「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

レインウェア新調 GWのエントラント

最近ポチッたレインウェア

ゴールドウィンの「エントラント」というモデル
20124 ゴールドウィン エントラントレインスーツ 2 
 
ゴアには劣るものの、一応防水透湿
 

じつはこのモデル、これで2着目になります

パッと見カッパに見えないので、冬の防寒着としても重宝します
 



それに後ろがジッパーになっているので、モノを背負ったとき楽

私の場合は、これを着たとき↓
エアクールブルゾンr

ホンダのエアクールブルゾンを使用する時にグッド


このエアークールブルゾン、

後ろに空気流入用のファンがついているのですが
エアクール扇風機部分

この部分出っ張っていて、普通のカッパだとかなり着にくい

その点、このジッパーがあると良い感じでフィットします


なので今回も同じものを選択

しかしこの商品廃盤になるのか、サイズの選択肢が少なくなってます・・・


なので今回、私は一つ大きいサイズのO
20124  ゴールドウイン エントラントレインスーツ0_

しかも色はカーキ色を購入
 
お値段30%引きなので、仕方がないですね~



それが到着したので、新旧の比較
20125 レインスーツ エントラント 
左が今までの、右が新調したモノ
 
試しに着てみると、今までのサイズより多きいのでちょっとダブダブ・・・

まぁカッパなので、小さいよりはまし


それにしても収納サイズ 
20125 レインスーツ エントラント 収納 

相変わらず大きいですね~

ペットボトル3本分はあります(笑)

GSならパニアに入りますが、普通のバイクではちょっと考えられない大きさ


でも逆に言えば、それだけしっかりした作りなので雨の日でも安心♪


ちょっと水をかけてみると
20125 レインスーツ エントラント 撥水 

お~っ、やはり新品、撥水が違います


ちなみにこちらは古い方
20125 レインスーツ エントラント 撥水 2 

なんとなく水玉がにじみます・・・


あと一月もすると梅雨 

これからはこのカッパに頑張っていただきましょう!



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

梅雨 雨の長距離走対策

梅雨ですね~

特に今年は例年よりもかなり早い梅雨入りで、
バイクを乗るモチベーションも格段に下がり気味・・・

毎年この時期は雨装備を考えてしまいます。

という事で毎年恒例、梅雨対策の装備について考えてみます。



まずは装備。

●バイク本体

出来れば大き目のスクリーン、
アドベンチャー GSスクリーン
もしくはちょっとしたバイザーでもあれば全然楽。

身体に雨が直接ぶつからないだけでも、疲れがちがいますよ~


●ヘルメット

雨天時の走行中、視界の確保は何よりも大事!

なのでシールドの内側には曇り止め、

雨 撥水スプレー デイトナ
そして外側には撥水スプレーを縫っておくとベスト。

私はこの撥水コートを使っていますが、雨粒がスーッと落ちいき、視界が良好です♪


●レインスーツ

これは出来ればゴアテックス
もしくはそれに準じる防水透湿のものがいいですね~

気温が高い時などは、雨よりも自分の汗でずぶ濡れになってしまいますから。

私のはゴールドウィンのエントラント製。
冬装備 2010 ジャケット カッパ 
ゴアのカッパは高くて今のところ手が出ません(笑)

