「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

バイク、10万キロ走行後の所感 R1200GS-A

私のバイク、R1200GS-A

201308 あだたら ABS故障  

ABS作動不良のアラート有り

そのユニット代は、工賃含めると40万円近く・・・


でもディーラーさんの交渉のお陰で、今回ユニット代は無償!

交換工賃のみ私の負担で、無事交換終了です


ディーラーさん!

201310 レインボー ディーラー  

本当にありがとうございました

謹んで御礼申し上げます(<(_ _)>)


さらにバイク、ツーリングしたままのドロドロの状態で入庫

201310 R1200GS-A 洗車 

それをピカピカに洗車までして頂いきました

重ねて御礼申し上げます(<m(_ _)m>)



その帰り際に軽く走行

久々に乗ったR1200GS-Aですが、やはり楽しいバイク♪

エンジンかけて跨った瞬間、そのまま走り続けたくなります


最初に乗った時からそんな感じのバイクでしたが、

201305 下関ツーリング 100000kiro

それは10万キロ乗った後も変わりません


さらに10万キロ走行後も、エンジンその他のヤレタ感じが全然無し

201310 R1200GS-A 

もちろんパワーダウンはしているでしょう

しかしそれ以上にエンジンがこなれてきたというか、熟成されてきた感じ

そのフィーリングがまた良い感じで、楽しく乗れます♪



BMWのRシリーズ、

ボクサーツイン エンジン

非常によくできたエンジン、それに良いバイクです

お値段はお高いですが、その分長く楽しめるバイクです


ところで只今のメーターは↓

201309 陣馬形山秋の陣 3日目 気温35℃  

107000キロ

次は15万キロ目指しますよ~!
 
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ  にほんブログ村 自転車ブログへ 
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・

何故バイク乗りは北海道を目指すのか?

もう8月もぼちぼち終わり

北海道へ「ツーリングに行ってきたよ~」との声も多く聞きます


北海道、バイク乗りなら憧れの地

20125 北海道 マップル 

私も北海道には過去3回ほど言ってます


でもなぜ北海道だけが憧れの地なのか?

ちょっと考えてみました
 



まず船でしか行けない

20125 フェリー サンフラワー イメージ1 

陸続きなら何処までも走る方はたくさんいます

しかしその間に海があると話が違いますよね~

それに船旅は旅情感たっぷりで、まさに旅している気分を満喫できます!


そしてその広大さ

20126 北海道 道道106号 2

遥か地平線の先まで続く道

バイク乗りなら、こんな景色見たら走るしかありません!

この広大な風景の中を、1週間も10日も走れるなんて夢のようです・・・


そしてモノが旨い

20125 北海道 長万部 毛ガニ 

普通の居酒屋でさえ、イクラやウニがてんこ盛り

さらに毛ガニや他にも美味しいモノが諸々・・・

食に興味が少ない私でも、行きたくなります


さらにみんながフレンドリー

20125 北海道 とうや中央公園、小公園 

行く先々の人がみな優しい・・

そしてこちらからいった方々もなぜかフレンドリーになれます 

これが北海道パワーか?


そしてブログネタに最適

北海道、その準備からいれて一ヶ月くらいはネタに困りません

そして帰ってからは、その旅のお話でネタは満載

なのでブロガーなら北海道は必須でしょう(笑)



と、色々上げてみました

今年北海道に行かれた方、どんな気分で走られたでしょうか?

人様のブログを見ていて、大変羨ましい思いに駆られてます・・・


くっそ~、秋に行くか???

以上、北海道に行けない私が北海道を語ってみました(笑)

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・




居眠り運転は酔っ払い運転と同じ25点の減点・・・

関東は今日も雨・・・

なので仕事がかなり半端になってしまってます

仕方がないので、免許の更新に行って来ました

201306 境警察署 6 

今回は「準優良」ということで近くの警察署にての更新

免許にICチップも埋め込まれたみたい

なので4ケタの暗証番号を、第一そして第二まで登録



その講習会にて、「安全運転BOOK」という小冊子を頂きました

それをパラパラめくっていくと、違反点数の記載有り

その中で目についた違反がこれ

201306 過労運転 6 

過労運転」!


