー

道具無しで簡単に取り外し出来るプラネジ式のモノを選択


これとっても安くてりチープな作り↓

201702 メトロノーム ステー 装着 

多分野外で使ったらずり落ちそう(笑)


でも私はローラー以外使わないのでOK

これをハンドルに付けてスマホ設置、メトロノームを慣らす

201702 メトロノーム ステー 装着 ローラーの様子2 

この位置なら汗もスマホにかからず、良い感じで操作できる

ただ手に汗をかくとやはり操作不能になるので「手袋モード」にしてやってます

メトロノーム&ローラー、楽しいですよ♪



ところでローラーの汗対策、私はこんな感じ↓

201702 メトロノーム ローラー 汗対策  

自転車にタオルを巻いてます

しかしこれ4か所をクリップ等で止めねばならない


その面倒さを解消するためこんなモノを購入↓

201702 ローラー 汗対策 TAX  

Tacxから出ているローラー専用の自転車カバー

セール中だったのででお試しに買ってみました


付けるとこんな感じ↓

201702 ローラー 汗対策 TACX 装着  

ただこれがイマイチでした

取付が結構面倒だし、なによりハンドルの自由がきかなくなる

固定ローラーならOKですが、3本ローラーだとかなり違和感がある

なのでイマイチ使えないことが判明・・・



しかしローラー生活もパワーメーター導入で楽しさ倍増

201701 パワーメーター ローラー 

ただし数字で練習の強度がはっきり出るので辛いモノにもなってます・・・

でもそのお陰か、実走で走るのがとても楽しくなりました

ローラー生活万歳!です(笑)

―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【ローラー用に購入したモノ】
 
安物買いの銭失いにならないようにしないと・・・

自転車にメトロノームがこれほど良いとは 【チャリダー練習のマネしてみた】

先日NHK「チャリダー」を視聴

そこでメトロノームを使うレーニング方法あり


私も3本ローラーで先日やってみました↓

201702 3本ローラー メトロノーム練習 クロモリビアンキ 

ただ今カーボンビアンキはDi2化にて使用不可

なのでパワーメーターを移植したクロモリビアンキでローラー

いやこの練習法は目茶苦茶いいです!



やったのはテンポ90にて

テンポ=足の回転数、なのでケイデンスも90キープになります


このケイデンス90の練習ならいつもやっているトレーニング

ローラーなら1時間でも余裕で出来る足の回転数


しかしメトロノームを聞きながらやってみると全然違う!

201702 3本ローラー メトロノーム練習 クロモリビアンキ ハンドル周り  

まず音に合わせるのが中々大変

自分のぺダリングがダメダメさが良~く分かりました(笑)


でもそれが徐々に慣れてくるとリズミカルですごくいい感じに♪

いつものケイデンス90とは全然違った感じで回せます

いやこれ楽しい!



ただしこのメトロノーム練習、私は2つの点に留意


まず一つはメトロノームのテンポ

ケイデンス90ならメトロノームはその倍の180に設定します↓

201702 3本ローラー メトロノーム練習 テンポ180  

右足、もしくは左足を1回転させると1ケイデンス

しかし足は左右あるのでその倍のタイミングで上げ下げしている

なのでケイデンス90ならその倍にするとテンポ良く回せます


そして2つ目は番組中に竹谷さんも言っていた事

常に引き足でリズムを取る、これがかなり大切でした


上死点を通過する時にリズムを取る↓

201701 ロードバイク ぺダリング クランク 上死点と下死点 

体感的には「上げ!上げ!上げ!上げ!」みたいな感じ

あえて言うと裏でリズムを取る「スカ」か「レゲエ」みたいな感じ?

最初はちょっと難しい

でもこれでリズムが取れだすと気持ちよく脚が回る♪


逆に下死点でリズムを取るとなんかギクシャクします

「踏み!踏み!踏み!踏み!」になると、続く引き足に綺麗に連動しない

とにかく引き足でリズムを取ると気持ちいい♪



さらに意外な効果もあり

メトロノーム聞きながらやるとその音に集中する

201702 3本ローラー メトロノーム練習 テンポ180 2  

なので同じ練習をしていてもローラーの時間が経つのが速く感じる

これがとてもありがたい(笑)


