「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

R1200GSスクリーン 走ってみました

GS用スクリーンで走ってみました。  
          (⇒R1200GS用のスクリーンをつけた記事はこちら


走行距離は500キロ強。高速は無しです。
GSシールド
気温は今日は最低5.5度、最高は24度くらいまでいきました。

寒暖差が激しいので、絶好のお試し日和です。

ルートは

  ●自宅~栃木県小山市近辺へ。国道4号バイパスを北上~白河方面へ
  ●そのまま下道で郡山~二本松。安達の道の駅手前を県道39号へ入る
  ●国道114号に入り太平洋方面へ。福島浪江町で県道35号にぶつかり南下
  ●国道6号にぶつかったところで6号バイパスを北茨城方面
  ●北茨城~高萩を過ぎて国道461、花貫渓谷方面へ
  ●国道461そのままで袋田の滝へ
  ●袋田の滝から国道118~県道32で道の駅みわへ
  ●道の駅みわ~国道293~県道29~国道294~国道123で道の駅もてぎ
  ●もてぎから適当に自宅

スクリーンの位置は上から2番目に高い位置に設定



まずは朝、気温は5.5度~

いつもは感じない首の寒さが気になりました。
ヘルメットのシールドをあげると、かなり顔に風が当ります。
アドベではほとんど風は当りません。

あとは風切り音がいつもよりうるさいです全然違いました。

アドベ時には100キロ位で普通に聞こえるナビ音声が、80キロ位で聞こえにくい。
風切り音が余りにも気になるので、スクリーンを一番上に設定しなおしです。

若干改善されましたが、やはり風切り音は気になります。夏ならこれが気持ちいいのかも。


昼前、気温は一気に24度


やっぱり暑い!
ウェアのインナーを一枚脱ぎ+パンツのインナ一枚脱ぎました。

ここでGSスクリーンのありがたみが分かりました。
顔に風が当って明らかに涼しい。立ち乗りすると全然違うし、気持ちいい!

海沿いに入って気温が20度きってくると、体感的には寒いぐらいでした。
やっぱり全然違いますね。


夕方近く、気温20度前後


ウェアはそのまま。寒さは感じなく、気持ちよく走れてます。
ただ結構疲れてます。

下道で500キロは普通に走れるのですが、今日は結構体にきてます。
風圧+風切り音がじわじわとダメージになるのかもです。


<総評>


最高気温が25度以上のときはGSスクリーン
ただ高速走行が多いときはアドベスクリーンのほうがいいかも。



これからの時期が一番判断に困りそうです。

今度は雨の時でもインプレして見ます。

でも雨のときはアドベスクリーンになりそうです。

腕以外ほとんどぬれませんから(走行中に限りますが)。
            
        (⇒R1200GS‐Aで雨天走行時の記事はこちら



↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事