もしかして「過労運転」=「居眠り運転」とか?

すると24時間バイクで1200キロ下道走行とか、

24時間100キロ歩いた後にそのまま車で帰宅とかは、この「過労運転」扱いでは・・


しかもその点数、酒気帯び運転と同じくらいの重罰

一発で25点持っていかれます!

なので気になるそのその内容、調べてみました・・・


過労運転

過労運転という用語は道路交通法の違反行為の項目として存在します。

違反としての過労運転には麻薬等によるものと、その他のものがあり、例えば麻薬を使用して運転した場合や、正常な運転が出来ないほど疲労した状態で運転行為を行った場合などに適用されます。また、そのような状態であることを知りつつ命令したり容認したりした場合は、運転者以外にも過労運転(下命・容認)という形で違反になります。

ただし、ここでいう過労運転は「過労して運転していた」という状況以上の意味はなく、逆にそのような状態だったからこそ危険な運転になった、ということです。過労して運転していても、警察の目にとまるような運転行為を行わない限り、違反にはならないわけで、いわば後付の理由といえるかもしれません。

悪質な運転をしているドライバーを止めてテストしてみたら、麻薬の反応や酒酔い、あるいは正常な反応ができないほど疲労していた、という状態で適用される違反です。




「過労運転」、明確な基準は無いみたいです

でも、もし事故など起して居眠りとかが発覚すると「過労運転」が適用・・・

これは気を付けないといけませんね~


ちなみに25点減点だと、最低2年間は免許が取れません

そんな事になったらバイクどころか、仕事にもなりません・・


なので、これからはロングの時は注意します!

疲れたら休め、そして眠くなったら寝ろという事でしょうね~

長距離乗られる方はお気を付け下さい・・・

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・




1万キロ走るのにいくらかかるか?

私のバイク、R1200GS-Adventure

20127 陣馬形山 アドベンチャー お尻3台2  8

こんな感じで、後ろにでかいパニアを付けて走るバイク

体力さえあれば、どこまでも走れます!


しかし、昨年の走行距離は13000キロほど

例年2万キロ以上乗っていた私には、これはかなり少ない数字

買った当初は年間2万5千キロ以上乗ってましたからね~(笑)



でも乗るのに飽きたわけでなく、途中で色々故障があったため

特にガソリン漏れで1ヶ月以上乗らなかったことが大きな原因

201210 R1200GS-A ヒューエルポンプ位置
    (⇒バイクのフューエルポンプからガソリンが漏れた記事はこちら


しかしここでふと疑問

バイクで年間1万キロの走行距離の減少

この走らなかった分、どのくらいのお金が溜まったのか?(笑)

計算してみます!



