「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう

「ていじん」が、R1200GS‐Adventure 、ジムニーSJ30、ロードバイク等々で遊んでます

またオークションでやっちゃった・・・  【ランタン】

先日、古い石油ストーブ目当てで某オクを徘徊

するとこんなモノが目に入りました

201502 灯油ランタン オークション2

中国製のケロシンランタン

なんかメカニカルで良い感じ♪




この中華製の灯油ランタンペトロマックスのコピー商品


検索すると色々でてくる

シーアンカー、バタフライ、そしてこの「金球杯(ゴールデングローブ)」

 201502 灯油ランタン オークション1

とにかく当たりハズレが凄いらしい

そしてハズレても、それを直して使うのがまた楽しいらしい(笑)


なので・・・

ポチィ!

 
翌朝起きると落札されてました


ただ今到着待ち

楽しみです♪

  (⇒この中華製ランタンが届いた記事はこちら


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 


アマゾンでも売ってるんですね~

 

しかし本物のペトロマックスとの価格差が凄い・・・

関連記事

中華製とはいえ、中々素敵ですね~♪ 【キャンプ ランタン】

今年は石油ストーブで楽しんでます

以前からあるアルパカに加えて

201412 ニッセン ss-6 トヨペット アルパカ  

トヨクニの「トヨペット」、それにニッセンの「ss-6」がお仲間に

         (⇒トヨクニ「トヨペット」の記事はこちら

         (⇒ニッセン「ss6」の記事はこちら


さらに調子に乗って↓

201502 石油ストーブ ペチカ  掃除後 火入れ2  

43年前のストーブ、シャープの「ペチカ」を購入


アルパカ以外は全て中古品

でも分解清掃して綺麗になると気持ちいい♪

201502 シャープ ペチカ メンテ 分解  

いや、灯油ストーブは楽しい

     (⇒シャープ「ペチカ」の記事はこちら




今年はすっかり灯油モノにハマってしまった私

そしてついにこんなモノ購入↓

201502 灯油ランタン オークション2  

ケロシンランタン!しかも中華製!!

我が家に到着です・・・


まずはこんな箱に入ってきました

201502 ケロシンランタン 金球杯 箱   

金球杯(GOLDEN GLOBE)」というメーカー

ペトロマックスのコピー商品らしい

ちなみに上部の「500 C.P」とは明るさの事で120W相当だとか

ホントかな~?




じゃ早速開封

201502 ケロシンランタン 金球杯 開封   

まず箱を空けると上部が見えます

ピカピカの銀メッキに「GOLDEN GLOBE」の刻印付き

なかなか良い雰囲気じゃないですか♪


全部出してみます

201502 ケロシンランタン 金球杯 同梱物   

本体と傘、それに予備の部品やマントル等々

これで送料込みで4000円ほど




ホヤの中の養生を取って再び撮影↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 本体 メッキ    

ガラスのホヤにピカピカのメッキ

tちなみに赤い部分がポンピングする部分


ネットでは質感悪いとか、細部の作りが悪いとか色々コメント有ります

多分本家のペトロマックスからすればそうなんでしょう

しかし初心者の私から見れば十分綺麗、悪くない


本体横には圧力計

201502 ケロシンランタン 金球杯 圧力計   

これも男心をくすぐるパーツ

ただし動かない事もままあるそうですが(笑)


ただね、この「カサ」というか反射板↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 傘   

この色は何とかして欲しかった・・・

これ養生シール貼ってあるのかなと思ったらこれが地色(笑)




じゃ早速点火してみましょう!


でもはじめてのケロシンランタン

やはり一筋縄ではいかなかった↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 炎上   

大炎上・・・・

次回につづかせてください

     (⇒続きはこちら


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 




ケロシンランタン面白い!