ちなみにのジャケット、ゴア製ですが合羽は着ます。

お店に入るときに、ずぶ濡れだとちょっとね・・・


●グローブ

雨天時用に、一つ別に持っているとかなり違います。

そして、これも出来れば防水透湿製の物が◎

手の平、意外と発汗が多いんです。
そして、この手の平の汗が冷えて体温を奪われ冷えてきます。

オーバーグローブを使用するという手もあります。
 モンベル オーバーグローブ 雨天仕様 
これはモンベルのオーバーグローブ。

オーバーグローブなら、収納もかなり小さくてすみますよ~
 

●ブーツ

ブーツカバーは必須。

出来ればブーツの中も、コンビニの袋で足ごと覆ってしまいましょう(笑)
ただ足も発汗が多いので蒸れて、さらには冷えてきます。

なので、出来ればコンビ二の袋ではなくて、
オーバーソックス 
ゴアのオーバーソックスがお勧めです。

さらにゴアのブーツならベストです!
 サンディアゴブーツ



以上の装備、結構かさ張りそうですが、
レインスーツ以外はそんなに大きくありません。

カッパの袋以外に、もう一つ小さい袋を用意して入れておくと便利です。

ここまでは基本装備。



そしてここからは有ったほうが良い、もしくはやったほうがいいと思う事。

●首元

首、ここはかなり大事な部分。

ヘルメットを伝わった雨が、首元から入ってくると、徐々に身体が濡れます。
そしてインナーを濡らし、かなり冷えます。

これを防ぐ為、首元に化繊のスカーフやタオル、
または薄手の冬用のネックウォーマーでも巻いておきます。

その時、カッパとジャケットの間に挟み込むのがポイント。
ジャケットの下だと、濡れたスカーフが直接身体に触るので、やはり冷えます。


●頭

雨の休憩時の時、頭は濡らさない方がいいですよ~
頭が濡れると、ヘルメットを被った際に必ず曇ります

なので私はコレを持っています
雨の装備 帽子 
ホムセンで買った、雨用の帽子(笑)

雨のキャンプ時にも使えるので重宝してます。



まとめ。

まず雨天時に大事なのは視界の確保。

ヘルメットのシールドの撥水、そして頭を濡らさない(シールドの曇り防止)等。


そして走行時、なるべく雨に直接触れない(顔以外)ようにする。

雨に濡れる手走行していると、
濡れたところから身体が冷えて硬くなり、走っていて危ないですからね~


以上は、主に気温が低めの時の雨天対策。

暑い時の雨は・・・

どうしようもないですね~


ゴアの製品着ていても、汗で蒸れますから・・・

この時は、我慢かな~(笑)



以上、雨の日に走らない人には関係ない話でした(笑)

梅雨でも、楽しくバイク乗りたい人の参考になれば嬉しいです♪


(追記)

最近すごく気になるレインウェアがあります。

2011 5 南海 テトラテックスレインウェア 4 
南海部品から出ている「テトラレインスーツ

これ、ゴアテックスを超える透湿性を誇るそうです。


私の持っているエントラント、そしてゴアとのスペックの比較↓

  ●ゴアテックス  : 耐水圧40,000mm/平方メートル、透湿度13,500g/平方メートル/24h
  ●テトラテックス : 耐水圧30,000mm/平方メートル、透湿度21,200g/平方メートル/24h
  ●エントラント    : 耐水圧10,000mm/平方メートル、透湿度10,000g/平方メートル/24h

耐水圧ではゴアには劣るものの、透湿性では圧倒的にテトラテックスに分があります。

という事は、汗をかいた時ゴアより快適だという事ですね!

そしてこの合羽、ドライクリーニングも可能みたいです。


これを着ると、暑い時でも結構いけるかもしれません。

今度南海部品さんにいったらチェックしてみます。

もしくは使っている方がいれば教えてくださ~~い!

                (⇒2009年の梅雨対策の記事はこちら
                (⇒2010年の梅雨対策の記事はこちら




押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

梅雨を快適に走るために

梅雨時期、バイクには嫌な季節と言われますが、

私は結構雨のツーリングが好きです。
雨の大笹牧場
たった一度、どしゃ降り中を日帰りで700キロ走りましたが、
これはちょっと嫌でした(笑)
          (⇒記事「雨の長距離ツーリング 700キロ走行」はこちらから


雨の日を快適に走るために、気をつけているのは以下のとおり。


まずは視界の確保するために


<ヘルメットのシールドは撥水コートをしておく>

   雨の日の視界確保は最重要、これをしておくだけで走りやすさが違います
     私はこれを使ってます。
     雨 撥水スプレー デイトナ
   デイトナの撥水スプレー
   これを塗っておくと、雨が面白いようにスーッと下に落ちていきます。

   お値段高めですが、一回塗れば1ヶ月以上の効果有り。
   一本あれば1年以上持ちます

<さらに曇り止めをしておくとベスト>


   曇り止めもしておくと、さらに視界が確保できていいです。
   市販の眼鏡の曇り止めがお安くていいですが、さらに台所用の中性洗剤でも代用できます。

<髪を雨で濡らさない>

   これは結構大事です。頭を濡らすと、ヘルメット内が必ず曇ります
   屋根の無いところでの休憩時、私はこれを被ってます
   雨の装備 帽子
   ホームセンターで購入した、雨用の帽子(ビニール製)
   もしくは小さな折り畳みの傘をパニアケースに入れてます。

