「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

今さらですがNewGS試乗 全く別物ですね~

先日の下道1200キロの下関ツーリングにて↓

201305 下関ツーリング 100000kiro

私のアドベンチャーも、走行距離が10万キロ超えました

購入して、もう5年経ちますからね~  

ちなみにBMWのメーターは6ケタも表示します(笑)

     (⇒茨城~山口下道1200キロ走の記事はこちら


なので1万キロ点検に、ディーラーさんへ

201305 レインボー 8

いつもお世話になっている「レインボー」さんです


今回1万キロ点検のほかに、

201304 ホーニング ディスクローター1 85 

ドイツの通販で購入したディスクローターの装着もお願いしてしまいました

でもね、これ色々問題あり・・・

それはまた別記事で


さらに先日の下道1200キロツーリングで、タイヤも限界に・・・

2201305 下関ツーリング タイヤ限界 8 

なのでこの際交換します

レインボーさんなら割安なのですが、それでも懐へのダメージはでかい・・・



ところそのレインボーさんにNewGSの試乗車有り

201305 レインボー 1NewGS 8 

なので今さらですがNewGSに試乗させて頂きました!

30分ほど、交通量の少ない国道6号を走ってみましたよ~


まずいきなりですが総評

これ「R1200GS」の名は付いてますが、全くの別物ですね・・・

中身が全然違います・・・


走行モードはディーラーさんの指定で、いきなり「ダイナミック」

まずビックリしたのは、アクセルが機械式じゃないので遊びが全く無い!

さらにそのアクセルが軽いので、軽くスロットまわしただけでドカンという加速

ニーグリップしっかりしてないと体が持っていかれます・・・

すっげ~!!!

そしてクラッチも軽い!


しかしこの遊びの無いアクセルは、ちょっと疲れるかも・・・

特にロングではちょっと厳しそう・・・


なのでその後、モードを「ロード」に変更

うん!こちらの方がアクセルに少し遊びが出て落ち着いて乗れます

さらに「レイン」も試してみましたが、さらにこっちはゆったりした挙動です


このバイク、乗っていて一番凄いな~と思ったのは車体の軽さ、

201305 レインボー NewGS3 8

多分バネ下重量の軽さなんでしょうが、

もうとてもGSと呼べるような重さは無く、本当にヒラヒラな感じ

空冷のアドベンチャーに乗っている私には、400ccのバイクを扱っているような感覚

多分峠でも切り返しが楽で、速いんでしょうね!


このバイク名前は「GS」ですが、全く別物ですね~

201305 レインボー NewGS4 8

このエンジンで、スポーツタイプの「R1200S LC」とか出した方が楽しいかも

あとはネイキッドタイプで「R1200R LC」とか


正直、空冷のアドベンチャーに乗ってきた私にはちょっと馴染めないかも・・・

それにエンジンのフィーリング、鼓動感がはあまり感じられません

これも好き嫌いの分かれるところですね~



でもライトや、

201305 レインボー NewGS ライト 8

その他のギミックはあいかわらずBMWらしく、最新でいい感じ♪

見ているだけで楽しいし素敵♥


特にナビに連動しているハンドルジョグダイヤル↓

201305 レインボー NewGS ジョグダイヤル 8

このグリップの手元にあるダイヤルなんですが、

これでナビの操作が出来るのが楽しい(純正のナビのみ)

そして運転中でも可変可能なウィンドスクリーンは秀逸でした♪


私的にはこのGS、もう少し様子をみて見たいというのが正直なところ

しかしこれがアドベンチャーモデルになって、

201305 レインボー NewGS2 8

どうなるか?そのあたりになると興味はありまくり!

水冷でラジエーターがあるので、あの巨大なガソリンタンクをどうつけるのか?

そしてスタイルは?

そのエンジンの味つけは?

と、やはり興味津々



しかしNewGS、凄いですね~

本当に全く別のマシンになってます


なのでこちらも試乗してみたくなりました↓

201304  KTM1190アドベンチャー4b 1

新しいKTMの1190!

これも以前の990とは全然違うとの話


これもかなり惹かれるバイク♪

まぁ、どっちにしろ買えないのでしばらくは様子見てます(笑)



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!

関連記事