  

マジでペトロマックス欲しくなってきた・・・

関連記事

中華製ランタン 着火&大炎上、そして点灯♪ 【キャンプ】

勢いでポチってしまったランタン

201502 ケロシンランタン 金球杯 本体 メッキ    

中華製のケロシンランタン

見た目は中々♪


しかし初点灯を試みるも、

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 炎上   

大炎上・・・

そのお話になります (⇒ここまでの記事はこちら




まずはこのランタンの着火方法の説明


ケロシンランタンは「プレヒート(余熱)」という作業が必要

灯油は沸点が高いので、まずガス化しなければならない


その方法ですが、このランタンは2つの方法が取れます

まずこの余熱カップを使ってやる方法↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 余熱カップ   

金色のお皿に燃料アルコールを入れて、ライターで着火

この熱でプレヒートします

そして頃合いを見計らってポンピングすると点灯


そしてもう一つの方法

しかしこのペトロマックス形の「金球杯」、

こんな装置が付いている↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 バーナー スイッチ    

余熱バーナー

圧力をかけてこのバルブを解放、そして着火

するとここから勢いよく炎が出て余熱してくれるらしい




じゃやってみましょう!


まずは灯油注入

そしてマントルを装着

201502 ケロシンランタン 金球杯 給油 マントル  

マントルの空焚きはバーナーで出来るらしいので省略


その後シュコシュコとポンピング

サイドの圧力バルブ計の数字、「2」の所まで加圧

201502 ケロシンランタン 金球杯 圧力計 2   

ポンピング回数は大体50~60回といったところ


さていよいよバーナーのスイッチを入れます

これで炎が上がるはず!


スイッチオン!


あれ、火が付かないな?

ああそうか、ライターで着火しないとダメなんだっけ


しかしそうしている間に、バーナーから灯油は噴出している

なのでみるみるうちに、ホヤの内側が灯油だらけ↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 バーナー点火 失敗   

そしてやっとライターにて着火!


しかし時すでに遅し・・・

こんな感じで↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 炎上   

大炎上・・・

・・・

・・・

中々に楽しいぞ、ケロシンランタン!




炎が沈下したのを見計らって、再びチャレンジします!


またまたポンピング

そしてバルブのスイッチオン&すかさず着火!


おおっ!

201502 ケロシンランタン 金球杯 バーナー点火   

轟音と共にバーナーから凄い炎が出てる!

いや、マジで凄い!!!

本当にこの状態でいいの?と疑うほどの轟音&炎


しかし説明書によると、この状態を1分ほどキープ


そして炎が弱くなった所で、再びポンピング

すると・・・

201502 ケロシンランタン 金球杯 マントル点火2   

マントルが光った!

着火成功~~~~!!!


しかしこの光、マジで明るい・・・

っていうか眩しい・・・

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 明るさ  

ランタンじゃなくて、光り輝く物体になってる(笑)

500CPは伊達じゃないですね~




という訳で、とりあえず無事に?点灯した中華製ランタン

201502 ケロシンランタン 金球杯 同梱物    

「ゴールデングローブ(金球杯)」

お値段の割には遊べそうなランタン


しかしそのサイズが微妙

201502 ケロシンランタン 金球杯 コールマン ss-6 比較   

灯油ストーブのSS-6 、そしてコールマンの286Aと比較

結構大きいんですよ・・・


なのでキャンプに持って行くかどうか悩むサイズ

とりあえずはケロシン初心者、私の玩具になって頂きます


で、慣れたら↓

201502 ケロシンランタン ペトロマックス イメージ  

本家ペトロマックス購入か!

冗談です・・・


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ



何かと手間のかかるケロシンランタン

  