ちなみに私はスマホにアプリ入れてやりました

この「メトロノームのビート」↓

201702 メトロノーム アプリ  
電子音じゃなくて、木を叩くような心地よい音

室内でローラーしながら聞いても耳障りにならず、気持ちよく回せます♪


さらにこのアプリ、リズムを段階的に速くしたり遅くしたりできる

なのでケイデンストレーニングにお勧め



さて新たな練習法メトロノームトレーニング

これ平坦なサイクリングロードでやってもいけそうな練習↓

201501 初日の出 ビアンキ 利根川 サイクリングロード  

ただ常にメトロノーム音がするので、周囲から「?」の視線あるかも

その辺はTPOを考えてという事で(笑)


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

真冬でもガレージに扇風機がある生活 【自転車でもキャンプでも使える】

 私のガレージには真冬でも扇風機が常設してあります

しかも2つ(笑)


それには理由が二つあります

まずは石油ストーブを点けたときの空気の循環用↓

201610 石油ストーブ ニッセン ss-6 着火  

このストーブは「対流式」というタイプで熱が上方に行く

天井が高いと中々足元が暖かくならないのが欠点


その時には、この小型扇風機が役に立つ↓

201612 扇風機 小型 

この扇風機を上向きにしてスイッチオン!

すると空気が循環して室内が全体的に温まります


ちなみにこれ、冬キャンプでテント内でも使える技


テント内でストーブを点けると、顔から上ばかり暑くて足元が寒い・・・

その時に電池式の小さい扇風機を回す↓

201512 野田ランタンキャンプ 扇風機  

こんな小さなモノでも回しておくとテント内が均一に温まります

それにちょっと幕を開けておけば換気も促されます

冬場のキャンプ、小さい扇風機は中々活躍します♪



さてガレージの扇風機の話に戻ります

次に必要なのがこの業務用扇風機↓

201407 コールマン 2バーナーコンロ  扇風機   

電力100W以上を消費するバカでかい扇風機

これを見ただけでピンときた貴方、とても素敵です!


そうこれは3本ローラー用↓

201609 ミノウラ 3本ローラー ビアンキ シャッター前   

このためだけに冬場も置いてある扇風機!


私のガレージは断熱材もなに入っていない薄っぺらな壁

なので冬場の気温は氷点下近くになります↓

201612 扇風機 温度計2  

これは先週の気温で室外が-2℃、室内でも3℃程

これが2月頃になると室内でも氷点下になる事がある


そんな時はまずローラーに乗り5分ほどアップ

そしてトレーニング強度を上げていくと氷点下近くでも汗が出始める


この時が扇風機の出番、スイッチオン!

201604 扇風機 業務用 顔  

氷点下に業務用扇風機の心地よい風、それが堪りません♪


ただしやはり真冬、風を受け続けているとかなり冷えてくる

なので扇風機を首ふり状態にしておく

これで時たま程よい?風がおくられ真冬のローラーでも快適に(笑)



実は去年までは扇風機が必要なかった

しかし今年はひたすら「メディオ」という負荷の強い練習をやっている

なので真冬でも扇風機が必要になってしまった


真冬に石油ストーブ、そして「扇風機」あるガレージ↓

201612 ガレージ 扇風機 石油ストーブ  

ちょっと不思議な光景


ただしこれが体に良いのか悪いのかは、はなはだ疑問

でも楽しくローラー生活は送れてます♪


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

【この小さい扇風機】
 
USBと電池で使え、首ふり出来るので便利です♪

朝にローラーをやって仕事、これが中々に大変 【仕事とローラーの両立?】

年末、我々「植木屋さん」は忙しい時期

なにせお正月までにお手入れ必須のお宅が多い


しかし忙しいといってもこれは欠かせない↓

201611 三本ローラー 100キロ3時間走  スタート イメージ2 

朝ローラーもしくは朝ラン、40分~1時間ほどを週5ペースでやっている

その消費カロリーは400~500キロcal

体重だと0.5~0.9キロくらいの減量になる(ほぼ前日のお酒なのはナイショ)