視界が確保されていると、雨の走行もそんなに嫌ではありません。


続いて、体温の低下を避けのも大事です。  

< レインウェアーは防水透湿で>

   できればゴアテックス、お高いのであればベクターやエントラントでもいいので、
   防水透湿モノがお勧め

   私はゴールドウィンのベクター
   冬装備 2010 ジャケット カッパ
   特に梅雨時期は気温が高いので、
     防水透湿でないと、自分の汗で合羽の中がビショビショになります・・・
   
<グローブも雨用を>

   グローブも雨用を使用したほうがいいです。
   手の平から、体温はかなり奪われます。

   出来れば普通、雨用、さらに厚手の物と3枚常備しているとベストです。
   気温が低い時は電熱グリップで手のひらを暖めるとグッド。

<ブーツに雨が入らないようにする>

   ブーツカバーをするだけでも全然ちがいます。
   さらにはゴア製のソックスもあるので、中に履いておけばカバー要らず。
    モンベル ゴア靴下
   これはモンベルのゴアのオーバーソックス。 
   ベストはゴアテックスのブーツですが、値段が高いのが難点。

<首からの雨水の進入を阻止>

   レインウェアーを着ても、ヘルメットを伝わった雨が首筋から進入します。
   これを放って置くと、首筋がビショビショになって冷えてきます。

   合羽の下、首の所にスカーフやタオルを巻いておくと首筋がぬれません。
   これって結構大事です。

ポイントは肌が直接雨に当たらない事。

雨が体に触れ無ければ、結構快適に走行できます。


あとはフォグなどを付けて、相手からの被視認が確保できるといいですね~。
 キセノンフォグプラス普通キセノン
これは以前付けていた、HID3000ケルビンのフォグ

あと一番大事なのはスピード控えめ、無理をしない事です。

以上、私が雨の日に気をつけている事でした。




↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 <br />バイクブログ ツーリングへ日本ブログ村に参加中ですにほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

これでほぼ完璧? 雨装備 2009年

週末は軽井沢~菅平~志賀高原方面にツーリング予定。

距離は600キロほど。

でも天気は雨の予報。


もちろん雨でも出かけます!

雨の日を快適にツーリングするのが私の第二の目的です。(第一はなんだろう??)
                                  

最近使っている装備はこれ(秋~冬バージョン)。


  1.車体      BMW R1200GS-Adventure 
  2.ヘルメット   SHOUEI JフォースⅢ もしくは BMW エンデューロヘルメット
  3.ジャケット   ゴールドウィンEuro 
  4.パンツ     RS-taichi  ドライマスター
  5.ブーツ     BMW サンディアゴブーツ
  6.グローブ    ホンダゴアテックスヒートグローブ もしくは 電熱グローブ
  7.電熱系     クラン製 ホットインナーパンツ
  8.ネックカバー  モンベル製のもの

これで、多少の雨ならOK、というか、普通に走れます。


さらに本格的に雨が降る時の装備です。

  9.レインスーツ  ゴールドウィン ベクター
 10.レイングローブ ゴールドウィン ベクターグローブ
 11.雨用の帽子
 12.傘
 13.ヘルメットシールドの撥水スプレーと曇り止め

その他、インナーにナイキのスポーツ用化繊、モンベルのゴア靴下とオーバーグローブ等があります。


この中で特筆すべきものを何点かあげます。

買ってしまった・・・ サンティアゴブーツ

雨の中をよく走る私と、R1200GS-Adv。

ブーツをそろそろゴアテックスの物にしようと色々物色中。

ゴールドウィンもいいな~、クシタニもいいな~とか。
BMWのオールラウンドブーツも、純正品にしては意外と安いので候補でした。

でも手元には何故か、BMW純正だけどサンティアゴブーツ

サンディアゴブーツ
某オクで安く出ていたので、ついポチッと・・・。

安いといってもそれなりの値段。
パニアも購入したし、今月はかなりやばいです。

さらにタイヤの交換も月末にありそうですしね。

            (⇒記事「R1200GS-Adventureのタイヤ」はこちら

でも、一度試し履きしましたけどかなり良さげ。

10年頑張ってもらいましょう(笑)



―ワンクリックで励みになります↓
 にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
            にほんブログ村  にほんブログ村