でもそれが楽しいんでしょうね~♪

関連記事

中華製ランタン スマートに点火♪ 【キャンプ】

先日大炎上させつつも、

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 炎上    

何とか無事点火に成功した中華製ケロシンランタン

その後も何度か試してやっと慣れてきました♪


しかしこの余熱バーナーを使うたびに↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 バーナー点火 

ランタンの中が煤だらけ・・・

さらにバーナーの勢いのせいか、かなりの頻度でマントルが破れる・・・


一応予備のマントルは沢山買いましたが↓

201503 ケロシン ランタン 中華製 マントル  

一点灯に付き、一マントル

これではコスパが悪すぎる・・・

     (⇒中華製ケロシンランタン点火の記事はこちら




なのでもっとスマートな余熱方法にチャレンジ

燃料用のアルコールで余熱&点火します


ホームセンターにて燃料用アルコール、

201503 ケロシン ランタン 中華製 燃料用アルコール  

そして注入するための容器を購入

この容器の形、、蓋を外さなくても余熱皿にアルコールが入ります


ではさっそくアルコールを入れて着火マンで点火

201503 ケロシン ランタン 中華製 余熱中  

完全燃焼の証しの青い炎・・・

これならランタンの内側が煤だらけにならない


そして予熱する事2~3分

余熱皿にアルコールが無くなる前を見計らってポンピング

すると、

201503 ケロシン ランタン 中華製 余熱 点灯 

おおっ、マントルが光った

その後さらにポンピングすると綺麗に点灯


このアルコールでやる方法はスマートですね~

静かにマントルが光り出すのが素敵♪

201503 ケロシン ランタン 中華製 燃料用アルコール 点灯  

それにマントルが破ける心配が無いのが良い(笑)




その後圧を掛けて放置

5時間ほど点灯してました

201503 ケロシン ランタン 中華製 点灯 5時間  

灯油はタンクに半分程からのスタート

なので、実際は8時間くらいは持ちそう


しかしお安く購入した中華製ケロシンランタン

201502 ケロシンランタン 金球杯 同梱物     

遊べます!


きっとキャンプ場でも活躍してくれるはず

ただ大きすぎて、キャンプツーリングに持っていけないのが残念・・・


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 

収納ケースが欲しい、でも本体より高い(笑)
  
自分で作るか・・・?

関連記事

中華製お安いランタンだってケースは欲しい! 【キャンプ】

今年購入した中華製ケロシンランタン

201502 ケロシンランタン 金球杯 箱   

金球杯ゴールデングローブ)」

ペトロマックスのコピー商品になります(笑)


このランタン、色々手間はかかるものの逆にそれが楽しい♪

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 炎上 

お約束の炎上も経験しました(笑)

でもコツさえ分かれば、扱いもそれほど難しくない

     (⇒このランタン炎上の記事はこちら




ちなみに最近は余熱バーナーは使わなくなってます

付属の余熱カップを使って、

201502 ケロシンランタン 金球杯 余熱カップ       

ゆっくりとアルコールで予熱した方が楽しい

それにこちらの方が、ランタンの調子がいいかも


そして点灯後はこの明るさ↓

201502 ケロシンランタン 金球杯 点火 明るさ  

直視できないくらい眩しい

キャンプ等で周りに人がいる時は注意しないといけませんね~ 




しかしこのランタン、ケースが無いので家での保管に不便

ケースは本家ペトロマックスから出ています↓

201504 ケロシンランタン ペトロマックス ケース

この木製のモノは1諭吉、布製でも5000円ほどします・・・

もちろんケースのみ、お高い・・・


ならば、自分で作っちゃえ!

ネットを見ると自作している方もけっこういますからね~


そして雨の日、

201504 ケロシンランタン 中華製 ケース 1  

一気に完成!

すいません、珍しく写真を撮るのを忘れてました

しかし久々にやる木工、細かいところが面倒・・・


開けるとこんな感じ↓

201504 ケロシンランタン 中華製 ケース 2  

近くでは見ないで!レベルの作り(笑)

でも家での収納だけのモノなので、私的にはOK

ちなみに材料はファルカタ材


これで出しっぱなしだったランタンもやっと片付く


ところで「片づけ」といえば、これもボチボチやらないと↓

201504  灯油ストーブ 7台 メンテ  

冬に買い込んだストーブ・・・


これも灯油を抜いて、空焚きできるモノはして収納します

結構面倒だけど、楽しい作業ですよ~♪


↓ポチッとひと押し感謝です!!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ 





なんでこんなに高いのか?
 
ペトロマックスだから?(笑)

関連記事