そしてその後はもちろんお仕事

基本は外仕事、しかし普通なら朝ローラーやっても大概は平気


しかし時にはこんなモノのある↓

201612 カシ 生垣 1  

風よけ用の「カシの生垣」、高さは5m以上ある立派なモノ

この生垣の横に脚立をかけて手入れしていく


使う道具はこの「刈り込みばさみ」↓

201612 カシ 生垣 刈り込み鋏  

もう20年近く使用してます

たしかお値段数千円、植木屋さんもビックリのコスパのよい鋏


こんな感じで脚立を立て、刈り込みばさみで剪定↓

2012 3 カシの生垣 脚立 

この脚立の高さは4.5m、このクラスの生垣だと一番上に乗っての作業

幅は50cm程、我々でも一番上に乗って作業するのはちょっと怖い

なにせ両手は鋏、足だけでバランス取りつつ枝を切っていく



一回脚立をかけて、切れる範囲はせいぜい1mほど

なので長さがある生垣の場合は何度も脚立をかけて手入れしていく


これが数mほどならいい

でもこの「カシの生垣」、大概は大きな家に多いんです・・・


例えばこのお宅、まず正面にある↓

201612 カシ 生垣 ぐるっと1  


そしてそれが終わると西側にもある↓

201612 カシ 生垣 ぐるっと2  


さらに北側にもあったりもする・・・↓

201612 カシ 生垣 ぐるっと3  

「生垣」がぐるりと家を囲んでいて総延長は100m近く

ほぼ3日間ひたすら脚立を上り下り、さらに上部でバランスを取りつつ剪定

さすがに我々でもちょっと疲れたりします・・・



しかし朝ローラーはやらねばならない!

朝5:00過ぎから朝ローラーして現場へ向かう↓

 201606 三本ローラー ガレージ ランタン  

そしてその重い足で脚立に登る

一番上に立って鋏を構えると、足がプルプルする・・・

しかしそれもトレーニングと思えば辛くない!(←ウソ、辛いです・・・)


中々に趣味と仕事の折り合いをつけていくのは大変(笑)


ちなみにこの「生垣」は先週にすべて完了

これで仕事も一山超えてちょっと解放された気分♪

今年もわずか、ローラー&仕事で頑張りますよ~!


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ

サドルを下げてケイデンスアップ!【最高が202を更新したが】

一か月ほど前にシューズを新調しました↓

201611 シューズ リンタマン ワイヤーの様子 

一部で話題?の「Lintaman(リンタマン)」に変更

それに伴いポジションの見直しもしています

 
まずはクリートの調整↓

201611  リンタマン スピードプレイ クリート 装着完了 

私の使っているのはスピードプレイ

細かい調整が効く分、そのポジションを出すまでがちょっと面倒

        (⇒リンタマンのシューズ記事はこちら


さらにサドル位置もちょっと変更中↓

201609 ビアンキ サドル スペシャライズド 

こちらはスペシャライズドの「ROMIN S-WORKS」

これが今のところ私のお尻と相性がよいサドル

     (⇒このサドルの記事はこちら



しかしクリートだけでなく、なぜ今更サドルも一緒に調整するのか?

実は以前にYouTubeに3本ローラーの動画をアップ↓



すると意外にも多くの方が見てくれて、コメントも沢山頂きました


その中にこんなコメントあり

 「サドルをもう少し下にすると上半身の揺れが収まってぺダリングが良くなる気がします」

なるほど!

そんな理由でサドル位置も下げ、平行してクリートも調整


そして先日なんとかポジションが出たので3本ローラー

201611 3本ローラー 負荷装置 リヤ 完成 ビアンキ2 

ぺダリングがスムーズになったかどうかお試し

負荷は「0」で、とりあえず45分をケイデンス120以上でキープ



すると確かに以前よりは楽に回せるような気がする

そして最後の30秒で最高ケイデンスにも挑戦

その結果がこれ↓

2016012 三本ローラー ハイケイデンス走 記録更新 202  

最高ケイデンス202rpm達成!

いままでどう頑張っても195rpm位だったのが初の200超え


クリートは以前のシューズとほぼ同じ位置に設定している

なのでサドルを下げたのがこの結果につながったのかも

感無量です・・・


ただ回転数が上がったからといって、ぺダリングがスムーズになったとはいえない

それでも記録を更新できたのは本当に嬉しい♪


とにかくこれでまたローラーのモチベーション上がりました!

201607 ビアンキ ホイール 三本ローラー シャマルミレ  

来年もがんばりますよ~


【追記】

この最高ケイデンス、ガーミンでは記録に残りました

でもストラバにアップしたら↓

2016012 三本ローラー ハイケイデンス走 記録更新 202 ストラバ

誤差扱いにされて、最高ケイデンスが144rpmになってる

ちょっと残念・・・


―ブログ村のランキングに参加してます―
にほんブログ村 自転車ブログへ
 にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