「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

海外通販での失敗その3) 再度送ってきたモノも適合せず・・・

HORNIG」から購入したノーマルのディスク「MST239」

201304 ホーニング ディスクローター1 85 

これ購入前にメールで適合を確認した商品

しかしスペーサーが無いため、装着不能

なので「HORNIG」に再び確認したら、私のバイクには付かないとの事!

仕方がないので、何故か私が送料負担(6000円)して返品


そのその代替品として、フローティングディスクを選択した私 

お値段はさらに3万円追加ですが、それでもBMW純正製品より安いので購入決定

そして10日ほどして、それが手もとに来ました

                (⇒これ以前の記事はこちら



こんな感じのディスクが到着

201306 ディスクローター フローティング 9

商品名は「MS239FT」

なんかレーシーでかっちょええですね~!

第一印象はいい感じで、これなら差額払ってもまぁ許せるかな~といった感じ

早速取付を、ディーラーさんに予約


そして数日後ディーラーさんに持ち込み

早速取付して頂きます

201306 HORNIG ディスクローター 取付 

装着完了~

お、なかなか良い感じじゃないですか!


しかしここでまたまた問題発生・・・



付くことには付いたのですが、

タイヤ側(内側)、ディスクパッドとディスクローターの間に全く隙が無し

201306 HORNIG ディスクローター クリアランス無し 

っていうか、パッドが常にローターに擦れている状態

なのでブレーキかけないでも、タイヤを回すと擦れる音がします・・・

逆にその反対側(外側)は、空きが4mm以上もあってスカスカ・・・


このローター、このまま付けてもセンターがでないとの事

こネジ止めの部分の内側に↓

201306 HORNIG ディスクローター スペーサー 

スペーサーをかませないと、センターがでない

なのでこのまま走行など、危険でできないとのディーラーさんの話

またスペーサーか・・・


ここで見るに見かねたディーラーさん、代理店に電話してくれました

すると代理店「ブレス・ユー・アイ」さん、このスペーサーに関しては全く言及なし

とにかくその部分の写真を「HORNIG」に送るので、メールに添付して欲しいとの事

やれやれ・・・



ディーラーで上記の写真を撮影

そして自宅に帰った私は再度「ブレス・ユー・アイ」へメール

 私: 「先程ディーラさんにてディスクローターの不具合指摘うけました
     とり急ぎ写真送ります
    
    (写真説明省略)

     このネジ止め部分が問題あり
    この部分に純正品みたいなワッシャー(カラー)が無いので、
   クリアランスが取れないとのこと

    この部分がないため、ディスクローターがキャリパーの中心にこないで、
    約2㎜~2.5㎜もタイヤの内側に入ります
  
     そのためブレーキをかけていなくても、ブレーキがかかった状態になります
      しかも片側のパッドだけが掛かった状態になります

   この状態では危険で乗れません

   即急に対応をお願いします」


前述したような、ローターとパッドのクリアランスの写真等々、

ブレーキローター廻りの写真を5枚ほど添付


そしてのその返答です


「HORNIG」及び「ブレス・ユー・アイ」の返答

  ブ:「 HORNIG社に写真を送り、アドバイスを受けました。
      5枚目の写真の純正ディスクのローターのネジ止め部分についている
      純正のスペーサーを流用してください、とのことです。
      ディーラーさんにお伝え頂けないでしょうか?」


その5枚目の写真というのががこれ↓

201306 HORNIG 純正ローター スペーサー 

この丸部分のパーツを使ってくれとの

これは純正のディスクローターに圧入して装着してあるパーツ

前述したように、圧入加工なので分離不可能なパーツです・・・



このパーツ関しては、最初に問題があった時に既に「HORNIG」にメールしてます


その時は、こんな写真を添付してメールしました↓

201304 ホーニング ディスクローター 比較2

そして説明文に、この純正のスペーサーが分離不可能で再利用できないと明記

なので代わりにスペーサーが無いかどうか「HORNIG」に確認したのですが・・・


その分離できないパーツを使えとの「HORNIG」の指示

???


このスペーサーが無いために、追加料金払ってフローティングにしたはず

なのに、この分離不能のスペーサーを流用しろとはどういう事?


その前に、人のメール、ちゃんと読んでますか??

それ以前にこのローター、本当に本国で売ったことあるの???


と、怒っても仕方がないので、再度このパーツが使えない旨だけを連絡

 私: 「ご指摘にあるこの純正のスペーサー、これはディスクローターと一体式になって
    取り外すことは不可能です。例え無理に外すにしても破断し、再生は不可能との事。
    そしてこのスペーサー部分、日本のBMWディーラーさんでは販売していないとの話。
    以前(2007年頃)はこの部分のパーツのみ有ったそうですが、今は廃盤で手に入れ
    ることはできないそうです。即急な対応お願いします」


以前にこのパーツが使えないと言及した事には全く触れずにメール

自分的には、かなり大人な対応なつもりでした

しかしこれに対して、返信してきたメールが凄いんですよ・・・



ここまでのまとめ

 ①ノーマルディスクが付かないとの指示を受け、フローティングを+3万で購入

 ②ディーラ―へ持ち込み装着するものの、スペーサーがないためセンターがでない

 ③再度スペーサーが無いかどうか確認のメール

 ④その返事にて純正のパーツを流用しろとの事、でもそれは再利用できないパーツ・・・

 ⑤そしてその旨を再度連絡

 ⑥凄いメールきた(笑)


次回につづかせてください・・・  (⇒続きはこちら

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
押して貰えると、もうちょっとだけ頑張れる気がします・・・

 


関連記事