「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

HID H4バルブの遠近の切替えの方式色々

前回は長々とHID、そしてバルブの種類を書いてしまいました(汗)
 
         (⇒前回、HIDとバルブについて色々かいた記事はこちら)


今回はいよいよH4バルブ、LowとHiの切り替え方式について



H4のバルブは特殊な方式↓
2012 1 H4バルブ 構造  

一つのバルブに2つの光源

しかしHIDは一つのバーナーに2つの光源は不可能


なのでこれをHIDにすると、その切り替え方が色々あるみたいです

大別すると次の4つの方式になるみたいですね~

 1.固定型

2012 1 HID H4 固定式 
その名前の通り、Low側のみのHIDで切り替え不可

Hiはありません

お値段お安くていいのですが、車検には通りません
          (車検時の光軸はHi側で取りますから)


2.スライド方式型

2012 1 HID 上下スライド式 
1つのバーナー(光源)を前後にスライドさせて、切り替える方式

仕組みはこんな感じ↓
2012 1 HID スライド式 仕組み 
                   (⇒このサイトよりお借りしました

こんな風に光源を前後に動かすことにより、HiとLowを切り替えます

お値段は比較的お安めです


でも前後に動かす仕組みのため、パーツ自体は大きめになります

なのでバイクなどの小さいライトでは取り付けにくい・・・

ちなみに私がジムニーにつけていたのはこのタイプ


3.首降り方式型

2012 1 HID H4 首振り式 8 
一見すると、固定型に似ています

でもこれは、光源が上下に動くタイプ

こんな風に動くので↓
2012 1 HID4 首降り式 構造 1 
首振りタイプ、または上下切り替え式というみたいです


お値段は若干高めですが、最近は安くなっています

この方式は、バーナーが小さく作れるので取り付けしやすそうです


4.デュアル方式型

2012 1 HID デュアル1 
Low、Hiそれぞれに独立した光源がついたタイプ

HIDに2つの光源をいれるのは無理ですが、それは一つの管の中での話

それぞれ独立した光源を、一つにバルブにしてしまったのがこれ
  

お値段は張りますが、2灯同時につ点灯するとその明るさは絶大!

しかし、やはりバーナー部が大きくなるのが弱点


このデュアル方式、実は
2012 1 HID H4 デュアル
Low側がHID、そしてHi側がハロゲンという廉価判もあります
 

これお値段が安いだけでなく、パッシングにすぐ反応してくれるます

HIDはその特性上、明るくなるのに時間がかかるためパッシングには不向きですから

さらにバーナー部が小さくて、取り付けがしやすそうです



私が前回つけていたのは2の「スライド式」

これ安かったのですが、やはりバーナーが大きく取り付けがしにくかった・・・

それに防水ゴムとの相性もよくなんですよね~
 

なので今回は、4の「デュアル式」の廉価版にしようと思ってます

Low側HID、Hi側キセノンのハイブリッドタイプを選択


こんな感じに光るみたい↓
2011 1 HID H4 デュアル式 ハイブリット

購入したら、またインプレしま~す

  (⇒デュアル式をジムニーに付けてみた記事はこちら


↓押して貰えると、もう少し頑張れる気がします!
ブログランキング・にほんブログ村へ



バーナーとバラスト、そしてリレー、



全部一式、しかも薄型バラストでこのお値段・・・

HIDもお安くなりましたね~

関連記事