まずはガソリン代から

2012 3 日光 ガソリン代  

私のはハイオク標準なので1リットル=150円として計算

私のバイク、燃費は1リットルで18キロほど

すると

  ●10000(走行距離)÷18(燃費)×150(ガソリン代)=83333.333・・・

  ガソリン代は約83,000円

 
次は高速料金

2011 12 高萩 IC 4
 
1日500キロのツーリングで、200キロほど高速を使うと仮定

すると1万キロの距離なら、そのうち4000キロ程は高速を使います

料金は土日祝日のETC割で、100キロ乗って500円位

とすると高速代は、1キロ走行で5円といったところ

なので

  ●4000(キロ)×5(円)=20,000

  高速代は20,000円
 


さて消耗品色々です

まずはタイヤから

2011 9 タイヤ 新 フロント 5

私の場合1万キロ走れば、タイヤはワンセット消費します

今履いているメッツラーのツアランス、前後ワンセット激安価格で43000円

なので
 
 ●43000(タイヤ代)×1(セット)=43,000

 タイヤ代43,000円


さらに1万キロならオイルも3回交換は確実

20125 オイル交換 

私はお安いシェブロン、一回の交換で1リットル400円×4本消費

それに最低一回はオイルフィルター(約2000円)の交換があるので

 ●400(オイル1缶))×4(本)×3(交換回数)+2000(フィルター代)=6,800

 オイル交換6,800円


まだまだお金かかります・・・

その他の消耗品としてブレーキパッド、そしてローター

お安いプラグ 

さらにプラグにエアフィルター等々

この辺はバイクの種類によってまちまちでしょうが、3万円くらい見ておきます

 ●30000(各種消耗品)×1(交換)=30,000

 なのでその他の耗品は30,000円



まだまだ出るものあります・・・
 
BMWの場合、1万キロごとに点検を推奨

201210 ディーラー1 

実はディーラーさんにより、かなり価格差があるのがこの1万キロ点検 

私のお世話になっているディーラーさんはかなりお安い!

それでも
 
 ●18000(基本点検料)×1(回)=18,000
 
 1万キロ点検18,000円也  


さらに!

ツーリングと言えばお土産&現地での食事

20127 陣馬形山 おぎのや 釜飯  8 

10000キロ走行、500キロのツーリングなら20回行ける計算
 
そこでの食事を一回1000円(もっと高いか?)、お土産1000円として

 ●[1000(食事代)+1000(土産代)]×20(回)=40,000

 お食事、お土産代40,000円也


最後にはバイク本体の償却費用

2011 9 富士山 バイク倒し 2 

例えば5000キロ乗ったバイクと、1万5千キロ乗ったバイク

当たり前ですが、その下取り価格は全然ちがいます

なので1万キロ走行した後はバイク本体、どのくらい目減りしてしまうのか計算・・・

と行きたいのですが、これやると急激に金額が増えるので今回はパス



さて、以上全部足してみると

  240,800円 (1キロ走行=約24円)

1万キロ乗るには、私の場合この位かかります


逆にいえば1万キロ減らすと、年間これだけお金がたまります(笑)

ちなみにこれは維持費じゃないですよ~

それだと保険や車検、さらにはローンなんかも入れなければなりません

バイク、お金がかかる乗り物ですね・・・


しかし!

これを考えていては、乗れないのがバイク!

なので以上の数字、全て忘れます(笑)


ちなみに今回の数字は本当に私個人の場合

バイクによって、そして人によってお値段が全然違うのはあたりまえ

あくまで参考、そしてネタの為に記事にしてみました(笑)


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
ブログ村のランキングに参加中 

バイクのギア なぜ1と2の間にNがあるの??

バイクのシフトチェンジの仕方、
20126 シフト ロータリーとリターン式 ャ 
                               (⇒こちらからお借りしてます

ロータリー式と、リターン式があります

そして主流はリターン式

なので殆どのバイク、「N(ニュートラル)」が1速と2速の間にあります


これ今では普通に感じます

でも最初教習所で初めてバイクに乗ったとき、
20126 ハーレー教習車 4

「変な位置にNってあるな~」と思ってました

ちなみこれはハーレーの教習車(笑)   (⇒こちらからお借りしてます


なぜ「1⇒N⇒2・・・」なのか?

「N⇒1⇒2・・・・」じゃないのか?


調べてみましたよ~



昔は「N」から始まるタイプもあったみたいですね~


でもこれかなり危険な配置らしいです

コーナー進入時、ギアを落としていって、
2011 4 霧降道路方面 会津9

気が付くと最後に「N」に入ってる事もあり


コーナー直前でギアが「ニュートラル」!

後輪に全く駆動が掛からないので、そのままカーブから吹っ飛びそう・・・

確かに怖いです・・・


これを防ぐために最後が「1」になったらしいです



さらにシフトチェンジのしやすさ

ギアチェンジ、上げるより下げる方が入れやすい


「N」で信号待ちしていて、急に青になった時
 
下ならスコンと下げればいいけど、上だとちょっと慌てるかも
2012 1 オフ 利根川 コケ 1

それでエンストして立ちごけなんか嫌ですね~


さらに走っている時にのギヤの確認にも便利

現在のギヤを覚えながら走る人は少ないと思います

そんな時、適当にガチャガチャとギアを下げていけば一番下で1速にあたる


といった理由で、1と2の中間に「N」があるみたい

ようするに長年の経験で使い勝手が良い位置になったんですね~


納得しました!



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村